春はいろいろと事件。。

春は野山に山菜を採りにいったり、頂いた竹の子をゆでたりと畑の合間に忙しい。。
そんななか神子の森の総代さんの集落への若者移住者受け入れの取り組みがニュースになることに。そこで私たち移住者にも取材がまわってきて、北野家は自宅リフォームの取材や奥さまの鋳造の作品づくりの取材などがおこなわれたのでした。

我が家のほうも取材を受けることになって、徳さんのほうの手織り畳表の機織の様子や、私の畑作業の様子を撮っていただくことに。

そこまでは良かった・・。北野家取材、畑作業取材待ちの合間に、ノコノコと一人で工房に用事があって来て見ると・・なな、ななんと!蜂の巣箱を置いている箱から、日本ミツバチの分蜂が始まっていたのだった
(※分蜂:蜂が親元から巣別れして多くの蜂を連れ伴って巣立っていくこと)
蜂の分蜂時期は知っていたけど、他の蜂仲間からはもうすでに分蜂が終わったと聞かされていたので、我が家も今年は分蜂に立ち会えなかったと思って残念がっていた矢先の出来事だった

分蜂する蜂を捕まえて新しい巣箱に導くことで、飼育の数も増えていくのだから絶対にこの機会を見逃すことは出来ない。正直、一人かなり焦った私
箱はあるけど、徳さんを畑まで呼びに行く暇もなく、また捕獲のための道具もなく、策を練るけどこのままではすべがない・・
急いで取材中の北野家に飛び込んで、ひとまず網がないか聞くと、運良く物入れから古い網が出てきたのでした
これで腹が据わった、ひとりで捕獲に挑戦することに
捕獲は始めてだけど、以前二度ほどは蜂仲間がやっている様子は見ていたし、蜂も刺すことなく優しく捕獲できれば、10分ほどのすんなりといく捕獲作業である
のハズだった

箱をセットし、塊になっている蜂の群れを網で優しくすくい取って、それを巣箱に移すという簡単な流れ。がっ!しかし・・優しくすくい取った蜂の塊が網にかなりの重量でドッサっと落ちた瞬間に、網の底が破けた〜!!!!
ぎゃああ〜、網が朽ちていた〜
たくさんの蜂がこっちに向かってやって来た〜のだ!
蜂の集中攻撃にあい、刺される刺される刺される
始めて蜂に刺されたかも・・しかしそんな事いってられない、こうなったら任務遂行あるのみである

破けた網をしばり直して再挑戦、しかしやはりまた破けて蜂に刺される刺される
でも少しずつ蜂を新しい巣箱に移せているかも・・?
3度ほど挑戦して蜂の塊もだいぶ少なくなってきた。(上の写真)

そこで徳さん登場〜 待ってました〜 畑に帰ってこない私を探しにきたのだ。
期待大にしたのですが・・あんまり近寄らない徳さん。
「網と防護のネット買ってこないと」だって・・・
えっ?だってそんなの待ってたら逃げちゃうし〜 あと少しだし

という事でらちがあきそうになかったので、引き続き私が捕獲作業をすることに
徳さん、側で見るの巻
おいおい、どっかそれ図がちがうんじゃないの〜と思いつつも、そんな余裕はなく。
ちょっと刺されつつも手馴れてきたのもあって、作業を続行。

そうこうしているうちに蜂たちも危機を感じたらしく、もとの巣箱に帰り始めたのです。
私が移した新たな巣の蜂たちも同様に、もとの巣箱に。あ〜完全に惨敗です・・
まあ、いっか。完全に失敗だけど、そのせいで分蜂は伸びた訳で、きっと明日また分蜂だから、道具や心の準備もそれまでに整うだろうから

お陰で蜂に顔を刺されまくり状態
えっ、この後すぐにテレビ撮影だったけえ〜
このブログを見た人だけが知っている、取材前の私の事件簿となってしまった。さてニュースでどんな顔をしてるんだろう〜

かなり刺されて蜂の針を手で抜きました。抜ききれなかったけど。
でも想像していたより、蜂に刺されるの大丈夫かも私。
いやはや、またまた女が強くなってしまいましたわ
えっ、明日はやっぱり私が最挑戦なのかな?まあ、ほっとけないし

良い子の皆さんはくれぐれも真似をしないように、お願いをします
春は思いがけない事件が多いですね。。
コメント