住まいも地産地消でいきましょう〜!

IMG_9414.jpg

 

『土間と風の家』に、今回基礎石でお世話になった大島の採石屋さん、その支援NPOの能島の里の方々が見学に来られました♪

今回初めて使った大島石。その基礎石の現場での出来上がりを見ていただき、建て主さんにも来ていただき、今後の大島石の活用方法などについて一緒に話し合うことができました。

 

IMG_9418.jpg

 

自分たちの石がどういった使われ方をされたか、実際に現場を訪れ目で見て、そして次なるアクションのために現場の声を聞いて話し合っていく事ってとても有意義です。また私たち現場の人間や施主さんにとっても、生産者や各職の生の声を聞くことが、建築というものの根底を落とし込んでいくためにも、とっても大切なことだと感じています。

いまの多くの建築現場は、そういった繋がりを失った建築といえます。

品番ひとつで、そこに携わる人と関わらずとも、またひとつひとつその背後にある現状を知らなくても、物だけが簡単に行き交いする時代です。物だけが流れる。ある意味、血の通わなくなった建築とも言えるような気がします。

 

IMG_9423.jpg

 

血を流していくのはそれに関わる現場の人間。

とくに伝統構法の家づくりではそれが言えるような気がします。

大工さんだけが生き残っても、伝統構法は残りません。伝統構法は調和の産物。

ありとあらゆる職種の職人たちが輪のように繋がってこそ、美しい和(輪)の建築が生まれるのだと感じます。。

 

IMG_9431.jpg

 

地元に石があるんだから使いたい。

木も土も草も、石も。。

そして人も!

建築というものが表面的な見た目だけでない、そこに未来につながっていくための豊かさを含んだ世界であることを感じることが出来るでしょう。

野の草はそんな物づくりを目指したい。。

 

大島石の活用。そして大島石のことを多くの方々に知ってもらいたいと思います。

石を知って感じて楽しむ企画を練り練り中。

住まいは地産地消でいきましょう!!

お楽しみに〜!

 

田植えはやっぱり我が家流。。

IMG_9390.jpg

 

じゃ〜ん!こんな事になってます(笑)。

機械をつかわず手植えでの田植えです。

1本1本、藁を掻き分け、草を刈りつつ、カマで穴を掘り、苗を植えていく。

 

IMG_9405.jpg

 

IMG_9407.jpg

 

IMG_9408.jpg

 

まるで苗たちの大切な巣箱をつくるかのような田植えになっています(笑)。

投入した藁のおかげで例年より時間がかかっている田植えですが、なんだかイイ感じにワクワクするのは私だけかしら(笑)。

 

IMG_9410.jpg

 

でもそろそろ田植えの時期もタイムリミット!

早くしなきゃ〜!!と焦りが出始めています(汗)!

こねてこねて。。

 

『土間と風の家』は大工さんがもどってきて、各職種の職人さんの動きもそれに合わせて忙しくなってきました。ちょっとずつ家の各所の部品が出来上がっていっています。

この時期は打合せや最終確認に忙しいです。

 

 

 

もろもろの取り合いの納まりの最終確認の時期でもあり、それぞれに皆が知恵を絞りあっています。

気になるところや、水仕舞いは念には念をおして長く安心して暮らしていくために、ずっと先のことまで念頭において考えていきます。

しかも美しくなくては。だから悩みます。

 

 

こういった時こそ、それぞれの考えが聞けて面白いのです。

そこに設計者の無理難題も加えつつ(笑)。

そうやって意見を出し合い、そのなかで自然と皆が納得するベストな方向に答えが導き出されていきます。

こういったちょっとした難題の積み重ねが、一品一品が手づくりであり、既製品ではないからこその物づくりの面白さでもあると感じています。

パンをこねるように、こねてこねてこねてこそ、はじめて良い家が出来るのですよね。

 

 

と・・、打合せ終了かと思ったら、まだこちら悩んでました(笑)。

そうそう、そのコネ姿勢、常にベストを目指して〜♪

『土間と風の家』の家づくりは進んでます。。

 

我が家の田植え。。

IMG_9381.jpg

 

田植えの時期がやってきました〜♪

いえいえ、もうすでにこの辺りの集落はとうの昔に田植えは終わってます(苦笑)。

集落で一番遅いのが我が家の田植えになります。。

 

 

 

庭先で草とともに、なかなかに元気に育ってくれた、種から育てた稲たち。

それを掘り起こし、田植えします。

庭先は仕事の合間でも管理しやすく、砂土なので掘り起こしやすいです。

 

IMG_9383.jpg

 

