無垢でつくる家具を知ろう~!

IMG_1977.JPG

 

昨日は心地いいほどの青空のもと第5回ミニ家づくり塾『<差物家具編>無垢でつくる家具を知ろう!』が執り行われましたハート

久方ぶりの家づくり塾にかかわらず大勢のご参加ほんとうに嬉しい私たちでした。

 

今回は無垢でつくる家具を知ってもらいたいと思い企画しました。

安く手に入る使い捨てのようなベニヤ家具が多いなかで、手をかけてつくる無垢の家具の良さを知ってもらい、使い捨てでない長く愛着をもって大切にしていけれる暮らしを見直していきたいという想いがあります。

住まいも家具も道具も、使い捨てのような物が溢れている時代だからこそ。

 

IMG_1982.JPG

 

無垢の家具って高いように思われるかもしれないけど、実はそこに掛けられる手間や細工や工夫というものを、ほとんどの人が知らないのではないでしょうか?

長くもたせるための工夫や造りが随所にあって、使い捨て家具とは異なります。

 

ベニヤ家具は購入したときが100%であって、あとは劣化していくばかりの家具。

色は焼け、ベニヤは剥がれて、傷は汚らしく・・どんどんと見るに耐えなくなる・・アンパンマン

 

IMG_1979.JPG

 

無垢の家具の良さは、出来たときが一番美しいのではなく、さらにそこから良さが増していく家具です。

時間とともに風合いや風格が出てきて、色艶も濃くなって、

家族がつけた傷さえも無垢の素材は大らかに受け入れ、風合いとして包み込んでくれます。

だから無垢の家具はどんどんと価値があがっていく家具といえます。

 

これって家も一緒です!

新建材による真っ白ピカピカなお家。

最初は綺麗でもだんだんと見るに耐えなくなってくる・・。

そう、私達自身が木と土壁の昔ながらの家づくりに移行した理由の一つはそこに。。

使っていって美しくなっていく物づくりをしていきたい。

それがきっと長く使われていくための絶対的な価値だからハート

そして物づくりに携わる私たちにとっても、それが幸せなことであるから。

 

IMG_1978.JPG

 

今回、カグマ製作所の馬越さんのご協力のもと、そんな無垢でつくる家具の良さを少しでも感じてもらえたかと。馬越さんも初めての講座に一生懸命でした。

きっとちゃんと伝わってるアンパンマン

 

IMG_1980.JPG

 

そして製作風景を実際に見て頂きました。

ちょうど今進行中の『往き還る家』のキッチン台を組む作業を、これも家づくりの想い出の一コマになるだろうと、馬越さんの良案​で建主Iさんに組み立てて頂くことにしました♪

 

IMG_1984.JPG

 

我が家のキッチン台を自分で組む!

この事を告げられて、かなり真剣モードでスイッチが入った建主Iさん笑

 

IMG_1985.JPG

 

なんと言ったって、我が家の大切なキッチン台ですからね~。

傷をつけたり失敗は許されません。。

 

IMG_1986.JPG

 

IMG_1988.JPG

 

力加減手加減にドキドキしながら、

馬越さんの細かな指導のもと出来上がっていきます。

そう言っても案外、サクサクと簡単にはいかないもので、組み上げるだけでも労力がいって、職人たちの苦労も肌で感じたようです。

 

IMG_1989.JPG

 

さて、お待ちかねのお昼時間、野の草いのちの台所、内原由季さんのお昼ですハート

いつもながらこだわり派の由季さん、今回は豆腐丼と季節のお野菜の冷製スープ。

お豆腐はこだわって、まめ楽さんのお豆腐だとの事。

500円で出来る内容でと頼んだのに、これで500円は安すぎる~キラキラ

 

IMG_1992.JPG

 

やりはじめると、トコトンやってしまうのが彼女のいいところ。

奉仕精神あふれる由季さんなのです。

 

住まいも家具も、食も、知って感じてもらいたくて、由季さんにお願いをしました。

彼女をとおして、食べることの大切さ、食に丁寧であること、何か感じてもらえるといいなあっと。

ひとつひとつ、すべてが大切だから。

 

