この地で新たなスタート。。

DSCF6422.JPG
この地に引越しをして1年5ヶ月、やっと我が事務所のデスクが整いました〜手
それまで小さな小さなデスクでの作業・・積もる仕事に書類や図面がデスクからこぼれ落ちそうな日々アンパンマン
やっぱり常に我が家のリフォームは後回しで、首を長くしている建て主さんのお家が最優先です。

DSCF6443.JPG
しかし、これでサクサクっと仕事ができます手
涙が出るくらい嬉しいっキラキラ
さあ、これで本格的にこの地で始動しなくてはいけない、っと言う気持ちになりました!

デスクの製作をしていただいたのは、ここ鈍川の地に私の甘い囁き?に引っ張り込まれたような
『カグマ製作所』の馬越さん。
いえいえ、ちょうど鈍川の自然豊かな地に、とてもいい工場が具合よくあったのです。
そこにタイミングよく、独立することになった馬越さんにお声をかけた次第。
しかもさらにタイミングよく、徳さんの実家の大型の木工機械一式がプレゼントされるという誘惑ぶりっアンパンマン
う〜んん、とってもナイスなタイミングだったのですよね馬越さん。

DSCF6153.JPG
馬越さんとは以前お勤め先の木工所からのお付き合い。
キッチンや家具の製作を担当していただいてました。
今も『五穀豊穣の家』のキッチンを製作中していただいている次第。

DSCF6855.JPG
しかしこの地にお誘いしたのにはまた別な理由があります。
この地にやって来たからこそ目指していきたい事が、実は私たちにはいくつかあります。
その実現のため、その仲間の一人として彼にも加わってもらったのです。

安く早く、効率優先の粗悪な物たちが溢れる今の時代に、
手仕事の大切さや素晴らしさを伝えつつ、本当に長く愛される物づくりを生み出していきたいと願っています。。
住まいだけでなく、家具や手道具。。
無くしつつある美しい物づくりの世界。

この鈍川の自然豊かな美しい景色のもとに住みはじめ、その想いがさらにはっきりと鮮明になったような気がしています。
華美でなく、奇をてらった物ではなく、長く愛されるその土地のものをつくりたい。。
住まいもそう、外国や目新しい物や最先端に私たちはついつい憧れるけど・・、
そうではない。
この地においてこの土地の気候や風土で培われ生まれてきたものを愛しながら、
そしてこれから先もずっと長く愛していけれるようなものを目指していきたいと・・ハート

そう、それは野の草のように、地味で目立たないけれども、力強く、その土地の気候風土とともに、
その地の美しい風景をつくるような草の様な生き方を思い描きます。
『野の草』
この鈍川の自然豊かな地が感じさせたことです。
これから野の草のような活動を、
この地に新たに入って来て、物づくりを愛する人たちと共に新たにスタートさせます♪
コメント