昔ながらで基礎をつくる!

 

昔ながらの基礎と言ってもその方法は千差万別です。

その土地の地盤の状況や基礎にかけられる金額的なものも考慮して総合的に判断していかなければいけません。

今回は45cm〜60cmも掘れば安定した支持層が得られるので、あとはその支持層と礎石までの人工的な層を如何にして頑丈にしていくか。浅い位置に支持層があるだけに比較的やりやすいほうでありました。

 

IMG_5865.jpg

↑建て主さんも栗石工事に参加

 

検討を重ねた結果、栗石の小端立てをおこないつつ、なおその栗石同士が固まり合って一つとなるように、目潰し砂利として生石灰を利用して版築土を詰めて突き固めることにしました。生石灰を利用して版築的に栗石ごと固まってくれれば、なおこれ以上の安心はないと考えたから手

使用する砂利や土の種類や石灰の配合や突き固め方など、ここに至るまで裏方で何度か施工を重ねてベストを探っていましたが、金銭的なことを抜きにこういった検証にお付き合い下さるお方が、野の草を支えてくださっているので良い物づくりに向き合えますハート

 

今時、栗石を小端立てにする現場など見ることがなくなってしまいました汗

敷き並べる時間と手間がとても掛かるから。(←これはやってみてかなり実感)

ベタ基礎が一般的になってから、栗石も使うことが少なくなってそのほとんどは砕石に変わってしまいました。もちろんその方がスピーディーに基礎が出来上がります。

 

IMG_5928.jpg

 

さて、栗石を縦に小端立てしつつ、玄翁で栗石が転ばないように地盤に突き固めていきます。こうする事で堅い地盤をさらに突き固めることになります。

栗石がこれ以上は埋まらないというぐらい突き固めて出来あがりとしました手

家の荷重や、衝撃がやってきても、容易に崩れたり沈んだりしないように。

精一杯で出来る事をしていきます。

 

IMG_5931.jpg

 

見ていて綺麗です。

真に価値のあるものは放つ美しさがあると感じます。

内側から発せられるエネルギーのようなもの。

きっと長くもちこたえてくれる基礎となってくれるはずハート

 

後で、柔らかい地盤の上で砂利を敷いて突き固めてみましたが、砂利を幾度追加しても砂利が沈下していくだけで突き固まった感がありませんでした汗

一方栗石の場合、小端立てにすることで沈下を抑制する効果があるように感じました。

こうやって一つ一つ体験しながらやっていくと先人たちが残した真の仕事の意味というものに気がついていくのです。

先人たちが残してくれた宝ものを拾い集めながらの昔ながらの作業ですハート

 

 

そして敷き並べた栗石の隙間に、改良版築土を目潰し材としてランマーで締め固めました。

締め固められた版築土はすでにカチカチですが、この後さらに石灰の化学的反応で硬化していく事になるので、さらなる安心材料となります。

こうやって固められた地盤。

ちょっと栗石が出っ張っていて叩き込んでも沈まない動かない、何度も叩いてやっと割れて砕けるしかない様子をみると、少々のことではビクともしない基礎ベースの出来上がりを感じさせます手

 

IMG_5964.jpg

 

 

まだ基礎ベースに過ぎませんが、やり尽くした感手

やれる精一杯をやり尽くし、これ以上に尽くす手はないといった感じ。

さて昔ながらの基礎づくりは次なる工程へ手

 

昔ながらで基礎をつくる!

 

『土間と風の家』がようやく着工しました手

ずっと石をハツッていた私たち、そして着手するにあたり材料吟味や施工方法の検討を幾度も重ねてきました。っと言うにも、今回は一般的な基礎ではなく、昔ながらのコンクリートを使わない基礎づくりをおこないます手

 

コンクリートの寿命は50、60年と言われています。

100年200年と、もたせていこうとする伝統構法の家にその耐用年数のスパンがフィットしないというのが大きな要因の一つと。

役目を終えたとき、産業廃棄物となるコンクリートは、木や土や竹や草や石など大地の土に還る自然素材で造る家には似つかわしくありません。

長い時間のなかで基礎が沈下しても石を据え直したりと復旧しやすいつくりなのが昔の家の良さでもあります。

現代のように「一時の完璧」を求めるのではなく、長い時間のなかで人が予測できないことがある事を謙虚に認め、その策として点検のしやすさや直しやすさが家を100年200年もたせていくもっとも合理的な方法として先人は捉えたのです。

ここに伝統構法の真価がありますキラキラ

 

大地の上、石の上に建つからこそ、家の傾きだって復旧がしやすいといえます。

コンクリートの基礎に建物を縛り付けてしまうと、基礎が沈んだ時には、そうはいかないところ。

そこは私たち自身が暮らす奈良の木の古民家に移ってきたときに、

自分たち自身で家をジャッキアップして素人工事で基礎石を据えなおした経験から強く実感したことでもありました。

 

