三津にて。。

 

三津にて作戦会議中。。

いやいや、ご飯食べてるでしょっアンパンマン

 

 

三津旧鈴木邸の家主さん、いつもご飯が美味しいのよね。

サクサクっと手際のよい、台所での立ち姿。

小さで最小限のお台所だけど、「十分使い勝手がよいお台所よ!」っと。

できる人は、あーだこーだ言わないねっアンパンマン

 

ここ旧鈴木邸の再生工事も野の草でさせていただきました。

そしてときおり、この三津旧鈴木邸では面白いことやってるんです。

 

 

この夜は近々おこなわれるイベント準備中でした。

一品一品ことなる手づくりのお洋服。

古布を利用したりして、つい素敵すぎて、一番のりっしてしまいましたハート

気になるあなたは let’s go〜ですよ手

 

4・29(土)、30(日)11:00〜18:00 三津・旧鈴木邸にて

 

 

 

農業倉庫?

 

立派なお店ですわ~!

いえいえ、農業用倉庫がついに完成したのです手

つくづく、農業倉庫にしておくには惜しいぐらいの倉庫になりましたね。。

倉庫で使わなくとも、店舗でも十分に使えそうな店?構え笑

 

えっえ 

しばらくは・・お子さんのための卓球練習場に利用するそうですよ。

それもいいですねえ~笑

 

 

うずうずと・・

 

さて、うずうずとしている木材たち。

そう、乾燥を1年経て良い状態に乾燥した木材たち。

大石棟梁の刻屋も1/3が『土間と風の家』の木材たちで締められていて窮屈そう汗

そろそろ動き出しますよ。

 

♪♪ 野の草の暮らしの仕事『味噌づくり』のご案内 ♪♪

 

野の草たちが冬の眠りから覚め美しく躍動しはじめた季節となりました。

皆さまお元気でいらっしゃいますか。
恒例の野の草、鈍川2回めの味噌づくりのご案内ですアンパンマン
         
* * * * * * * * *
『味噌づくりのいきさつ』

味噌づくりは、小さな菌たちの営みの世界を知る、とても良い機会であります。
そんな生き物たちがあってこその私たちの暮らしであり、自然なくしては生きてはいけないという事を肌で感じることが出来る良い機会だと感じます。
味噌づくりを通して、私たち自身、学ぶことがたくさんありました。食生活についてもずいぶんと変わってきました。
本当に安心して美味しく食べられるものを口にし、今では玄米菜食を基本としています。
現在の食の現状には多くの疑問を感じるところですが、その不安な食の現状は、私たち消費者自身がかわっていかなければ何も変わっていかないという事を感じています。
毎日、食卓にのぼる『味噌』は保存食でもあり、発酵食品でもあり、わたしたちの健康をささえる大切なものだった・・ハズ。そんな味噌さえも今や発酵促進剤が使われ数週間で出来上がり、冷蔵庫でしか保存に耐えない味噌”もどき”ができ、それを頂いている現状は、やっぱりおかしい。。
本物のお味噌は、身体にも滋養があり身体の奥深くまで染み込む美味しさです。

味噌づくりは思った以上に簡単です。
しかもワクワク待ち遠しい♪
味噌の詰まった味噌かめは愛おしい存在になります。
だからありがたく、味噌が食卓にのぼる時は、とって〜も幸せな気分になります。
みんなでそんな幸せ感を今回、共有できればと思います♪♪

当日は、味噌づくり以外に、作業のための準備、食事の準備、片づけなど、たくさんの作業が山ほどあり私だけでは当然手に負えません。共同で味噌づくりということを前提としていますので”お客様”ではなく全てにおいてたくさんお手伝いしていただき、自分たちの味噌づくりを実感して楽しんでいただきたいと思います。。
助け愛で楽しく味噌作りをしましょう。。

参加していただく方には、それぞれ麹を持ち帰って育ててもらいます。だからその麹の出来具合でお味噌の味は毎回異なります。
麹ちゃんには出来の悪い子もいれば、出来の良い子もいますが、みんな合わさり合って、とても奥深い美味しいお味噌になるのが野の草の味噌づくりです。
今年はどんなお味噌になるのか、これが楽しいのです。。

基本2日間での味噌づくり作業です。
「2日間両日とも参加できる方」「麹仕込みだけを習いたい方(1日目参加のみ)」ご参加申し込みをお待ちしております。 
「麹仕込み」だけ参加の方は、味噌ではなく麹を持って帰って頂きます。
by.づめさん徳さん

 

**** 日程 ****
【場所】づめさん徳さん邸:今治市玉川町鈍川丁298-1
    
【味噌づくり・麹仕込み】ゴールデンウィーク4月29日(土)祝日 <雨天は順延>
  ○集合時間:10時 
  ○作業内容:玄米を蒸す→もろぶたの準備→玄米に麹菌をつけ→もろぶたに仕込む

