梅雨しごと。。

梅雨ですねえ〜雨
現場のほうは二軒とも荒壁乾燥中とあって梅雨の一休み。。
あわただしかった私も、ちょっと一息つける時期です。
そうだなあ〜、毎年この梅雨の合間は私にとっては一息できる時期なのですよね手
でも梅雨には梅雨の時期だけの仕事が・・。



そうなんです。
今年、仕込んだばかりの自前の手製味噌。
この梅雨時期が一番心配汗



ゲゲッ・・・・ ねっ、カビがひそかに繁殖中アンパンマン
梅雨入り前と梅雨明け後は、チェックが欠かせないのです。
カビたちにとっては最高に繁殖日和な梅雨時期moe



表面のカビをすくい取って、表面に酒かすを敷きこみます。
この酒かす、カビ対策にはなかなかの優れものなんですよ手
酒かすを敷きこんでいればカビは全く寄りつかず。
お味噌もそれほど、酒っぽくもなりません。
おすすめハート

これで一安心。。
っと、お次に・・梅雨の晴れ間をねらって畑に・・にじ



お野菜たちもスクスクと成長をし、まさに野菜たちにとっては欠かすことのできない恵みの季節雨
梅雨がなくて、いきなり夏が来たとしたら、日本の野菜たちはこんなに豊かではなかったかもしれませんね手
なくてはならない梅雨。。



っと、同時に・・草もスクスクと伸び盛り下
こちらはあまり有難くはないのですが・・野菜以上に生命力のある草のこと、見る間に畑の風景は草一色にアセアセ
油断すれば野菜たちも草に覆われていきますから。
さっそく草刈です。まあこれも梅雨仕事と言えば、そうかな・・アセアセ



そして合間をみて・・、この時期は、これですね〜♪
ほとんど世話もしなかったラッキョですが、ちゃんと出来てました。
二年物のラッキョになります。
ラッキョは、年々、放っておくと小さくなるのです。
だいたい二年物ぐらいがちょうど良いのです。
大きなラッキョより、粒の小さいラッキョが美味しいのですよね。
まあまあの出来手



帰ってからまた一仕事。
茎と根を切って、洗って、薄皮を剥いて・・。



なんだかどうってことの無いこういった時間に、私は幸せを感じますね。。
作業をしている脇では猫たちもジャレあって、とてものどかで静かな時間です。。



食べるものを生み出していく。。
本当は、生きるって、つくづく、本当は多くのことは必要ないような気がするんですよね。
美味しい物を食べて、友人たちと幸せな時間をすごして、心地いい空気と景色のある場所で心身ともに健康で生きられたら。。
今の時代は、余計な事が多すぎるような気がしています。
戦争でもはじまれば、こんな心穏やかな時間など、どんなにお金を積んでも得ることができないでしょうに・・。



そしてラッキョって、発酵食品だって皆さんご存知ですか?
単に甘酢に漬かったのがラッキョだと思っていたら、大違いですよ〜。
ちゃんと本格的に漬けるラッキョは塩水に漬けて、2週間ほど、じっと乳酸発酵をさせるのです。
ブクブクと泡が出てきて白く濁っていきますが、これが乳酸菌が沸いている証拠手



日本の昔ながらの食品は、菌とともにある発酵文化なのですよね。
この乳酸発酵でグンっと!ラッキョの旨みが増すんです手
そして滋養的にも身体にとてもイイ、理にかなった食品になるんです。
手間を惜しんで、時間を惜しめば、本当の美味しさや良さには出会えませんね。
家づくりも一緒♪
こういった事ひとつひとつを通して、日本文化が好きになる私なのです。

そしていつもこの時期は梅干なのですが、かなり梅干が残っているので、今年は奈良漬を♪



季節折々にある日本の食。
だんだん、こういったのが好きになってきました。
食も住まいも。。

梅雨の時期、すこし仕事も落ち着いている時期に、
こういった密かな家しごとの楽しみを味わう
今日この頃でしたハート

コメント