そして今年は田植えまでの間に、倉庫を壊すので藁がいらんか〜、庭を手入れしているので落ち葉はいらんか〜と、いろいろと声をかけて頂いて、焼却処分されるのももったいなく田んぼの肥やしにすることにしました。

田んぼに投入したのは良かったものの、敷き詰めた藁で草刈が困難に・・・・。

草刈も十分に出来ず田植えに突入という訳です。

我が家は耕さない不耕起自然農での田植えなので、代掻き(しろかき)※はしないこのままの状態での田植えとなります。

さてどうなるやら。

 

 ※代掻きとは、田起こしが完了した田んぼに水を張って、土をさらに細かく砕き、丁寧に掻き混ぜて、土の表面を平らにする作業のこと。自然農では田起こしや代掻きをしない一風かわった農法となります。

 

 

 

庭の草木の成長とともに。。

IMG_9265.jpg

 

梅雨の晴れ間の『往き還る家』の庭工事その後です。

庭工事は、建て主さんとご一緒に。というのが野の草スタイルです。

まあ庭工事にかかわらず出来る限り、自分たちの家づくりなんだから家づくりに関わって欲しいなあと感じます。

そうすると色々と各職種の物づくりの世界が垣間見えて、お任せでない家づくりの楽しさがありますし、一緒に草木を植えたりしながら、今後どんな風に庭で楽しもうかと、これからの庭のある暮らしに思いを巡らせてもいけます。

まずは木製のベンチを手作りして木陰に置く、という事が沸いてきて提案をしてみました。

それだけで庭に出てお茶したり、草木を観察したり、ちょっと一息つける、第一歩になります。

 

 

IMG_9231.jpg

 

リビングやキッチンからの眺めもとても良くなりました。

暮らしのなかでいつも草木の揺らぎを感じてほしい。。

それが野の草の設計コンセプトでもあります。。

 

IMG_9238.jpg

 

それと今回、蒼園さんのご協力で廃レンガを分けて頂いて、建て主さんとアプローチづくりをすることにしました。

あまり職人技がいらない素人施工で出来るアプローチ。廃レンガ活用といっても、ねっ、贅沢なぐらいの素敵な雰囲気の玄関アプローチになったでしょ。綺麗なレンガを、蒼園さんありがとうございました!

 

IMG_9271.jpg

 

そして、すずちゃんも一緒に庭づくりしましたよ♪

ひとつひとつ我が家の思い出として心に刻まれるといいなあと、ほのぼの風景。

草木を育てたり、水をやったり、土をいじったり、季節の花を飾ったり、お庭で楽しんだり、これからいっぱいして下さいね。

こういった事が、子供たちの五感を育てるうえでもっとも大切なことだし、家族とのこの家での緑溢れる思い出となっていくことでしょうし。

 

自分たちがつくった庭ならなおの事、これからもいっぱい庭に関わって欲しい。

すべてプロにお任せすると、なかなか素人さんでは手を入れにくい庭になりますが、こうやって一緒に関わって庭づくりすることで、庭とのお付き合いの第一歩という訳です。

これで『往き還る家』の家づくりは終了。。

これから時々、お邪魔するとき、庭の草木の成長や変化が、設計者の何よりの楽しみでもあります。そして草木の成長とともに家族の暮らしもさらに豊かに増していくことを願っています。

また機会あればその後の庭の様子や暮らしの様子などもご報告したいところですね。。

 

IMG_9259.jpg

 

 

 

 

初夏の保存食づくり。

IMG_9138.jpg

 

わあー!ラッキョがたくさん採れたよー♪

二年もののラッキョです。

ラッキョは、粒の大きい一年ものもイイけど、二年ごしのものは粒が小さくはなるものの実が引き締まって美味しくなると言われています。収穫をグッと我慢して育てた、無肥料無農薬栽培での二年ものの我が家のラッキョたち。

っと言ってもラッキョなんて土に埋めておけば勝手に育ってくれる手間いらずなのだ〜(笑)

 

IMG_9141.jpg

 

こんなには食べ切れん!と思いつつ、

誰におすそ分けしよか、実家に送ろうかと、頭で想い巡らせながら、ひとまず鮮度が落ちぬうちにラッキョの下ごしらえ。

根っこと、葉っぱを切り落とし、下漬けをします。

 

IMG_9164.jpg

 

こういう作業、好きです。

ゆったりと空気が流れていて。たまにはこういうゆとりの時間も必要。

普段ゆっくりと話が出来ない事も、徳さんと二人、お茶しながらラッキョ作業。

和やかな時間が流れます。茶美さん(猫)も傍らでつかず離れず。

 

IMG_9167.jpg

 

そして下処理したラッキョの薄皮をとるために、水でゴシゴシ洗いました。

次に下漬けのために瓶詰めして、食塩水と酢を合わせたものに浸し、これでしばらく乳酸発酵させます。

でも・・ん! こんなにラッキョって、少なかったっけ〜?

