祝・『心地よい家』地鎮祭

 

IMG_8819.jpg

 

『心地よい家』の木材天然乾燥もそろそろ完了という事で昨日地鎮祭を執り行いました。

建主Sさん、ずっと以前からこのゴールデンウィークの今日この日を地鎮祭の日として狙っていたそうで笑、お天気もよく最高の地鎮祭となりました。

 

IMG_8853.jpg

 

IMG_8859.jpg

 

地鎮祭は土地の神様やこの地に生きる生き物たちに、ここに家を建てさせていただくお許しをいただく儀式です。

日本の神事は、自分が生かされ今こうやって自分があるのも目に見えるものから目に見えないものの支えがあってこそという感謝とそれに対する礼を尽くすという儀式でもあります。神道でもある私も、この地鎮祭をまえにするといつも背筋がピンとして、自分自身が清められるような思いがします。日本古来からのスピリットに心惹かれる自分をいつも感じますハート

子供たちにそんな事をちょっとでもお伝えしたく、これから始まる神事の意味をお話をして「神様がこれからお空から降りてくるからね。ちゃんとお願いしてね。」っと話ました。

そのせいか子供たちも神事の最後までジッと静かに。

きっと子供たちなりに目に見えない神様を感じてくれたのかなハート

 

IMG_8824.jpg

 

家を100年以上もたせていこうという昔ながらの家づくりもまさに日本古来からのスピリットが宿っていて、100年生きた木の命に感謝し、命を無駄にせず大切にしようという心があります。

木や土や草や石など自然界の万物からつくられる家だからこそ、そういったあらゆる支えがあってこそ存在する自分を感じることが出来るんです。衣食住にその心が宿っています。

やはりずっと残していかなければいけない家づくりがここにありますハート

↑写真は1000年の釘をうつ今は亡き白鷹幸伯氏の釘。

この釘を使うようにとご両親から譲って頂いたようで、釘の寿命がつきるまで家をもたせなくてはという意気込みにさせられますね手

 

IMG_8889.jpg

 

地鎮祭終了後には奥様手作りのお弁当を皆でいただきました。

お品書きには感謝の言葉があって、嬉しくジンとしましたアンパンマン

家づくりは山あり谷ありと色んな出来事があります。

でもひとつひとつ絆を深めながら前に進んでいければ嬉しいなと思います。

それがこの人生のなかの家づくりという場で与えられたご縁だから。

そして夜は大工さんの村上工務店さんがBBQを開いて、大工さんとの顔合わせをしてくれました。さていよいよこれから『心地よい家』も始動開始といった感じです。

っと言っても、ゆっくりじっくり手をかけて進んでいきます手

 

IMG_8905.jpg

 

IMG_8902.jpg

 

 

契約。。

先日、『心地よい家』の大工さんも決定し契約が執り行われました。

建主さんの支給材は、私も大工さんも取扱するには過去最大の量!

把握することすら容易くない木材を段取りし保管することは、建主さんにとっては先が見えない大きな課題。

でも大工さんのキップの良さや動きの良さに甘えさせていただき無事落ち着きましたアンパンマン

 

 

それぞれに抱える家づくりの課題も、いつもながら建主・大工さん・設計者の三者の協力で乗り越えつつといったところ。

契約前ですが、こういった過程で家づくりへの気持ちがひとつとなっていくもの。

建主さんも大工さんへの絶大な信頼感をもっていただき、そのうえで前に進めるという良いスタートをきれました手

 

IMG_4682.jpg

↑建主さんが用意してくれた海の幸が美味しかった!