 

今回はとても地盤がよく建築基準法のもとコンクリートなしで基礎をつくることが可能でしたので、わたしたちとしても始めての事となります。

まずはユンボで慎重に穴を掘り、後は手掘りで支持地盤を痛めないように地面を掘っていきます。長くこの仕事をやってきましたが手掘りで基礎を掘るなんて、はじめての事アンパンマン

 

機械だと分からないことが、こうやって手で掘っていくと、支持層である堅い層が出てくるのが手ごたえとして確認できます。ここで言うと160KN/平米という支持層やN値という数字が、自分の手をとおして手ごたえとして感じ取れるのです。

卓上での数字も、こうやって自分の体で体感することで「この硬さが○○KN/平米」なのだと、始めて実感として染みてきました。

こういう実感が何より大切ですね手

また私たち世代に欠けている事ではないかと感じました。

昔はこうやって実感として感覚としての学びがあって物づくりをしていたのだろうなと。

そこから生み出される物づくりは経験や肌で実感してこそ生み出されるものであったに違いない。

伝統構法が構造力学的に解明されつつあるといっても、まだまだ分からない事ばかり。

そう考えると先人たちが肌で自分の手を通して感じ伝えてきた物づくりというのは、現代の遥か上をいっているように感じます。

 

 

↑硬い層が出てきてスコップを持つ手に力が入ります。寒風が吹きぬけていくなかに汗だくだく汗

 でも数字だけで感じられない揺るぎない安心感があります。

 

穴を掘っていき、体感で支持層を確認して、少し緩いようなところは補いをして、さらに支持層をランマーで締め固めて次の工程に進めます。

こういうひとつひとつが長くもつ家をつくるんだろうなと肌で感じる私です。

 

どこまでも自分の肌で感じ身をもって関わっていかなければ前に進めない私汗

「この仕様で図面どおり施工しておいて!」っと記しておけば設計者としての役目的にはそれで済むのだけど・・

でも伝統構法の家はそうではない家づくりだと思っています。

どこまでも肌で感じて検証して上があるのならさらなる上を目指して改良していく、

そこに必要なのはやっぱり体感ですキラキラ

 

先人たちもそうしてきたように、

尽きることのない飽くなき検証が伝統構法の家づくりの心なのだと思います。

さてさてまだまだ続きます昔ながらの基礎づくりハート

古臭いと思われている工法に、今にはない良さを感じて。。

 

石、ハツってます。。

IMG_5726.jpg

 

『土間と風の家』の建前日時も決まり、今はその準備に向けて大忙しの野の草です汗

基礎に使う石灰を高知に買いに行ったり、特注サイズで用意した化粧野地板を大工さん刻屋に運んだり車

そして今は石を延々とハツッてます笑

 

地元大島石を使えることになったものの、その仕上げ加工代までいれるとどうしても高いものになるので、ひとまずは大きな大島石の塊りを輪切りにしてもらうところまではプロに加工してもらって、あとは仕上げ加工となるビシャン仕上げをどうするか・・・・という事で

 

IMG_5692.jpg

 

結局、お施主さんをはじめ自分たちでハツろうという事になりました手

『誕生と成長の家』の建て主さんまでもが結いでお手伝いに来てくださり、大島石をハツルことになったのです。

でもなんと言ってもその数、58個!

58個・・そう、半端ない量です・・アンパンマン

 

IMG_5709.jpg

↑『土間と風の家』の施主さまハツリ中

 

まあ、そのハツリについて、私たちも初めてのこと。

まずは道具探しからいろいろと調べて、効率よくハツリをするための研究〜。。

なんと言っても固い固いとされる高級石の大島石です。

刃先のビシャンはかなり高価な物ぐすん

58個をハツルのに一体いくつ消耗するのだろう・・という目に見えない不安も・・下

 

IMG_5578.jpg

↑『誕生と成長の家』の施主さまもお手伝いに来てくれました!