IMG_1990.JPG

 

ほっこりした笑顔が満足の証。みんなに喜んでいただきましたハート

由季さんのおかげで、お腹も心も満たされ、

あとは参加者さん自身が自分の手で体で体験する、豆皿づくりのワークショップのお時間です。

 

IMG_1994.JPG

 

今回、知るだけでなく、無垢の木の素材を持って帰ってもらいたいという想いがありました。

毎日身近で、木の物たちに触れる大切さ。

そこから生まれる木の物たちがある豊かさを感じてもらえれば・・と、

野の草の企みを練り込んでわらう

初の豆皿づくり~!

 

IMG_1997.JPG

 

使われた木材は、楠と山桜。

この両方ともが、キッチン台や座卓をつくった後の端材です。

木の物づくりの良さは、こういったカケラさえも、捨てることなく、とことんまで使い切れるという心地よさ。

『往き還る家』の山桜や、『わ・ふ邸』の楠たちは、形を変え、役目を変え、

参加者さんの手元に渡っていきました。

これからどんな人生を送るのかな?

そう思うと、木の生き方にも物語があることを感じます。。

 

IMG_1993.JPG

 

IMG_2001.JPG

 

みんな子供にかえったようで夢中度120%手

黙々と、美しい緑あふれる景色のなかの作業。心地よさは200%ハート

 

IMG_1995.JPG

 

子どもたちにも大いに刃物をつかって木を体感してもらいました。

削り心地、木目によって違います。

体で感じて、体で覚えていく木のこと。

怪我は付きものだけど、それを恐れていては何も出来ません。

刃物の使い方、削るときの注意をして、慎重にすれば大丈夫♪

 

IMG_1998.JPG

 

ほら、子供であっても十分なぐらい素敵な豆皿ができましたよ手

 

IMG_1999.JPG

 

これにてミニ家づくり塾終了~手

みんなの幸せで楽しそうな光景に、幸せだな〜と感じた私です。

満足満足200%で終了~♪

 

この時に組立てられた『往き還る家』のキッチン台は、7月末~8月頭ごろの完成見学会でお披露目となります。

今回ご協力頂いたカグマ製作所さんの商品も展示販売も?

ぜひお楽しみに~!

 

 

 

第5回ミニ家づくり塾『<指物家具編>無垢でつくる家具を知ろう!』



AA STUDIOから『 野の草 設計室 』と屋号がかわり、初のミニ家づくり塾のご案内ですが、
皆様におきましてはお変わりないでしょうか?
私たちのほうは、こちら鈍川の地に移住をし自然とともに季節めぐるなかで、
野の草のように、その地の風や土とともに生きながら、その姿は簡素だけど無駄がなく意味があって美しい。
そんな野の草のようでありたいと屋号を『 野の草 設計室 』とあらためる事になりました。
長く愛着をもったAA STUDIOともお別れ、ちょっと寂しい気持ちですが、
『野の草』のほうが私たちらしいような気がしています。
草のように”しぶとい”、そんな野の草の活動でありたいです(笑)。

さて、久方ぶりのご案内、嬉しく思います。。
今回、無垢でつくる家具の製作現場をみて頂こうと思います。
野の草でお世話になっております、同じく鈍川に移住をしたカグマ製作所さんのご協力をいただいて、
ちょうど『往き還る家』のキッチン製作中の様子をうかがいます。
今や家具と言えば、当たり前のように合板の安い家具が巷には溢れ、
安さのなかで使い捨てのごとく扱われている家具たち物づくりがあります。
安く便利に手に入るとは言え・・永く愛される物づくりをしている職人たちにとっては複雑な気持ちです。
安さ便利さのなかで見失っていっているものはないか・・。

今回そんな無垢の家具の良さをちゃんと、ずっずっずいぃ〜と知って頂きたい!
というミニ家づくり塾です。
長く使っていくに値する確かな仕事とは・・、永く愛されるための家具とは?
家はとても建てられないという方、マンションや借家暮らしであっても、
身の回りにある家具ひとつから暮らしはきっと豊かで美しく変わっていくはずです。
ぜひこの機会に無垢でつくる家具を知ろう〜!
野の草の家づくり塾は、どこでも聞けない貴重なお話が山ほど!お見逃しなく!

