『奈良の木の家』リフォーム 寒さに負けず。。




奈良の木の家のリフォーム、いよいよ本格的な寒さになって、これではあまりにも作業停滞しそうなので、急ぎ足で薪ストーブを設置しました!
もちろんこちらもセルフです。
仕事柄、いつもいろんな職人さんたちの仕事ぶりを見せていただいているので、こういう時に役にたちます。ストーブの後ろのレンガ積みも自作です。。
素敵でしょハート

薪ストーブをセルフでおこなう場合、火災などの恐れがありますので、下調べを十分にされたうえで施工してくださいね。素人施工の場合、正しい離隔距離をとらずに施工しているのが多く、長く使っているうちに低温火災などをおこす危険があります。現に火災をおこされた方の話を耳にします・・。



えっ?と思うような低温でも長期間使っていると木部に火がつくのが低温火災。
とくに煙突と壁や屋根の貫通部。またストーブ周辺のあき寸法は要注意が必要です。木材などを近接させないように。
ストーブの能力ごとで離隔距離も変わってきますので、その点はストーブ屋さんとも相談したうえで。



やっぱり薪ストーブいいですねえ♪
我が家の2代目も同じくピキャンでマーク機∈2鵑話繁疾賤僂任后
さすが暖房専用は能力が違います。
今まではクックストーブだったので、薪ストーブはこんなもんかと思っていましたが、なんのなんの、心配していた奈良の木の寒さもこれなら心配不要といわんばかりのとてつもない暖かさにビックリです!
薪は、このお宅に建築当時の廃材が捨てられずにストックされていたので、しばらくは十分なぐらい。昔の人は本当に物を大事にしていたんだなあと、今回もつくづく。

薪ストーブ同様に、火のある暮らしを見直していきたいと思っている我が家。
お台所には竈を据える予定。おくどさんを設置するときは、おくどさんワークショップをしようと思ってます!



そしてお風呂はなんと五右衛門風呂で!
ええ・・五右衛門風呂・・たいへんそう・・下
なんて声が聞こえてきそうですが(笑)。コツをつかめば、マッチ一本で簡単に沸かすことができるんですよ♪
五右衛門風呂の良さは、なんと言っても、あとにのこるあの暖かさ。。。
身体の芯までもがぽかぽかして、忘れられません。
電気で沸かすお風呂は、すぐに身体が冷めるのにね。暖まり方がぜんぜん違うのよね〜。
なんだかあのまん丸のお風呂に浸かると、子供のような気分になるのもイイしね手



今どきは、こういった普通の浴槽タイプの五右衛門風呂もあるみたい。
でも我が家はわくわく感のある、まん丸タイプが好み手
奈良の木の家に引越ししたら、火のある暮らしを発信していきたいと思っています〜ハート
コメント