        おおよそ18時頃までの作業
  ○昼食:一品持ち寄り(何品でも♪)、おやつ大歓迎!
      多人数が参加しますので一人一人に行き渡る量でお願いします。
  ◎麹を育てるために皆様にもろ蓋に仕込んだ麹をそれぞれにお持ち帰り頂きます。
  ◎準備品:もろ蓋をお持ちの方はご持参ください

  

【味噌づくり・味噌仕込み】ゴールデンウィーク5月3日<雨天の場合は4日>
  ○集合時間:9時ごろ
  ○作業内容:大豆を煮る→麹の塩切→大豆を砕く→大豆と麹をまぜる→瓶に仕込む  

        おおよそ18時頃までの作業
  ○昼食:一品持ち寄り(何品でも♪)、おやつ大歓迎!
  ◎味噌を仕込むための瓶をご用意ください

 

□□せっかく手作りするんだから本当に安心していただける素材を 確保しました。
  大豆:無農薬栽培の大豆(予定)
  玄米:無農薬栽培の玄米(予定)
  天日塩:カンホアの塩 http://www.shio-ya.com/
  水:石鎚山系寒風山の山水

 

□□味噌代は材料費と消耗品にかかった実費とプラス一家族750円とさせて頂きます

  (750円は味噌づくりで使う道具修繕費積立に使わせて頂いてます)
  例年味噌代金はキロ600円前後ぐらいです。
  市販で買うより断然安くて、安心できる美味しい味噌ができます。
  積極的に参加していただき、みなさんで助け愛ながら味噌づくりを楽しみましょう♪♪

 

□□申し込みは、参加者名・子供人数をお知らせください。
  段取り材料準備の都合上、18日までにお申し込み頂ければ助かりますが、
  申し込み者多数の場合は、味噌仕込みに時間が掛かりすぎるため人数制限をさせて
  頂きお断りをさせて頂くかもしれません。先着順となります。

 

□□前日からお手伝い頂ける方がいましたら、大歓迎です〜!
  味噌づくり前日は米研ぎから道具の支度など、実はとっても大忙しなのです。
  お手伝い頂けましたら♪

 

   

*** 野の草  設計室 ***
http://nonokusa.life.coocan.jp

野の草のブログ
http://aastudio.jugem.jp/

□-----794-0121 愛媛県今治市玉川町鈍川丁298-1
□-----TEL/FAX 0898-55-3021
□-----E-MAIL asuka-archi@nifty.com 

ひとつひとつ吟味中。。

 

さて『往き、還る家』のその後です。。

荒壁も終わって、大工工事に入った現場。

タイルやレンガやキッチンの仕様や照明器具、金物類、そしてワンポイントになる木材選びなど、今はひとつひとつ家のイメージに合わせて最終コーディネイト中です。

 

 

建主さんはこだわり派。

自分たちの理想の住まいをイメージして、

「こんな風にしたいなあ」という完成図が頭のなかにあります。

どの建主さんも、好みはそれぞれ、そして「こんな風に」というイメージもそれぞれです。

わたし設計者は、それに寄り添ってイメージに合う商品をさがしたりアドバイスをしたりという感じです。

 

 

でもなかなか想像のイメージとピッタリと合うアイテムは、案外なくて苦戦します。

建主さんが悩まれているので、大工さんも木材を現場まで持ち込んでくれたりして、イメージ合わせ。

 

スイッチやコンセントのプレートも「イメージに合わせて」市販のステンレスのスイッチプレートを焼き付けてもらおうかとなりましたが、ステンレス板が薄いため高温では焼付ができず、思っていた色味とちょっと異なります・・。

こちら職人さんも、それに変わる代替え案を色々とサンプルでつくってくれました。

皆の協力で、建主さんのイメージに寄り添いつつ、実現できるか、建主さん設計者、職人というチームとなって手探り中です。。

 

 

さて、こうやってひとつひとつ吟味しながら出来上がっていく『往き、還る家』。

まさにイメージする我が家は、世界にひとつしかないという事になりますねハート

建主さんのご苦労、これから目に見える形でひとつひとつ出来上がっていきます~手

お楽しみに♪

 

時には真面目になって。。

 

化学物質と暮らしの事を知ってもらいたくお話会を我が家で開催しました。

ちょっと真面目なお話・・、楽しいイベントとは違って、さて、どれだけの方に関心をもって頂けるか・・アンパンマン

 

ちょっと心配な私でしたが、嬉しい事に、わざわざ足を運んでくださる方々がいまして、無事お話会を開催することができました。

化学物質過敏症、日野さんの生の声をぜひに聞いて欲しくて。

 

 