そしてせっかくなので皆様にも手を動かしてこの日だけの一日職人体験。
無垢の木から豆皿づくりをしませんか〜!     
家族みんなそれぞれに自分用のMY豆皿をつくって、毎日使って木の触れて頂きたい♪
暮らしの豊かさはそんなところからあります。

そしてお昼は同じく鈍川の『 野の草いのちの台所 』内原由季さんによるお楽しみの
昼食を準備しております♪

鈍川の山々は今が一番木々が青々として美しい季節です。
ぜひこの心地のいい初夏の一日を自然あふれる鈍川で、
野の草の物づくりに触れてください。お待ちしております。。


◎日程:5月28日 日曜日 10時集合 雨天決行
*10:00        集合
*10:10〜12:00  無垢でつくる家具の製作現場見学・無垢の家具のお話<2時間ほど>
*12:00〜13:00  お昼(由季さんのお昼 OR 各自お弁当持参も可)
*13:00〜14:30  製作してみよう豆皿製作<90分ほど>

◎講座内容:無垢でつくる家具の製作現場見学・無垢の家具のお話

◎ワークショップ:豆皿製作
刃物を使用しますので手袋(フィット感のあるゴム手が良い)をご用意
ください。刃物を使えないお子さんはペーパーで磨き仕事ができます。
家族みんなそれぞれ自分のMY豆皿をつくって、毎日使って頂きたい♪

◎場所:『カグマ製作所』今治市玉川町鈍川

◎講座参加費:豆皿製作代として1家族800円(ご家族分製作可能です)
新規参加者さんは『家づくり塾活動資金』としてプラス1家族200円をいただきます。
(既にミニ家づくり塾に登録を頂いている方は不要です)

◎昼食:野の草いのちの台所・内原由季さんによるお昼:ワンコイン500円(要予約)

◎申し込み:5/24までにメールにて以下内容記載にてお申し込みください
準備の関係上、早めに申し込みをいただけるととても助かります!

*ミニ家づくり塾参加申し込み書(E-MAIL asuka-archi@nifty.com)-----------------
○参加者氏名:
○参加者氏名:
○参加者氏名:
○住所: 
○当日連絡先(携帯):
◎昼食申し込む (     人分)
------------------------------------------------------------------------------



*** 野の草  設計室 ***
http://nonokusa.life.coocan.jp
野の草のブログ
http://aastudio.jugem.jp/
□-----794-0121 愛媛県今治市玉川町鈍川丁298-1
□-----TEL/FAX 0898-55-3021
□-----E-MAIL asuka-archi@nifty.com 

 

家づくり塾、近々予定。。

IMG_1872.JPG

 

ずらっ〜と並べていただいた山桜キラキラ

野の草ストックの山桜、その一部です。。

この山桜をつかって、これから『往き還る家』のキッチンをカグマさんに製作していただきます手

 

IMG_1873.JPG

 

何度か細かい打ち合わせを重ねて、キッチンのディティールをきめ、形となっていきます。

今回、このキッチン製作の様子を見ていただこうと、家づくり塾を28日に予定しています!

親子で楽しめる家づくり塾にしたくて、まだ案内が出来上がらない汗

 

っと言うことで、みなさんひとまず5月28日は、予定をあけておいてくださいねハート

 

IMG_1874.JPG

ゴールデンウィークは・・

 

ゴールデンウィークのメインイベント・味噌づくりも終われば、

あとは・・畑と田圃仕事のみ。

昨年もその前年も、毎年毎年、ゴールデンウィークは畑と田圃と決まっています。

休みなのに・・と言われそうだけど、

畑と田圃オンリーで没頭できるのは、このゴールデンしかない。

いつもは仕事優先だからねおかお(幸せ)

 

今年のお米づくりは、昨年につづき直播き(種を直接田圃に撒く)にて挑戦。

すこしずつやり方を変えて。

それにしても丁寧すぎる直播きて、時間がかかりすぎ。

毎日体が筋肉痛です・・汗

 

