辺りは冬らしく。。

今朝、今季初の霜が降り、辺りはやっと冬らしく銀色に。。
庭の畑の野菜たちも、すっかりこの寒さにカチカチです。
触ると凍っているのがわかります。
葉っぱ物大丈夫か〜ちょっと心配。



そして朝一番の我が家の室温も今季初の最低温度。
外気温は0℃寸前・・、室温は10℃。
窓はまだリフォーム中の状態で、ビニールシートを張った状態。
なのに10℃を下回っていないというのが、案外すごいです。

起きてきて、寒さに震えるというほどではない室温。
ビニール窓、恐るべし!
そして土壁に熱が蓄熱されている証拠!
スカスカの古い木造家屋なのですが、スカスカだからこそ土壁の蓄熱力が有効なのですよね。

そう、あと体が寒さに慣れて来たというのもあります。これは確実にいえる事。
寒くなり始めから比べると、気温は確実に下がってきているのに、ぜんぜん寒さを感じにくくなっている。
人間の体の適応力って言うのもすごいですね!
適応力って大事。。

便利すぎる世の中で、住まいも寒くもなく暑くもなく、冬は震える事もなく夏は汗をかくこともなくなって来ているけど、
この頃の私たちの体は夏に弱く冬にも耐えられなくなっている。
至上主義的になりつつある家・・、
しかし少々の不便さは、私たち人間にとって大事な事のような気がしています。
 
コメント