日野さんには体調不良を覚悟のうえでお越し頂き、

いま何ら安全性の検証なく開発され増え続ける化学物質について、その便利さの裏側にある危険性について語っていただきました。

百聞は一見に如かずという参加者さんも多かったようで、日野さんのお話を聞いて、日々の暮らしを見直すきっかけを頂けたようです。

 

野の草としても日頃、安全・安心な家づくりを可能な限りで目指しておりますが、

やっぱり家を建てたあとの”暮らし方”が、実はとっても大切だと感じています。

住まいを安心なものにしていくには、やっぱりそこにある暮らし無くして語れません。

建て主さんたちにも参加くださり、知っていただく機会ができたのは、何より嬉しい事でした。

 

 

参加者さんには遅くまで、野の草が支援している重度の過敏症者のことについて、真剣に一緒に支援方法を考えてくださり、たくさん温かい援助のお言葉をいただきましたハート

やっぱり励まされた私達です。

また今後このように、楽しいだけでない、真面目に勉強する機会もつくっていきたいと考えています手

 

野の草手づくりの、春の草のおやつでした〜。

春の陽射しのもと、大切なこと。。

 

春の陽気に誘われて、空の下に二人でお出かけ。

週末におこなわれる上映会のときの食材さがしも兼ね、春の野草たちをたくさん摘みました。

土筆に、よもぎに、カラスのエンドウに、ビワの新芽。

フキノトウが無かったぐすん

 

 

不思議、春の陽射しのもとにいると、冬のあいだに溜まった鬱々とした気分も晴れやかになりますハート

とってもとっても気持ちがいいです〜。。

草を摘んでいて、自分を感じます。

家のなかにいた時と比べて、とても深い呼吸で息をしている自分がいることを。

 

あ〜、やっぱり身体が求めているんです。

この頃、忙しく、きっと呼吸も慌ただしかったハズだから。

意識するわけでなく、身体がちゃんと教えてくれます。

 

 

自然にふれる時間が私たちには何より大切です。

この深い呼吸、そして癒される心地よさ、幸せに満ちた陽射し。

この空気を取り入れて、日々の仕事をするという大切さ。

 

もっと若い頃の私達二人は、時間がたっぷりとあって、よくそんな時間をとっていました。

今は有り難いことに頼りにされる事が増え、なかなかそんな余裕がつくれない二人ですが・・。

でもやっぱりこの時間が大切。またこの時間をつくろうと思いますハート

そう気がつかせてくれた春の一日でした〜キラキラ

 

 

 

小さな家のカケラかな。

 

『五穀豊穣の家』の倉庫は小さいだけあって、あっという間に出来上がっていきつつあります。それにしても倉庫にしておくにはますます惜しくなってきますね笑

 

伝統構法ではないけど、ちゃんとした木組みのつくり。

こういった仕事は見ていて美しい。。

たかが倉庫だけど、しっかりと造っておけば、倉庫以上の使い方も長い目でみると出来そう。。

木材もそんなに良い等級でお願いしてなかったのに、倉庫にしては良すぎるぐらいの材ですハート

 

 

パッパッと造ったものは、サッサッと壊される傾向に。

やっぱりそれは自然と放つエネルギーとなっていくから。

長く愛されるために欠かせない大切なこと。

今の物づくりに失われているように感じるところ。

小さいけれど長く愛されるしっかりとした家づくりがいいなあ♪

 

実は、いまそんな『伝統構法の小さな家』を計画中です。。

職人さんたちの本物のしごとを携え、自然の素材だけでつくられる心地の良い小さな家。

『CSはうす』から学んだ、

多くをのぞむのではなく小さく小さく暮らす。

小さいけど本当に大切な事を大事にした住まい。

その実現への一歩にむけて動きます手

 

そしてここ『五穀豊穣の家』の倉庫も、まるでそんな『小さな家』のカケラを感じます。

やっぱりこのスケール感がいいのよねえハート

 

 

 

 

小さな建前でデビュー!

昨日はとても小さな建前でした。。

『五穀豊穣の家』の傍ら、小さな小さな農業用倉庫を建築中なのです。

それなのに随分大勢の大工さんたちが助っ人に?

「ん?何事??」

聞いてみると、棟梁の大石さん「今日はお祭りですから」と、何か意味ありげそう?

 

どうやら高校卒業したばかりの坊の初の建前デビューという事らしい手

坊は、まだ高校生なのに大工仕事が楽しくて仕方がないとの事。

卒業製作の作品は、建築学会四国支部で入賞を手

 

見て見て、このこだわりの木組み!高校生よんっ♪

この若さで伝統構法好き現るとは、これからがお楽しみやん!

きっと愛媛を背負う凄腕大工さんになるんじゃないかな〜ハート

地元の住宅産業に発破をかけて、伝統構法復権となれば!

