三津の旧鈴木邸。。

20132622_1453810544707061_1498064306_o.jpg

 

 

愛媛建築士会の建築見学ツアーご一行さまが、三津の旧鈴木邸の見学に来られました車

私はその案内人として。

ここ旧鈴木邸は2年前に市の助成金をいただき、古民家改修工事をさせていただいたお宅です。。個人宅ではありますが、申し出があれば一般公開もしています。

 

IMG_6624.jpg

 

3年前はこんな感じだった旧鈴木邸。。

急遽、案内をするために工事前の写真を引っ張り出し見入ってしまいましたが懐かしい〜キラキラ

 

IMG_6626.jpg

 

IMG_6303.jpg

 

DSCF0097.jpg

 

以前はこんなだったけ・・?

と思うぐらい、かなり今は素敵に見違えたのですよね〜キラキラ

自分で仕事をしておいて!っと言われそうですけど、古民家の変わりようは目を見張るものがあります。

久しぶりにお伺いしたというのもあるかもしれません。

家主さんがとても愛着をもって古いものを大切にされて住まわれているから、

鈴木くんも愛を感じて、ちゃんと答えてくれている感じハート

 

DSCF4438.jpg

 

DSCF1841.jpg

 

DSCF1810.jpg

 

愛情を掛けてあげるとこんなにも答えてくれるのが古民家の良いところ。

古民家の改修は難しくもあるけれど、わたしも携わっていてとてもやり甲斐のある楽しい仕事。だからちゃんと古き善きものに敬意を払いつつ、昔ながらの素材や手法を使って直すことを基本としています。ボードや建材などの類を使うと安く簡単で便利に早いのだけど・・、素材感がまったく異なります・・ぐすん

もしそれでひとまず新しく綺麗になったとしても、そういった素材は数年で違いが出てきます。表面だけパッパッと繕って綺麗にしても化けの皮はすぐに剥がれてきて薄汚れてくるのです。やっぱりそれは古民家にはふさわしくない手法です。

古民家としての価値を引き出し、さらに長く愛されていく住まいとなっていくためにも、安易な即席工事ではなく、ちゃんと手を掛けてこだわって欲しいところかと感じます。

 

20132655_1453810604707055_533998725_o.jpg

 

こうやって古き善き住まいの良さを、みんなに見て感じて頂くためにも、

新築も古民家再生も同じように大切だと感じるところハート

がんばらなきゃ手

近々、また三津で古民家改修のお仕事ができそうです。がんばります〜手

 

コメント