続・春はいろいろと事件。。

昨日のつづき・・
今日は風がつよく分蜂どうかな?というお日和。
蜂の巣箱も特別なにも起こりそうもないぐらいミツバチの暮らしも日常に戻ったかのようでした。
朝の10時ぐらいには徳さんも気になっていてくれましたが、男チームで竹伐り作業があるようで、後は任せた!とその場を去っていきました まあ私も一人で大丈夫よっと言ったし

畑作業をしつつ1時間ごとに確認。しかし、んん・・何の気配もなし。
風もつよいから今日は分蜂なしかな?っと思ったら、その一時間後にいったら桜の木の枝にすでに大きな蜂の魂ができていました。やっぱり〜!!
っと今回は道具も服装も心の準備も万全だったので、焦りつつも作業開始

 

一人では、手が足りんなあ〜やっぱり誰かもう一人いるといいなあ〜と思うこと多々。四苦八苦しながら箱を傾けつつ、網を差し込みつつ、蜂を誘導しつつ作業をおこないました。白い服装をしておいたので、昨日のように蜂は襲い掛かってくることもなく、以外に静かに事が進められましたね。
まあもう刺されてもそんなに怖くないし。経験って言うのは強いですねえ
やっぱり女が強くなってる〜!

っと・・ほぼ終了間際になって、徳さん登場〜
なんでもっと早く帰ってきてくれんの〜っと、ちょっと泣きを見せてみたりして

残された蜂の塊をすくって、巣箱に誘導して終了。
女王蜂さんがうまく箱に納まったみたいで、蜂たちも逃げることなく箱に入っていきます。

でも巣箱が気に入らなければ、逃げちゃうんですよね・・。
どうかな〜。いついてくれるといいけど。ひとまず無事終了。
うまくいくと一升瓶2〜3本ぐらいの日本ミツバチの蜂蜜が採れるそう楽しみ

コメント

無事分蜂終了お疲れ様♪
周辺でネオニコチノイド散布がありませんように(祈り)

美味しい蜂蜜をごちそうになれる幸せに万歳!!

  • ままさん
  • 2013/04/28 09:17