『五穀豊穣の家』の父棟梁の仕事を見て、目覚めた坊。

嬉しいかぎりです。。

坊が活きる未来が明るくありますように、がんばってハート

 

 

 

 

『いのちの林檎』上映会&化学物質過敏症のお話会のご案内



寒い寒いと嘆いていた季節から春の心地よいお日和に心和やかになる今日この頃です。
命が芽生え輝く季節が訪れようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか。

私たちのほうは奈良の木に移住をして早3年目を迎えようとしています。
屋号もAA STUDIOから『 野の草 設計室 』と改名したところ、まだまだ十分にお知らせをする余裕もなく、
相変わらず昔ながらの家づくりに悪戦苦闘をしている私たちです。。
職人さんの現状はいつも厳しく、どうすれば昔ながらの家づくりを繋げ遺していけれるのかと思い悩みます。
それでも野の草(AA STUDIO)の活動は、その名のよう
に、少しでもその地に種を落とすことが出来ればと願うばかりです。
この頃思います。花を期待して種を蒔くのではなく、種の意思で花は咲くのでしょう。
どんな花が咲くのか野の草には分かりません。でも信じて、少しでも種を蒔くことが大切だと感じています。。

さて今回のご案内は我が家で開催、化学物質過敏症者のドキュメンタリー映画『いのちの林檎』の上映会をいたします♪
年々増え続ける便利な化学物質に、私たちは食も衣も住まいも浸りきったかのような暮らしをしているのが今の現状です。
しかしこの便利さがゆえに増え続ける化学物質の裏側では、極めて深刻な体調不良や健康被害を起こし、
普通の暮らしが出来ない方々が大勢いることも知っておかなければいけません。
これはなんら特別な病気でもなく、誰しもがある日、突然に日々何気に使われている化学物質によって、
普通の営みが出来なくなったといった極めて深刻な環境病です。
木と土での自然素材で家を建てても、生活が乱れていれば安心な暮らしにはなりません。
ぜひ野の草としても知って頂きたいお話なのです。。

上映会終了後には、勤め先の防虫処理によって化学物質過敏症を発症してしまった日野みなさんに、
実体験としてのお話を伺いたいと思います。日野さんは少しずつ回復されているものの、
今も中度の化学物質過敏症でいらっしゃいます。
小さなお子さんやアレルギーをお持ちの方、また化学物質に対してあまり意識せずに生活をされてこられた方
なども、ぜひこの機会にいつも身の廻りで使っている化学物質について知りましょう。
暖かくなってきた春の一日、我が家でお茶でもしてお話をしましょう〜♪
ご来訪をお待ちしております。。

---------------------------------------------------------------------------

【日時】 3月26日(日)参加費:無料
  《上映会》-------------------------------------------------------------
     ◎13:00集合
     上映会13:15〜15:15まで
     『いのちの林檎』http://www.inochinoringo.com/

  《お話会 ゲスト:日野みなさん(愛媛CS患者会代表)》-------------------
    ◎15:30〜 1時間ほどの予定
     ☆野の草から:春草のおやつとオーガニック珈琲又は豆乳チャイ
      おやつ持ち寄り歓迎〜ヾ(*´∀`*)ノ
        
【※参加者さんへのお願い】
     日野みなさんは、お友達と普通にお話をするのにもそのお友達が身につけている
     微量の化学物質によって体調を壊してしまう化学物質過敏症という病気です。
     当日は日野さんが少しでも楽であるようにそれぞれに気をつけて来てください。
     「分からない〜」「無理かも・・」と尻込みしがちですが、これもちょっとした
     化学物質を知る宿題だと思って挑戦してみて下さい。
     日野さんは体調不良を覚悟のうえで皆さんに化学物質の危険性について知って
     欲しく足を運ばれますので、ご参加を♪
     例えば・・柔軟剤や香料の漂わない衣服で。お湯洗いだけの衣服だと、
          とっても楽!
          シャンプー・リンス、整髪料は控えて。タバコは駄目・・。
          化粧品は・・出来るだけ薄化粧にて
       
【場所】 *** 野の草 設計室 ***
     今治市玉川町鈍川298−1 地図です↓↓
     https://goo.gl/maps/YzdUPbUfs1n 

【連絡先】090-4781-6192(橋詰)
【その他】人数が多い場合は、日野さんの体調を考え人数制限となります。
     第2回開催を考えます。
     あと開催当日、ボランティアスタッフ大歓迎です〜!
      会場の設営準備などお手伝い頂けると助かります。

-------------------------------------------------------------------------
□□ 申し込み…締め切り3月22日
  (FAX/TEL:0898-55-3021  メール:asuka-archi@nifty.com )
  □参加者名 :                  
  □参加者名 :
  □連絡先  :
-------------------------------------------------------------------------