 

でも田圃で土を触っていると、静かで平和な時間が感じられる。

時に草刈りついでに野の草を摘んで、今晩の夕食をゲットビール

野山の風景が心に染みる。この一時が何より心地いいのです。

さあ、ゴールデンも終わり、仕事を頑張ろう手

 

春の陽射しのもと、大切なこと。。

 

春の陽気に誘われて、空の下に二人でお出かけ。

週末におこなわれる上映会のときの食材さがしも兼ね、春の野草たちをたくさん摘みました。

土筆に、よもぎに、カラスのエンドウに、ビワの新芽。

フキノトウが無かったぐすん

 

 

不思議、春の陽射しのもとにいると、冬のあいだに溜まった鬱々とした気分も晴れやかになりますハート

とってもとっても気持ちがいいです〜。。

草を摘んでいて、自分を感じます。

家のなかにいた時と比べて、とても深い呼吸で息をしている自分がいることを。

 

あ〜、やっぱり身体が求めているんです。

この頃、忙しく、きっと呼吸も慌ただしかったハズだから。

意識するわけでなく、身体がちゃんと教えてくれます。

 

 

自然にふれる時間が私たちには何より大切です。

この深い呼吸、そして癒される心地よさ、幸せに満ちた陽射し。

この空気を取り入れて、日々の仕事をするという大切さ。

 

もっと若い頃の私達二人は、時間がたっぷりとあって、よくそんな時間をとっていました。

今は有り難いことに頼りにされる事が増え、なかなかそんな余裕がつくれない二人ですが・・。

でもやっぱりこの時間が大切。またこの時間をつくろうと思いますハート

そう気がつかせてくれた春の一日でした〜キラキラ

 

 

 

『いのちの林檎』上映会&化学物質過敏症のお話会のご案内



寒い寒いと嘆いていた季節から春の心地よいお日和に心和やかになる今日この頃です。
命が芽生え輝く季節が訪れようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか。

私たちのほうは奈良の木に移住をして早3年目を迎えようとしています。
屋号もAA STUDIOから『 野の草 設計室 』と改名したところ、まだまだ十分にお知らせをする余裕もなく、
相変わらず昔ながらの家づくりに悪戦苦闘をしている私たちです。。
職人さんの現状はいつも厳しく、どうすれば昔ながらの家づくりを繋げ遺していけれるのかと思い悩みます。
それでも野の草(AA STUDIO)の活動は、その名のよう
に、少しでもその地に種を落とすことが出来ればと願うばかりです。
この頃思います。花を期待して種を蒔くのではなく、種の意思で花は咲くのでしょう。
どんな花が咲くのか野の草には分かりません。でも信じて、少しでも種を蒔くことが大切だと感じています。。

さて今回のご案内は我が家で開催、化学物質過敏症者のドキュメンタリー映画『いのちの林檎』の上映会をいたします♪
年々増え続ける便利な化学物質に、私たちは食も衣も住まいも浸りきったかのような暮らしをしているのが今の現状です。
しかしこの便利さがゆえに増え続ける化学物質の裏側では、極めて深刻な体調不良や健康被害を起こし、
普通の暮らしが出来ない方々が大勢いることも知っておかなければいけません。
これはなんら特別な病気でもなく、誰しもがある日、突然に日々何気に使われている化学物質によって、
普通の営みが出来なくなったといった極めて深刻な環境病です。
木と土での自然素材で家を建てても、生活が乱れていれば安心な暮らしにはなりません。
ぜひ野の草としても知って頂きたいお話なのです。。

上映会終了後には、勤め先の防虫処理によって化学物質過敏症を発症してしまった日野みなさんに、
実体験としてのお話を伺いたいと思います。日野さんは少しずつ回復されているものの、
今も中度の化学物質過敏症でいらっしゃいます。
小さなお子さんやアレルギーをお持ちの方、また化学物質に対してあまり意識せずに生活をされてこられた方
なども、ぜひこの機会にいつも身の廻りで使っている化学物質について知りましょう。
暖かくなってきた春の一日、我が家でお茶でもしてお話をしましょう〜♪
ご来訪をお待ちしております。。