 

IMG_4694.jpg

 

契約後の食事会では、すっかり時間もわすれ皆で夜遅くまで語らいました。

施主とか大工とか設計者とかいった境界がなく、共にひとつのプロジェクトを支える仲間として。協力しあい語り合いながら進む家づくりがいいです。

これからまだまだ先は長い家づくりですが、みなで協力しあいながら『心地よい家』の家づくりを楽しめたらと思いますハート

 

 

心地よい木の家。。

IMG_2421.JPG

 

『心地よい家』は建主さんのお父様が長年集めて来られた支給木材で家を建てます。

その量は半端な量ではなく・・とても個人の方が集められたという量ではありませんアンパンマン

この木材たちを使ってどんな家づくりにしていこうかと、とても楽しみでもあり、

また既にある木材を活かしていく事の難しさに頭を悩ませもします。

 

IMG_2425.JPG

 

まずは全体像の把握と使える構造材の整理に掛かっています。

材料に合わせて家を設計しようと思えば、庭を削らないと難しそうで・・汗

でもやっぱり家にとって庭は欠くことの出来ない潤いの場。

だからなかなか材料に家を合わせて・・というのも難しい~笑

木材の樹種だけでなくその子がもつ木の表情で家の空気感はゴロンと大きく変わってくるから、木材選びは「木だったらなんでもOK~」ではなく一番難しいところでもあり腕の見せどころです手

ネーミングのように、心地よい木の家が出来るよう頑張らないとねキラキラ

 

 

 

お接待に心地よく。。

一昨日、愛媛で最も予約の取りにくい1日1組限定と言われている料理屋さんに行ってきましたキラキラ

えっ、そんな・・高級なお店は「私達らしくない」と言われそうです笑

いえいえ、これから新たに始まる『心地よい家』の家づくりの建て主さんが私達をお接待してくださったのですハート

 

私たち単独ではとてもとても1日1組という時点で腰が引けてしまって行けそうにないお店。

ちょっとドキドキでしたが、建て主さんが家づくりの思い出の一つとして、私達をお接待をしてくださって、そのお気持ちが嬉しい限りですアンパンマン

 

私たちはいつもお施主さまに恵まれているなあ〜と思います。

それは私達が家づくりを始めた当初から。

そして私達もお施主さまとの時間を何より一番に大切にしたいと、いつも感じています。

どのお宅も一軒一軒、皆初めての家づくりに変わりはありません。

時間が許す限りその貴重な家づくりのお時間を一緒になって楽しませていただきたいと感じます。だから本当に嬉しい申し出なみだ

 

ちょっと予約してまで、しかも愛媛で最も予約の取りにくいお店なんて・・

ドキドキ、プルプルです。。

 

 

お伺いしてそんな私たちの妄想はすぐに吹き飛びました。

実はまったく肩肘を張らずとってもリラックスできる料理屋さんでした。

料理長は元松山全日空ホテルの料理長を務められたとか。

四季で彩られその土地の旬の物を活かし、最高のこだわりをもって揃えられた食材でのお料理たちは、心を満たし、心温まるお料理ばかりです。そしてその料理たちに舌鼓する一時が楽しい。

 

 

料理に夢中で、良いカメラを持って行ったのに、撮り忘れてばかり・・笑

食材やお料理のお話を伺っていると、日本料理の世界も、日本の住まいも、全く同じなんだ〜と感じたところ。

 

 

こだわりをもって探された最高の食材たちに手間暇を惜しみなく掛けたお料理たちは、採算(自分の利益や取り分とか)というよりまずは何より一番に食べて頂く方に喜んでいただく事であり、自分自身が自分の料理にベストを尽くせたと言う事に尽きるようです。

そこに本物の職人を見るようで、誰もがリピーターとなって、"予約の取れない店"と言われる所以のように感じます。

また行きたいなと・・私達を思わせたお店でありましたハート

 

 

翌朝、建て主さんとともに近くの保存された古い住宅を見にいきました。

こういった遺された古い建物を見ることで、これから起こりうる住まいの経年変化を知る事ができます。

昔ながらにあった住まいの培われてきた知恵を、意味あることとして建て主さんと一緒になって紐解く作業、とっても大切にしたいです。

やはりこういった一緒になって見て感じる、そして語り合う時間が何より大切だと、あらためて感じさせられました。

『心地よい家』の家づくり、心地よいひと時を、ありがとうございましたハート

 

1