 

何事もはじめての事や、新たな流れをつくるといった事って、ものすごいエネルギーがいること。予想外や想定外がつきもの。お金とか時間とか言い出すと腰は重いけど、これしきのこと~手

 

IMG_5588.jpg

 

心強い施主さんのサポートや、道具に詳しい方からのサポートも受けて、

大きな問題もなく、ハツレてます〜ハート

新たな事をすると、課題や改善点が湧いてくるもの。それが見えてきます。

伝統構法の家づくりに大島石を普通に使っていく、まだまだ乗り越えなければいけない課題はありますが、でもその一歩を踏み出せたかな手

 

 

そして日々まだまだハツリが続きそうです。。

HELP大歓迎です〜ハート

 

 

野の草の見えない仕事。。

IMG_5449.jpg

 

今回、初の試みもあって大島石の使用を模索中だったり、今度は砕石を探索中車

砕石と一言でいってもその種類は豊富。今回の試みにもっとも相応しい材料探しと言う訳です。

 

IMG_5433.jpg

 

頭で考えるより実物を手で触って握ってその感触を確かめることが何よりも一番に腑に落ちてきます。粘り気や砂っ気、砕石との相性など。

その組み合わせは無限に等しいけど、案外そういった体感を通すと、答えがスッと一つにまとまってくるからどこまでも自分の足を使って物事を検証していく事の大切さを感じます。

ついでに埋め戻しに良さそうな土も発見!こういった副産物も大きな収穫物のひとつ。

 

 

まあまあこんな事をやっている設計事務所は、マニアな野の草だけかもしれませんが汗

誰かに電話ひとつでお金だけで任せれば適度にもつ家は出来るのだけど・・下

何百年と持ち堪えていくような物づくりは常に試行錯誤をしディスカッションしながら智恵を出し合うなかにこそ実現できるものです。最善策があれば目をつぶらずに常に目指したい自分がいます。そしてそれは何よりも私たちを信頼してくれ家づくりを任せてくれている建て主さんのため手

 

IMG_5424.jpg

 

今回お付き合いして頂いている重要なお仕事を依頼する○○さんは、私の知るなかでもかなりのマニアな方笑

野の草「○○さん。私たち・・妥協がきかないほどこだわりが強いから・・」という振りに「あーそういう私も同じようにこだわりが強いからよく分かりますよっ。」っと、そのマニアさ加減でさらなる上の智恵を絞って先導してくださる。やはりこの方にお頼みして良かったハート

 

IMG_5416a.jpg

 

かるくミニ実験。体感した砕石の種類や配合や配列、そして施工道具なども吟味しつつ。

目指すはユンボが持ち上がって刃先も入らないような頑丈さ!

やっているとさらなる上の智恵が溢れてきて、さらに上のものに仕上がっていっている手ごたえ手

こうやって目に見えない影で積み重ねられるマニアな取り組みが、

確実に野の草の家を良い家づくりにしていってくれているのは言うまでもない手

 

さてさて、次は岡山に走らないといけない事になりそう・・汗

材料調達に行ってきます〜車

野の草の目に見えない仕事でした〜。

一息のお楽しみ。。



『土間と風の家』の刻み確認に行ったところ、

ちょうど休憩中にて大工さんたちお楽しみの最中でした。





内輪で手斧ハツリ大会♫

休み時間を利用してのハツリ特訓中でした。

っと言ってもみんな楽しそう。

こうやって競い合って技を習得していくのですね。



私も挑戦!

足が短すぎて手斧が余り過ぎてうまい感じに振り下ろせません!

足に下駄を履かせたい!!

上手に仕上げていくって大変だけど夢中になりますねっ!



さあ、休憩も終わって皆仕事モードに。

順調に進んでいます〜。

建て前が少しずつ見えてきました。

もうひと頑張りです!




とこしずめのまつり。。

 

先ほど『土間と風の家』の地鎮祭が執り行われました。

家を建てる際にはかかせない地鎮祭。

わたしたち建築に携わる者にとってはいつも恒例の儀式ではありますが、きっと施主さまにとっては一生に一度のこと。

毎度のことだけど、いつも心が静寂に満ちてすっきりする感覚を覚えます。

神事ごとなんて日常的ではなくなってしまった現代だけど

こういった神事ごとをちゃんと見直したいなと、この頃とても思うようになりました。

 

日本人はありとあらゆる万物を神として崇め奉ってきた民族でもあります。

目に見えるものだけでなく、あらゆる目に見えないものたちへの畏敬の念や感謝の気持ちが、手を合わせることに繋がってきたのだと言えます。そういう日本人が素敵だなと思います。

 

なんだか色々なことが粗末にされている時代だからこそ、目に見えないものに手を合わせるって必要な気がしています。

ありとあらゆるものに生かされているという実感が少ない時代だからこそ。

家づくりを通じてそんなことも取り戻していきたいです。。

 

 

 

伝統構法を繋ぐ若い芽。。

IMG_4912.jpg

 

『土間と風の家』の刻み確認に行ってきました。

大石棟梁の刻屋では、ピシッとした空気感のもと静かに刻みが行われていました。

 

IMG_4879.jpg

 

今年から1年生大工の司くんも刻みに励んでいて、なんだか初々しいハート

本当に大工が好きそうだし伝統構法が好きだ、というのが伝わってきます。

 

IMG_4664.jpg

 

