化学物質過敏症です・・

 

先日、化学物質過敏症の方から救いを求めるお電話がありました。

大阪在住CS・Hさん、今は避難生活中につき、奈良の宿泊施設を体調不良のなか転々としていると・・。宿代を含め1日1万円という出費が痛く苦しい毎日。

いつ貯金が尽きるかという不安のなか、それまでに何とか安住の地を探し住まいを手に入れなければ金銭的にも手詰まりになってしまうという焦りのなかネットで私どもの事をみつけ「信頼できるところが他には見つからない、家を建てて住めなかったでは先が無い、あなた達なら信頼ができる!」と救いを求める電話でありました。

 

ひとまずお金のかからない、そして何より”化学物質の曝露がない”仮り住まいが求められるところでした。仮住まいに暮らしながら、その後ゆっくりと慎重に(でも急ぎ足で)その後の安住できる土地や住まい探しはするにして。。

 

こちら愛媛近辺(高知県も含む地)で動く(住む事)となると、地元のCS患者さんたちとの繋がりが不可欠です。

お互いに病気のことを相談し合ったり情報交換して助け合ったりできる環境が、CSさんにとっては一番に大切だと考えたからです。

えひめCS患者会の代表の日野さんに連絡を取り、CS・Hさんの仮住まいや土地探しにCS的アドバイザーとなっていただくようお願いをしたところ快く受け入れてくださいました。日野さんは以前に、私どもでお家を建てさせていただいたCSさんでもあります。

 

日野さんの提案で、日野さんの以前の住まいが空き家となっており、それを仮住まいに出来ないかと言う案が出ました。CS対策を施した家なら、どの借家よりも大丈夫そうハート

さっそくその話をCS・Hさんに提案をし、数日間泊まってみて仮住まいに相応しいか試しに来ていただく事となりました。日野さん宅が大丈夫なら、ここにこの先ずっと暮らすというのも一つの手です手

 

CSさん、奈良から愛媛という移動だけでも、たいへんな事です。

移動中にあらゆる化学物質に曝露し体調が優れなくなること覚悟のうえです。

特にこの頃は洗剤の芳香剤がキツク、どのCSさんもこれにはまいっています・・。

タクシーでの曝露を考え、空港まで私が迎えに行くことになりました。そして初顔合わせ。。

 

その足で日野さん宅に向かいました。

日野さん宅は比較的街中でありながら環境の良い高台にあり、空気質も比較的良いところ。徒歩で買い物にも行け、車に乗られないCS・Hさんにとっては最高の場所のはず。しかし、そう願っていた私と日野さんの期待を大きく裏切る結果になるとは。

 

「周辺の空気は合いそう」

そう言って車を降り日野さん宅の玄関ドアに入ろうとするとき「ちょっと胸が締め付けられる感じ・・」とCS・Hさん。

そう完全に予定外。「電磁波過敏ではないから」と言っていたCS・Hさん、日野さん宅の隣に建てられた太陽光発電に反応をしている様子アンパンマン

本人もまったく気がついてなかった電磁波過敏症とこの時判明したのでした。

 

宅内に入っても太陽光発電の電磁波の影響で胸が苦しくしんどい様子。また宅内の電気配線からも電磁波を感じるらしく、低周波の電磁波に反応していることが分かりました。この事は今後、仮住まいおよび安住の地を探すことの難易度の高さを示しています。

またCS対策を施した日野さん宅ではありましたが、CS対策をする前の下地の匂いが臭うらしく、CS的に建材系に敏感と言えました。やはりCSさん一人一人、感じる物や感じる程度が違うのだなと再認識しました。日野さんが大丈夫でも、CS・Hさんには難しいという事・・ぐすん

 

もともとがマンションのリフォームをきっかけに発症したという事が、今の反応する素材と関係しています。

接着剤や防腐剤や防虫剤「☆☆☆☆四つ星の建材だから大丈夫だと思っていた・・」

しかし発症・・アンパンマン

そう、そう言って化学物質過敏症となった人は案外多いのです。

何が安全やら。この現状を建築業界に知ってもらいたいところです。

 

結局、日野邸では電磁波の影響と、下地の建材的な匂いが駄目と言うことで、宿泊も無理と言う結論になりました。

しかし宿泊する先に困るのがCSさん・・どの宿泊施設も化学物質で溢れているから・・過酷な車中泊?

日も暮れかかる頃、良い答えもなく「ひとまず我が家に」と・・ご提案をしました。

山奥の我が家なら電磁波の影響はまだ少なく、自然素材でリフォームがされているから、大丈夫かな?大丈夫であって欲しい・・。

ちょっと恐る恐る汗

 

 

日野さんは我が家の古畳が駄目で我が家の座敷には入れません。それはきっと畳に仕込まれた古い防虫紙の匂いだったり、先の住人の匂いだろう。

そう心配をしていた私達を横目に「ここなら泊まれそう大丈夫!」っと笑顔のCS・Hさん。

意外だわ。やっぱりCSさんは一人一人を診ながらでないと家づくりが進まない。

こうやって一緒に行動をすることでCS・Hさんのことが少しずつ分かってきます。

そして思いの外、大丈夫だったようで我が家にひとまず二泊して、仮住まいそして安住の地のための物件探しをすることになりました。

(つづき)

 

このお話はノンフィクションです。

ハッピーエンドを目指し動きます。しかしCSさんの道のりはどれもが険しいものですので、この先の結果は私にも分かりません。ひとまず精一杯動くだけ。

CSさんの多くが体験している事実のひとつとしてブログに残します。

 

 

コメント