1年生は山を登り中。。

 

新入社員1年生のきよさん。

軸組み模型と格闘中。

 

 

その傍では猫も参戦中。。

いえ、完全に邪魔してます笑

きよさんの作業が気になる茶美さん(猫)です。

 

1年生で軸組み模型はちと早いかと思いつつ、でも勉強がてら軸組み図を書かせて模型をつくらせてみることにしました。

そうする事で立体的に具体的に木組みの造りが理解できやすいのではと。

私が1年生のときは、構造材の名前や造りすらよく分からなかったなあ〜。

桁や柱や土台が、どんな風に引っ付きあっているのかも・・。

でもこうやって一山超えると、いろいろと理解できて見る景色が変わってきます。

軸組み図の間違いにも自分から気がついたようだから手

 

 

 

ゆっくりじっくりと良い風が流れて。。

 

『土間と風の家』も荒壁の最終工程の貫伏せにはいりました。

家の名前のごとく、よく風の通る家で、荒壁塗りのスタートが遅れたものの土壁があっと言う間に乾燥し、予定より早く荒壁工事を完了することが出来ました手

 

 

一般的な家づくりとはまったく時間の流れ方がちがう昔ながらの家づくりの現場。

じっくりゆっくり進む家づくりだけど、ひとつひとつ目に見えないところで職人さんたちが手をかけてくれています。

貫に塗りつけられた土壁が割れないように貫伏せも、建材ものではない棕櫚を使ってくださっています。棕櫚ひとつだって、作業が出来ない雨の日に左官さんたちが1枚1枚棕櫚を手作業で広げる作業をしてくださっているという手のかかった材料。古臭そうな材料だけど、やっぱりこれが1番長持ちして丈夫でいいと野の草の家づくりには使ってくれています。本当にありがたいことハート

 

 

建主Tさんも現場に差し入れをもって荒壁最後の作業の応援です手

休憩時間は職人さんたちが伝統技術的なことや仕事のことを色々とお話してくれます。

そんな声に耳を傾けながら。。

『土間と風の家』は、ゆったりとほのぼのとした空気が心地よい風とともに流れてましたハート

さてそろそろ大工さんが現場に帰ってきますよアンパンマン

今治タオル

 

休日のきのうは雨降り雨

以前からタオルを買い換えようと、今治タオルフェアの開催を心待ちにしていたのだけど、雨・・。こんな雨の日にタオルを買いに行く人もそうはいないだろうに・・と思いつつタオルフェアに車

 

すごですね〜今治タオルって、雨にも負けずなんのその!

雨のなか予想に反する大勢の人手でした手

雨に濡れつつ、お気に入りのタオル探しをしましたが、フェアではB級品や在庫処分などでタオルがとっても手ごろな値段なのです。。

もちろん今治タオルと言えば、今や人気のタオルブランドのひとつ。

そんな今治タオルが年2回のタオルフェアでは、すごくお得な値段で買えるんですハート

ブランドタグ付きのものもたくさんあります。

わあ〜今治に住んでいて良かったアンパンマン

 

 

我が家も買い替え時期なので、たくさんタオルを購入しましたよ。

今治人の家にはご贈答やら買いだめしたタオルが、どのお宅もダンボール1杯分ぐらいはあるらしいけど、それにしてもフェアでの人手に、今治人はタオル好きなのかもとビックリしました。

でも質の良い安価なタオルに出会えて、その気持ちがよく分かりましたハート

みなさまも、ぜひ今治タオルを。

 

 

祝・『心地よい家』地鎮祭

 

IMG_8819.jpg

 

『心地よい家』の木材天然乾燥もそろそろ完了という事で昨日地鎮祭を執り行いました。

建主Sさん、ずっと以前からこのゴールデンウィークの今日この日を地鎮祭の日として狙っていたそうで笑、お天気もよく最高の地鎮祭となりました。

 

IMG_8853.jpg

 

IMG_8859.jpg

 

