猫の病気から、あらためて食事の大切さを知る。。



昨年の8月に免疫性溶血性貧血にかかり明日をも知れぬ我が家の愛猫チャイでしたが、その後とっても元気に回復し、その節は皆様に励ましていただきまして、ありがとうございました!
ここで同じ病症の猫ちゃんの飼い主さんの励みになればと思い、簡単ではありますが回復の経緯をお知らせしておきたいと思います。

免疫性溶血性貧血を発症した時、チャイの血液中に占める血球の体積の割合Hctは7.1しかなく、いつ死んでも不思議でない重度な状況でした。正常値37.6〜47.6。もう自分で起き上がる事も出来ない状況でしたのですぐに輸血が行われ入院をすることになりました。ただ・・免疫異常ということでこれと言った治療方法はなく、ただただ奇跡を祈るような治療です。輸血をおこなっても、自らの免疫が自分自身の赤血球をすぐに破壊をしていくために、また貧血をおこし処置をしなければ死に至るという病気・・。
主にはステロイドで炎症を抑えるのと免疫抑制といった治療です。でもステロイドはあまり効かず次々と強い免疫抑制剤がプラスされていくことに。輸血によってなんとか生命を維持しているといっても良い状況のなか入院を繰り返しました。しかし免疫抑制の治療によってチャイの体内に潜んでいた猫白血病までもが発症してしまって..片方は免疫を抑制し、片方は免疫をあげなければいけないという相反する薬の投与といった複雑な治療法のなかで、一時はもう明日までもつかどうか・・という生死の境までいきました。

この病気、ネットではあまり回復したというケースは少なく、どれも死んでいくケースばかり。正直かなり落ち込みました。特にチャイの場合は免疫性溶血性貧血と猫白血病の二種類の病気が同時発症。免疫異常といった類は現代医療では確たる治療法がないのです。薬やお医者さんではなく、チャイ自身の生きる力に期待するしかないのでした。
最後かもという時に、お医者さんからはさらに強い薬や入院を言い渡されました。もちろん強い副作用や時にショック死もありうる治療法でした。ただそれ以外にお医者さんにも選択肢がなかったのだと思います。しかし当初から対処療法的治療に疑問を感じていた私は、もしこれがチャイ自身の寿命と言うのならと考え、これ以上の投薬治療は断って、自然にまかせて看取る事にしました。
しかしあきらめた訳ではなく、最後の最後は自宅で出来る限りを尽くして自然療法に徹したのです。お医者さんも強い副作用かショック死をリスクにしなければいけないほど打つ手がないのだから・・、ある意味気持ちが弾けたというか、とにかくあたって砕けろ状態であらゆる自然療法を試みることにしました。
輸血をしなければいけないほど赤血球の数は減少傾向にあったので、輸血をしないという選択肢は死を待つことでもありました。確かHctは10以下に。チャイの状態も起き上がることが出来ず今日明日もつか・・といった状況でした。 まず食事療法に重きをおきました。自分自身の血液を攻撃するという免疫異常のそもそもの原因を考えたからです。攻撃しなければいけない血液だからなのでは?血液が酸性化しているのでは?と。完全なる素人考えですが病気には原因があると考え、ます血液をつくるための食事の大事さを見直さなければとなりました。正直、それまでのチャイの食事は猫マンマでした。猫=猫マンマ(鰹節+ご飯)だと何の疑いもなく思っていたのですから。人間の食事にはうるさい私も、今、考えると猫も病気になるわよねって思います・・苦笑。

回復食をここに紹介しておきます。※ビワの種の焼酎エキス、※梅の黒焼き、※豆腐、ひじきを主とした野菜、魚か肉、たまに卵、※どぶろくの絞り粕、※タウリン(アミノの酸の一種)、ステロイドの代わりとなる副腎皮質ホルモンの分泌を促す食べ物(しいたけ等)、※鉄材。特に※が重要で毎食必ずご飯に混ぜ合わせていました。市販のキャットフードは一切与えていません。当然、明日死ぬかもといった状況だったので、あまり食欲もありませんでした。でもほんの少量食べてくれたので、大好物に※を混ぜ合わせ与えました。
そして血液を浄化するための腎臓・肝臓のお手当て。もともと自然療法を暮らしに取り入れていた私でしたので、猫も人間も一緒と思い、あらゆる病気のもとになる腎臓肝臓のお手当てをビワの葉温灸で。また腎臓肝臓の働きを強めるためのツボ療法をもおこないました。ビワの葉温灸はチャイも気持ち良さそうで毎日つづけました。そして日増しに回復傾向に!明日にでも死にそうな状況でしたから、びっくりしたのは私自身でした。
食欲も出てきて回復傾向に向かったので、お医者さんから頂いていたステロイドも少しずつ減らしてみることにしました。毎日のチャイの様子を見ることが出来るのは飼い主自身。お医者さんは毎日は様子を見るわけではないので1週間適量のお薬をいわれます。しかしステロイドは当初からあまり効果がなかったので、飼い主である私がチャイの様子を確認しつつコントロールして減らしていく方向に。そして通院しつつ検査で血液の容態を確認しつつ食事療法を続けていきました。どんどんとHctの値もあがっていくのを目にして食事療法に効果を実感しました。今ではすっかり元気です。病院通いももうしていません。(現在は豆腐野菜が主で魚or肉の食事です)
チャイの場合、自然療法が効果があって結果良かったと思います。ただお医者さんの治療方法を全否定をしているわけではありません。救命医療などは素人ではどうにもならないところでした。またお医者さんがいてくれることで安心感もありました。残念ながら自然療法にはあまり関心はもってはくれませんでしたが(苦笑)、ツボ療法するために腎臓や肝臓の位置を確認したり、血液の仕組みや、薬の働き(食事で血液を増やすため鉄材の提案をしてもらったり)、猫の食事なども相談にのってもらえて助かったところもあります。
しかしながらやっぱり我が家の猫のことはお医者さん任せでなく、飼い主さんが一番、その子の具合もわかっているから、お医者さんとの二人三脚をしながら、病気に向き合えたことが良かったと思います。今回は食事の大事さをあらためてチャイに教えてもらったと思います。チャイのためにお祈りをして頂いたみなさん、どうもありがとうございました!
コメント

ごぶさたでした。お元気ですか?♪
愛猫ちゃん、その後はいかがですか?

うちのは2012.12.27に逝きました、
おふくろに抱かれながら・・・

最後近く、力を振り絞って起き上がり、
水を飲んだあとおしっこ・・・で、かりかり
を少し食べて・・・みんなを喜ばせて・・・


死にたくなかったんだねぇって・・・


もう動物は飼わないって、両親も・・・
わたしも、そう言ってましたが、や
っぱり淋しくてね、去年の7月、妹
がネットで見た、捨て猫の貰い手募集
で、動物病院の先生からもらってきま
してね♪

・・・これがところどころ、逝ったあの子
に似てるようで・・・生まれ変わりだ!って
勝手に^^みんなでそう言って・・・


かわいくてどうしようもないですね、やっぱり

  • ち−ぼ−
  • 2014/06/10 21:09

動物いいですよね。一緒にいるだけで和みます。
違う種族のものと一緒に生活するのがこんなに豊かだなんて!っと感じます。
ムツゴロウはもっともっと豊かかな?(笑)
犬にせよ猫にせよ、一緒に連れ添って暮らしてきたものとの別れはつらいものですよね。
でもそれと引き換えにするぐらい喜びも貰いますよね。
我が家も二匹目の愛猫です。
かわいくてどうしようもないですね。。

  • はしづめ
  • 2014/06/29 22:41