---------------------------------------------------------------------------

【日時】 3月26日(日)参加費:無料
  《上映会》-------------------------------------------------------------
     ◎13:00集合
     上映会13:15〜15:15まで
     『いのちの林檎』http://www.inochinoringo.com/

  《お話会 ゲスト:日野みなさん(愛媛CS患者会代表)》-------------------
    ◎15:30〜 1時間ほどの予定
     ☆野の草から:春草のおやつとオーガニック珈琲又は豆乳チャイ
      おやつ持ち寄り歓迎〜ヾ(*´∀`*)ノ
        
【※参加者さんへのお願い】
     日野みなさんは、お友達と普通にお話をするのにもそのお友達が身につけている
     微量の化学物質によって体調を壊してしまう化学物質過敏症という病気です。
     当日は日野さんが少しでも楽であるようにそれぞれに気をつけて来てください。
     「分からない〜」「無理かも・・」と尻込みしがちですが、これもちょっとした
     化学物質を知る宿題だと思って挑戦してみて下さい。
     日野さんは体調不良を覚悟のうえで皆さんに化学物質の危険性について知って
     欲しく足を運ばれますので、ご参加を♪
     例えば・・柔軟剤や香料の漂わない衣服で。お湯洗いだけの衣服だと、
          とっても楽!
          シャンプー・リンス、整髪料は控えて。タバコは駄目・・。
          化粧品は・・出来るだけ薄化粧にて
       
【場所】 *** 野の草 設計室 ***
     今治市玉川町鈍川298−1 地図です↓↓
     https://goo.gl/maps/YzdUPbUfs1n 

【連絡先】090-4781-6192(橋詰)
【その他】人数が多い場合は、日野さんの体調を考え人数制限となります。
     第2回開催を考えます。
     あと開催当日、ボランティアスタッフ大歓迎です〜!
      会場の設営準備などお手伝い頂けると助かります。

-------------------------------------------------------------------------
□□ 申し込み…締め切り3月22日
  (FAX/TEL:0898-55-3021  メール:asuka-archi@nifty.com )
  □参加者名 :                  
  □参加者名 :
  □連絡先  :
-------------------------------------------------------------------------

久々の休日。。

 

久々にやっとお休みが取れた休日。。

ひとり茶店に籠もって、

構想中。。

 

仕事ではないです。

なかなか余裕がないと出来ない

頭の中のものを排出中。。

 

どう見ても仕事のようだけど

私のなかでは仕事ではない。

ひとりニマニマとする怪しい時間。

物づくりしていると時々、こう言った時間が必要なのです。。

 

朝一番で内緒で来たので、

きっと徳さん今頃探してるだろうなあ〜(汗)。

 

 

 

 

 

Merry Christmas!

 

友人のUファミリーに今日はメリークリスマスアンパンマン

プレゼントという訳にはいかないけど(設計はプレゼントだよハート)、

頼まれていた箪笥の納品をクリスマスにと、カグマ製作所の馬越さんとご一緒にサプライズ。

 

脱衣所に置く予定の箪笥は、その場にジャストフィットのサイズで、

家族全員の下着類などを収納したいという事で引出し数の指定もあっての製作。

デザインは野の草、製作はカグマ製作所にて。

予算に合わせての木材選びとなり、運良くブナのお手頃品に出逢い、

優しい風合いの箪笥に仕上がりました。

 

最初は予算的に厳しそうだったけど。。

合板やビスで組み立てられた安い箪笥がたくさん流通するなか

こういった本物の箪笥はなかなか見向きもされない時代だから。

カグマさんも野の草も、比較する先がそういった現状に嘆きを隠せない。

お頼みいただけたのはUファミリーの「友人に製作を」という気持ちハート

 

 

そして出来上りを前にして、

そこらへんにある箪笥とは、無垢材が放つ心地いい空気感や手触り、指物での仕事の美しさや、細かな気配りのデザインなど、

気楽に買うことのできる箪笥類とは比較するに足らない世界であることを改めて感じてもらったみたい。

 