地鎮祭は土地の神様やこの地に生きる生き物たちに、ここに家を建てさせていただくお許しをいただく儀式です。

日本の神事は、自分が生かされ今こうやって自分があるのも目に見えるものから目に見えないものの支えがあってこそという感謝とそれに対する礼を尽くすという儀式でもあります。神道でもある私も、この地鎮祭をまえにするといつも背筋がピンとして、自分自身が清められるような思いがします。日本古来からのスピリットに心惹かれる自分をいつも感じますハート

子供たちにそんな事をちょっとでもお伝えしたく、これから始まる神事の意味をお話をして「神様がこれからお空から降りてくるからね。ちゃんとお願いしてね。」っと話ました。

そのせいか子供たちも神事の最後までジッと静かに。

きっと子供たちなりに目に見えない神様を感じてくれたのかなハート

 

IMG_8824.jpg

 

家を100年以上もたせていこうという昔ながらの家づくりもまさに日本古来からのスピリットが宿っていて、100年生きた木の命に感謝し、命を無駄にせず大切にしようという心があります。

木や土や草や石など自然界の万物からつくられる家だからこそ、そういったあらゆる支えがあってこそ存在する自分を感じることが出来るんです。衣食住にその心が宿っています。

やはりずっと残していかなければいけない家づくりがここにありますハート

↑写真は1000年の釘をうつ今は亡き白鷹幸伯氏の釘。

この釘を使うようにとご両親から譲って頂いたようで、釘の寿命がつきるまで家をもたせなくてはという意気込みにさせられますね手

 

IMG_8889.jpg

 

地鎮祭終了後には奥様手作りのお弁当を皆でいただきました。

お品書きには感謝の言葉があって、嬉しくジンとしましたアンパンマン

家づくりは山あり谷ありと色んな出来事があります。

でもひとつひとつ絆を深めながら前に進んでいければ嬉しいなと思います。

それがこの人生のなかの家づくりという場で与えられたご縁だから。

そして夜は大工さんの村上工務店さんがBBQを開いて、大工さんとの顔合わせをしてくれました。さていよいよこれから『心地よい家』も始動開始といった感じです。

っと言っても、ゆっくりじっくり手をかけて進んでいきます手

 

IMG_8905.jpg

 

IMG_8902.jpg

 

 

旬ですね〜

 

今年は竹の子の当たり年のようで、野の草も竹の子掘りに行ってきました。

竹の子は貰うのも嬉しいけど、自分たちで掘るのも楽しいもんですハート

例年は猪のほうが竹の子掘りは優勢なのですが、今年は採りつくせないほどの竹の子の勢い!

私たちもウホウホと猪のごとく笑

 

 

4月から野の草に加わりました、新入社員のきよさんも竹の子掘りは初めて手

みんなで掘った竹の子は庭先で茹でて、その夜は竹の子入り春巻きパーティをしました。

竹の子掘りとほのぼのした空気に、つくづく幸せだなあ〜っと感じる今日この頃です。

やっぱり女子は、食べ物のことをいらっているときが一番幸せなのかもしれませんハート

そんな野の草の穏やかな一日でした。

 

わいわいと結いたのしく!

 

『土間と風の家』の結いワークショップを、建て主さん友人と野の草の参加者たちで昨日おこないました。

結いとは、その昔、共同体として協力し支えあって助けあっていた時の助け合い作業のことで、昔は家づくりもお互いに力を貸し合って造られていました。こういった機会を少しずつとり戻していこうという野の草的取り組みのひとつ。

雨予報だったお天気も味方をしてくれて、心地のいい結い日和となりましたハート

 

 

↑土壁づくりを自分たちで体験

結い作業の前に、土壁ってどんなつくり?かを知ってもらうために実際に竹小舞いから掻いてもらいました。。土壁の中身ってどんな造りかを知らない人も多かったようで、竹小舞体験にワクワクドキドキの様子ハート

↓そして荒壁塗り。昔ながらの左官しごとにみんな興味深々でした。

 

 

 

 

土ってどうしてこんなに楽しいの〜、土しごとは皆をワクワクさせる不思議な力があります手

そして結い作業。床の冷気をさえぎるための断熱土入れ。これは野の草の特殊仕様。。

 

 

 

重い土運びに女子たちも凄い馬力を見せてくれました。土しごとの女子力高し!笑

 

そして友人宅の建築のお手伝いができるなんて、とっても楽しい〜

と建て主さんの友人たちのうれしそうな声!

