春の陽射しのもと、大切なこと。。

 

春の陽気に誘われて、空の下に二人でお出かけ。

週末におこなわれる上映会のときの食材さがしも兼ね、春の野草たちをたくさん摘みました。

土筆に、よもぎに、カラスのエンドウに、ビワの新芽。

フキノトウが無かったぐすん

 

 

不思議、春の陽射しのもとにいると、冬のあいだに溜まった鬱々とした気分も晴れやかになりますハート

とってもとっても気持ちがいいです〜。。

草を摘んでいて、自分を感じます。

家のなかにいた時と比べて、とても深い呼吸で息をしている自分がいることを。

 

あ〜、やっぱり身体が求めているんです。

この頃、忙しく、きっと呼吸も慌ただしかったハズだから。

意識するわけでなく、身体がちゃんと教えてくれます。

 

 

自然にふれる時間が私たちには何より大切です。

この深い呼吸、そして癒される心地よさ、幸せに満ちた陽射し。

この空気を取り入れて、日々の仕事をするという大切さ。

 

もっと若い頃の私達二人は、時間がたっぷりとあって、よくそんな時間をとっていました。

今は有り難いことに頼りにされる事が増え、なかなかそんな余裕がつくれない二人ですが・・。

でもやっぱりこの時間が大切。またこの時間をつくろうと思いますハート

そう気がつかせてくれた春の一日でした〜キラキラ

 

 

 

コメント