結い土のワークショップ 五穀豊穣の家!

お盆の最終日は、『五穀豊穣の家』で結いによる土のワークショップをおこないました。
私たちとしても久方ぶりのワークショップ。
ひさびさに満たされるような気分です。

DSCF4789.JPG

”結い”とは、その昔、共同体として協力し支えあっていた時の助け合いの事です。
そういった助け合いを家づくりに少しずつ取り入れていこうと始めたのが土のワークショップ。
こちらは今日の子供たち笑

家づくりなんて、本当は、大きな大きな助け合いの輪によって出来上がっているもの。
そういった”助け合い”で成り立っているという気持ちが失われていると感じるこの頃、だからこそ昔ながらの家づくりも失われようとしていると。。
お金でなんでもが簡単に手に入る時代だけど、虚しい気がしています。だって、本当はお金では手に入らないのが昔ながらの家づくりだから。。

お金だけなら、続けられない。
きっといい物をつくろうと思っている職人さんなら、みんなそうだし、わたしもそう。
お金だけなら、もっと簡単な別の家をつくってるし笑
お金ではないところにお金以上の喜びを感じるから、歩めるってもの。

建て主さんだって、そうだと思う。
お金を出してるんだから当たり前、となれば、きっと何も喜びはないと思う。
得る物を得たという喜び?ぐらいで・・、それだってお金は自分で出したから当たり前って事になれば・・なんか虚しい世界。

DSCF4765.JPG

でも、いろいろな支えがあってこそ家が出来上がったと、思うことが出来れば、喜びは何十倍も。
(何十倍も・・って言うのは、その人次第で何倍にもという意味)
昔は目に見えない世界の者たちにも支えられて今の自分があるって、事あるごとに感謝したそうな。
感謝できるって、感謝できる気持ちがあるって、ほんとうはそれ以上ない喜びだと思う。

”つくる”という一端に建て主さん自身が関わって、また見ず知らずの人がそれを支えたり、
一緒に釜の飯も一緒に食べて、作業をする、ちょっとたいへんさも味わって、ちょっと職人さんたちの気分になりながら、共有や共感しあうものを見つけたりしながら、そんななかでただ家を建てるだけでない何かが生まれたらいいなあって〜。

DSCF4772.JPG

って、なんだか小難しい話になりましたが、
まあ、それぞれに何か感じるものがあればいいなあハート

DSCF4779.JPG

土の作業のお礼に、建て主さんからは貴重な無農薬、無化学肥料、無除草剤でつくったお野菜をお土産に、って♪
嬉しいですねハート
あらたな繋がりも出来たり、建て主さん同士の結いや動きもあって、私としては何より満足。
家づくりだけでない、何かがそこから芽生えていければ、これ以上ない喜びでもありますハート

DSCF4754.JPG

そして今日は影ながら床下掃除や

DSCF4757.JPG

トイレ掃除にと頑張ってくれたスタッフの方々にも感謝ですハート




 
コメント