そうよね。建築ってお任せでなく、やっぱり皆で関わりあいながら造りあげていくのが本来の姿であると感じます。そこに、失われつつある関わりあう楽しさを思い出させてくれましたハート

やっぱり結をとり戻そう!

 

 

 

家守屋の大工さんも伝統構法を発信していく機会として結いに参加してくれました手

こういった職人さんたちの生の声には、強い響きがあります。

お昼はお待ちかね、建て主さんによる心ばかりのお振る舞い。

間違えて100人分のカレーを用意したようで笑

『土間と風の家』の建て主さんにはいつもお腹を抱えて笑わされますアンパンマン

食べ放題でお腹もいっぱいにアンパンマン

 

 

 

 

みんなの楽しんで作業している様子に、

『土間と風の家』での家づくりの思い出がここでもひとつ刻まれていっている様に感じました。

また次回、『土間と風の家』での第二段・結いワークショップ、5月ゴールデンウィーク明け予定です。

お楽しみにハート

 

 

 

「結いワークショップ IN 土間と風の家」のご案内



『土間と風の家』にて、結(ゆい)による床に土を塗るワークショップをおこないます。
『土間と風の家』は先ほど国土交通省より、伝統的な住文化を継承しつつ、省エネなど環境負荷の低減を図る
サステナブル住宅の先導的モデルとして採択された家です。

近年さまざまな住宅メーカーから、高断熱、高機能住宅などが発売されていますが、伝統的な住宅は日本の蒸し
暑い気候に適した住宅であり、かつ持続循環型の家づくりです。山を元気にしていったり、伝統的な地場の職人
を活かしたり、美しい景観づくりにも寄与し、また大地の土にかえっていく事のできる素材での建築は、長い目
で見ても子供たちへ負の遺産を残さない環境にやさしいサステナブルな住宅であると、国のほうも少しずつこう
いった伝統的構法の家づくりを認め始めました。

ぜひこの機会に伝統的な家づくりを体感していただき、少しでも多くの方に昔ながらの住まいの良さを知って頂
ければ幸いです。
当日はワークショップ以外に、土壁がどんな風に作られていくのか竹小舞を掻いたり、荒壁を塗ったりと、土壁
作業をほんの少し体験して頂きたいと思っています。

『土間と風の家』の竹小舞の様子↓↓野の草ブログ
http://aastudio.jugem.jp/?eid=348

◇◇土のワークショップの作業内容は・・
泥土(壁につかった荒壁の泥土)を1階床の断熱土として、床下にいれる作業となります。土は蓄熱効果もあり、
室内の熱を逃がさず蓄える役割をはたし、土にかえり自然にも優しい断熱材となります。
土は想像以上に重たくてたいへんです。でもこの土が住まいを心地よくしてくれます。

当日は、建て主さんがお昼を準備してお待ちくださっています。。
ぜひお手伝いにきてください〜。。
待ってます〜♪

【日時・スケジュール】  4月15日 日曜日 雨天決行
   9:30 <集合>『土間と風の家』(松山市石手)
  10:30〜15:00 土のワークショップ
      
【参加費】無料
【その他】お子さま同伴も問題ありません。
     一緒に土しごとを楽しんでください。

【締め切り】4月12日まで
      お昼の準備等がありますので早目に連絡を頂けると助かります!
      申し込み後、詳しい地図と案内をメールでお送り致します。
      
□□ 申し込み>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>お早めに。。
  □参加者名                    
  □参加者名
  □参加者名
  ※代表者連絡先(住所と携帯番号) 
  ※メールアドレス
  ※その他(何かあれば) 

◇◇『結い』・・とは、
その昔、共同体として協力し支えあっていた時の助け合いの事。
昔は家づくりもお互いに手を貸しあって造られていました。
そういった事も少しずつ取り戻していきたいと考えています。



*** 野の草  設計室 ***
http://nonokusa.life.coocan.jp

野の草のブログ
http://aastudio.jugem.jp/

□-----794-0121 愛媛県今治市玉川町鈍川丁298-1
□-----TEL/FAX 0898-55-3021
□-----E-MAIL asuka-archi@nifty.com 

