2年目の田植え。。

我が家の2年目の田植えです!
今回は、ご縁あって高知のユリ農家『フルヤジ農園』さんが援農に来て下さいました。
農家が味方とあって心強いかぎり

ところが土曜日は残念な雨・・曇ったり雨が降ったりと
作業は思うようにはかどりません。
でも子供たちは雨でも元気がいっぱい、泥んこ大好きです。
お姉ちゃんのたみちゃんは、ずっとお手伝いしてくれました。苗代をわける作業は、草と苗とを見分けなければいけない難しい作業ですが、飲みこみも良くすぐに大人並みの仕事ぶりを。それに観察力もあって、ここにキノコがあるとか、ここにテントウムシのハネがついているとか、変わった虫がいるとか仕分け作業をしながらでも色んな事を私に報告してくれます。しっかり者のお姉ちゃんです。

フルヤジ農園ファミリーの子育ては、見ていてとてもイイ加減。”いいかげん”ではなく”良い加減”という意味です。パパは今時めずらしく子供をビシバシと躾ます。子供がイカン事をした時は父さんの雷が落ちます。感情的なものではなく、ちゃんと冷静にいつも子供を見守りながら、叱る時はちゃんと叱る感じ。ちゃんと躾(しつけ)が出来ている感じがしました。最近は子供を躾ることが出来ないお父さんお母さんも多いようです。甘やかしすぎず適度な距離感をもつことで、子供は子供で自立心をもってそれぞれに冒険し楽しんで強くなっていっている様子、イイ感じでした。ママも大らかに、パパと同様。
我が家は、子供づれの親御さんがよく来るので、色んな子育てを拝見させて頂くので子育て観察は面白い。フルヤジ農園ファミリーの育児は、適度な厳しさと優しさが混在して、イイ感じでした

  

田植えは雨が降ってあまり作業が出来なかったのですが、かわりに夜はゆっくりお酒を飲みながら、フルヤジ農園ファミリーとたくさんお話しが出来ました。私たちのHPを見て「同じ価値観だ!」っと訪れて来てくれたという事もあって、始めて逢ったという感じが全くなく、まるで長い付き合いの友人がやって来たかのように、深いディープなお話が出来ました。
フルヤジ農園さんも、未来のこと、これからの子供たちのことを一番に気にかけていて、でも・・まだなんの危機感もない世の中、変わっていけない人達に、「どうすればいいか?」と探っているよう。私たちも同じ気持ちです。諦めに似たような気持ちになる時もあるけど、小さな積み重ねが大事。そしてつながってこそ変わっていける!
こうやって同じ想いを共有できる仲間がいるというだけで大きな勇気になります。志を同じにする者、立場は農であったり住であったりとするけど、想いは一緒。だからスッと溶け込むぐらいに深い友人がやって来たかのような気持になりました。
衣食住のひとつひとつがより良く健全となって、そして手を繋ぎあってこそ、始めて循環しまわり始める!まだひとつひとつの模索の段階・・。でもそれぞれの立場で、それぞれに模索して前に進むしかない!
とても楽しい嬉しい宴でした。

  

さて翌日の日曜日も雨・・
仕方なく田植え中止宣言をして、お土産に頂いた手づくりお菓子の数々を頂いておりました。
奥さんのマサヨさんがつくられたお菓子。「適当なんです・・」と言うわりには、絶品な美味しさ!特に”きなこボール”が美味しくって、さっそく秘伝のレシピを伝授頂きました。高知のオーガニックマーケットやイベントで出展されるそうです。卵なども使っておらず安心して食べられるお菓子。きなこボールや畑のラー油、パン、オススメです。。
そして徳さんの、備後中継ぎ手織り畳表も真剣に見て頂きました。(こうやって事あるごとにコチラも発信)分かる人には分かるんだよね。。

そうこうしているうちに、なんとか雨もあがって田植え日よりに!
友人のせいちゃんも助っ人にやって来てくれて、フルパワー!
草をかき分け、穴をあけて、稲を植える。農薬で大地を汚さず、化学肥料で大地の生態系を崩さず、自然農で田植えです。みんなのフルパワーのおかげで、一反の半分は稲が植え終わりました。
フルヤジ農園さん、せいちゃん、ありがとう〜
残り半分は明日、田植えです!




フルヤジ農園ブログ
お気楽ナチュラル生活@フルヤジ農園

コメント