この刻みから発せられる空気感で、その純粋で熱い志が伝わってきますハート

これは愛媛の伝統構法を担い導いてくれる大工になるなっ、って予感手

 

IMG_4666.jpg

 

大石棟梁の刻屋には若い先輩大工さんも入ってくれていて、刻みを手伝ってくれています。

彼も伝統構法にどんどん惹き込まれていっている一人で、なかなかのやり手の大工さんです。そして司くんにとっては良き指導者であります。

こうやって一緒に仕事をしていくことで若い大工は、先ゆく先輩の経験や感覚を盗んでいくんだなと、その空気感で感じました。

 

IMG_4884.jpg

 

刃物研ぎから刻みのこと、道具のこと木のことなど、施主さまとの付き合い方など、一緒に仕事をしながら少しずつ学んでいくことが、どれほど今の時代貴重なことか。

多くの家づくりでは、刃物を研ぐことすらなく、刻むこともなく、施主と付き合うこともなく、本物の木の家づくりをして学ぶ機会も与えられていないのですからなみだ

司くんにとってここには最高の環境があると言えます。

若い子が育つ場に、『土間と風の家』がなっていってくれているのなら、施主さま共々これほどに嬉しいことはありません。

またそれが私の最高の願いでもありましたからハート

 

IMG_4126.jpg

 

家づくりとは昔からそういった場であったはずですキラキラ

綿々と繋がってきたものを絶やさないように。

 

こうやって若い芽が育っている姿はとても勇気づけられます。

花咲くように頑張ってきた私達です。

この子たちがこの先、その技術を活かしていけれる場ができるように・・

もっともっと伝統的な昔ながらの家づくりの良さを伝え発信していかなければと、

若い芽をみて感じるのでした手

 

今は静かに。。

 

今日は『土間と風の家』の様子見に大石棟梁の刻屋にうかがいました車

いつもながらに綺麗に整頓された刻屋で、静かに墨付けをおこなう棟梁の姿がありました。

大石さんの現場や工場は、大石さんのピッチリとした性格がよく現れていて、

それがよく空気にただよっています。

そんな空気にわたしは何よりの安心感を感じています。

 

そう、どこも現場はその大工さんごとの空気感というのがあって、わたしはいつもそれをそれぞれの工場や現場に感じます。

きっとそれぞれの大工さんは意識されているかどうか分からないけど、特有の空気感キラキラ

木材の積み方ひとつ、木材の並べ方ひとつ、道具の扱いや、墨の付け方など、やっぱりその人がよく現れますね。

 

 

『土間と風の家』は、そんな大石さんの空気感のもと、静かにすすんでいる感じ。

今回は到達するべく目標があるので、エンジン全開ではなく、静かにゆっくりと舵をとっている感じですが、関わっていただいている多くの方の力によって最善の方向にむかっているのは間違いありません。

今は静かに。。

はやる気持ちを抑えつつ、、今は前をむいてひとつひとつ進むだけ。

さあ、さてさてちゅん

 

 

動きはじめました。。

IMG_1824.JPG

 

『土間と風の家』動きはじめました。

木材もじっくりと乾かされ、刻みには良い頃合いとなりました。

自然乾燥は時間もかかるけど、やっぱり木のためを思うと、これが一番です。

建主さんのほうは「まだあと1年乾燥だったっけ~?」ですって笑

まあそれぐらい気持ちにゆとりを持って頂けると、造り手としてはありがたいです。

精一杯の出来る限りができるから。

気持ちに余裕がないと出来ないこともありますハート

 

IMG_1826.JPG

 

墨付け開始にあたって、大石棟梁の刻屋に建主さんとともにお邪魔をしてきました。

これから刻みに入って下さる大工さん一同挨拶。

大石棟梁、息子さんの司くん、若手の藤井さん。

若手の大工さんたちばかりですが皆、志熱い方ばかりですハート

きっとこれからの愛媛の伝統構法を担う大工となっていくことでしょう。

 

ちゃんと顔合わせして、この方々に我が家の木を刻んで頂くんだ!

と知って頂く事がとても大切です。

家が建ってからも、顔を思い出すでしょう。

 

IMG_1825.JPG

 

IMG_1828.JPG

 

鉋や墨付けの道具のことなど話をしたりしました。

ざっくばらんに、造り手・住まい手がお付き合いできる関係になっていけるといいです。

ちょうど世代も一緒だから。

さあ、墨付け開始!

楽しみ楽しみハート

 

IMG_1827.JPG

 

うずうずと・・

 

さて、うずうずとしている木材たち。

そう、乾燥を1年経て良い状態に乾燥した木材たち。

大石棟梁の刻屋も1/3が『土間と風の家』の木材たちで締められていて窮屈そう汗

そろそろ動き出しますよ。