そしてここのご主人も竹細工職人さんで、これまた繊細で美しい仕事ぶりなのです。

彼のつくる竹細工と同じように、きちっと丁寧につくられた物たちが放つ美しさは、大量につくられた物たちとは比べようもないほどに、その根底が異なるのです。

ただ・・なかなか、異なるとは言え、いつも真っ先に比較されるのは”お金”。

だから職人さんたちも頭が痛いところ。

安い高い、とお金を秤にかけようとする前に、どういった造りなのか、どういった素材かなどを知ってほしい。

 

 

納品時にずっと小学生の蒼くんが見守っていて

「すごい引出しがいっぱいで、綺麗やなあ〜。」って。

 

きっと貴方の子供に、「父さんが小さい頃になあ・・」っと言って、

語り継げる物にはなることは間違いないと思う。

そういった価値を、今の時代に忘れてしまわないように・・

野の草は物づくりをしたいと願うのでした。。

 

やっぱり無垢の仕事はやってて楽しい〜!

カグマ製作所さんでした↑

あらたな一歩へと。。

 

えっえ、 って思われた方もいるかもしれません。

あっ・・、お間違いなく、いつものAA STUDIOのブログですから笑

 

実はこの度、屋号をあらためます。

その名は、

 

野の草   設計室

 

この自然豊かな鈍川の地に住み始めてすぐに、湧きあがってきた想い。

日本人の良き物づくりや心を、そして日本の家づくりを伝えたくてやってきたAA STUDIOだけど、

このAA STUDIO という屋号に何かずっと違和感を感じていた私です。

若かりし頃につけた屋号で、憧れた横文字。

 

でも家づくりへの考え方もその頃からは大きく変わりました。

おしゃれで新しく、モダンな物に憧れていた若かりし時代から、

先人たちが遺したものの偉大さに気がついた時から、

私たちは変わり、どんどんと日本の物づくりに惹かれていきました。

そして今は自国の文化や物づくりを愛していきたいという私たちがあります。

 

ここ鈍川の地に引越しをして、日々、自然に囲まれ暮らしているなかで湧いてきた想いは

野の草のように・・。

そう、その地の気候風土に寄り添い、その地の風景となっていくような草のような自分たちでありたい。

 

現代の私達は、真新しいものだったり、流行だったり、

日本のものでない異国のものに憧れてしまうけれど・・。

その地に何気なくはえる野の草でいい、いえ、そんな野の草のようでありたいと・・。

地味でありながらも、その地の気候風土にそったもの、その地で引き継がれてきたもの、

その地の素材をつかい、その地の職人さんたちによる手仕事を今に大切にした家づくりをめざす私たちでありたい。

それが私たちの思い描く生き方です。

その地に根ざす草のような生き方。

 

野の草   設計室  として今秋に屋号をあらためます。

 

そして昔ながらの家づくりや手仕事での職人しごと、日本の物づくりを今まで以上に広めていくために、

新たな展開をしていこうと考えています。

そのための新たなスタートとして。

 

野の草のように・・

その地の気候風土とともに飾らず気張らず、

その地の大地とともにあるようなそんな美しい家づくり物づくりを提案していきたいと思っています。

 

ちょっとカミングアウトハート

でも18年背負ってきた屋号を変えるって、やっぱりたいへん〜汗

 

 

ミニ家づくり塾のご案内『♪ 我が家の表札を瓦でつくりましょう ♪』

ひさびさのミニ家づくり塾の開催です。
今回は地元菊間の瓦のおはなしを聞きます。
そして鬼瓦づくり体験をして、表札をつくりましょう。
どこにもない我が家だけの表札づくりを楽しみます手
子供たちと一緒にご家族で、
独り暮らしの方も、
お友達にプレゼント・・
どんな表札ができますやらアンパンマン
そんな楽しい瓦にふれる一日を一緒に過ごしましょう。
今回はミニ家づくり塾登録者以外の、
一般参加者もご参加おまちしております。
新たな出会いを楽しみにしておりますハート

※応募者多数の場合はお断りをさせていただく場合がございます。
  早めにお申し込みをください。