合間に。。

 

我が家のリフォーム、その合間に、設計士&大工で槍鉋で削ろう会を楽しみました手

大工さんの槍鉋・せいのすけ作と、MY槍鉋・白鷹作にて。

材は、木村邸より引き上げてきた撤去材にて、我が家の台所カウンターとして第二の人生を果たしていただきますアンパンマン

ただ何の樹種かちょっと分かりませんアンパンマン

 

 

野の草の新しいスタッフ(きよさん)も槍鉋に初挑戦です手

 

 

 

綺麗にシュルシュルっと削れるとたまらなく癖になって面白いです。

時間をかけて綺麗に仕上がっていたのに、逆目があって一気に台無しになると、それを直すのにさらに逆目のドつぼにハマッテいって心折れそうにもなります笑

そんな風に、木と対話するのが削りの面白いところですね〜アンパンマン

 

 

 

で、写真を撮って、後で見直したら

この人のポーズって、かなり変でした笑

なんでそんなに傾いてるのっ!

削り方も人それぞれで面白いですね〜

思い出にのこる我が家のリフォームでのひとコマになりましたハート

 

↑夕方おそくまで・・削りが気になる面々たち

 

さて、次は・・『土間と風の家』にて建て主さんを巻き込んで削ろう会を企み中ですわらう

これは家づくりの定番にしなきゃねっ手

今治の活版印刷。。

 

4月から新たにスタッフが入ることになり、名刺も新しくすることにしました。

活版印刷でお願いしたく探していたら、ちょうど独立したばかりの若い活版印刷屋さんを地元今治に発見手

大きな機械式の活版印刷ではなく、手動式の印刷機で1枚1枚手作業でやっている様子に、野の草らしさを感じ、野の草の名刺をお願いをすることになりましたハート

 

 

今の時代の効率や手間や作業性とかを考えると名刺を1枚1枚手作業で・・って、ちょっとびっくりするところですが、なんだか私たちがやっている家づくりと通ずるような感じ。komorebiの田中さんも手作業ならではの温もりのあるものに魅力を感じるそうで、必然的なご縁だったのかもしれません。

写真はまさに1枚1枚作業していっている様子といった光景。

どことなくラブリーでしょハート

 

名刺に使用した紙は、牛乳パックをリサイクルした手漉き紙です。

三陸の福祉施設の方達によってこれまた1枚1枚手漉きしていった紙にやっぱり同じ愛おしさを感じ、選びました。

「 NOZOMI PAPER ® 」

http://www.nozomipaperfactory.com/

 

 

シンプルな名刺のデザインは野の草によるものですが、手漉き紙と活版印刷の風合いが奥深い愛着を感じさせて、離したくない一品に仕上がりましたハート

1枚1枚顔つきが違うのがまた愛おしさを感じさせます。

120%満足で、komorebiの田中さん、ありがとうハート

今からお嫁に出すのが寂しいぐらい笑

手に取って捨てられることもあるだろう名刺だけど、でも手に取ってくれる方に何か手づくりの温かさみたいなものが伝わると良いなと思っています。

 

今治の活版印刷屋 Komorebi

http://komorebi-kp.com/

 

 

家づくりの一瞬。。

 

『土間と風の家』は竹小舞の作業中。

家づくりの一瞬でもある、この美しい光景に

しばしウットリする瞬間です。

 

 

建て主Tさんがこの竹小舞中の現場を訪れた際、

一緒にきた2才のお子さんが『わぁ〜きれい〜!』と現場に入ったとたん声に出して言ったそうな。

まだ数多くない言葉から、この竹小舞の様子をみて

まだ小さな子供からそんな言葉が自然と出てきたことに、

この家づくりをやっていて誇りに思えました。

小さくともその五感全身でしっかりと感じてくれていること手

 

 

木と土と自然の素材から生み出されていく住まいは、心を育んでくれる住まい。

性能重視や機能重視だけで住まいを建てては欲しくはない。

それは人が生き物として住まう家だからこそ。

もっともっと伝えていきたいものですハート