っと思うぐらい、葉っぱと根っこのボリュームが大きくて、あっけないぐらいに目減りしたラッキョたち。収量2.7キロでした。

でも我が家では十分に楽しめるラッキョ漬けに仕上がりそうです。

 

IMG_9178.jpg

 

 

庭のめぐみ。。

IMG_9046.jpg

 

あとすこしで、完成して1年をむかえる『往き還る家』の庭工事が始まりました。

息の長い野の草の家づくりでしょっ(笑)。

 

庭づくりを家づくりと同じぐらい大事にしている私です。

庭のない家なんて、ありえない・・。

どんなに自然素材の家であっても、どんなに素敵に家ができたとしても、所詮、家は人工物にすぎません。自然の草木や緑たちが与えてくれる恩恵には足元にもおよびません。

 

庭の草木たちは日々刻々と変化し、春から冬まで絶えず、感動や潤いを与えてくれます。

春には草木の芽吹きや咲き乱れる花々に春の到来を知り、初夏には萌えるような緑たちから躍動的なエネルギーや緑陰の涼やかな風を与えてもらい、秋には枯れていく落ち葉や草木に一巡りの命の終焉や儚さを感じます。

何気ない日々の暮らしのなかで、草木たちの様子にほっとさせられ癒される事はとても多いです。

庭の手入れなど手間もかかるのが庭ですが、その恩恵は計り知れず、知らず知らずに私たちは多くの恵みをいただいているように感じます。草の管理も大変だけど、むしろ自分好みの草花を増やしつつ庭を育てる楽しみを味わってもらいたい。

「庭の草管理が・・」と考え苦に思う人は、きっと育てる楽しみを知らない人。

ぜひに、小さなスペースからでも♪

 

今回も蒼園さんにたくさんの庭木を植えていただきます。

木が植わるだけで、その場の空気が一変!

ほらね、草木たちの恵みは偉大です。。

そう私たちは緑の星、地球の住人だから〜。

草木たちと共に生きる喜びを、DNA的な細胞レベルで、きっと感じているのかも。。

 

IMG_9088.jpg

 

 

 

1年生は山を登り中。。

 

新入社員1年生のきよさん。

軸組み模型と格闘中。

 

 

その傍では猫も参戦中。。

いえ、完全に邪魔してます笑

きよさんの作業が気になる茶美さん(猫)です。

 

1年生で軸組み模型はちと早いかと思いつつ、でも勉強がてら軸組み図を書かせて模型をつくらせてみることにしました。

そうする事で立体的に具体的に木組みの造りが理解できやすいのではと。

私が1年生のときは、構造材の名前や造りすらよく分からなかったなあ〜。

桁や柱や土台が、どんな風に引っ付きあっているのかも・・。

でもこうやって一山超えると、いろいろと理解できて見る景色が変わってきます。

軸組み図の間違いにも自分から気がついたようだから手

 

 

 

ゆっくりじっくりと良い風が流れて。。

 

『土間と風の家』も荒壁の最終工程の貫伏せにはいりました。

家の名前のごとく、よく風の通る家で、荒壁塗りのスタートが遅れたものの土壁があっと言う間に乾燥し、予定より早く荒壁工事を完了することが出来ました手

 

 

一般的な家づくりとはまったく時間の流れ方がちがう昔ながらの家づくりの現場。

じっくりゆっくり進む家づくりだけど、ひとつひとつ目に見えないところで職人さんたちが手をかけてくれています。

貫に塗りつけられた土壁が割れないように貫伏せも、建材ものではない棕櫚を使ってくださっています。棕櫚ひとつだって、作業が出来ない雨の日に左官さんたちが1枚1枚棕櫚を手作業で広げる作業をしてくださっているという手のかかった材料。古臭そうな材料だけど、やっぱりこれが1番長持ちして丈夫でいいと野の草の家づくりには使ってくれています。本当にありがたいことハート

 

 

建主Tさんも現場に差し入れをもって荒壁最後の作業の応援です手

休憩時間は職人さんたちが伝統技術的なことや仕事のことを色々とお話してくれます。

そんな声に耳を傾けながら。。

『土間と風の家』は、ゆったりとほのぼのとした空気が心地よい風とともに流れてましたハート

さてそろそろ大工さんが現場に帰ってきますよアンパンマン

今治タオル

 

休日のきのうは雨降り雨

以前からタオルを買い換えようと、今治タオルフェアの開催を心待ちにしていたのだけど、雨・・。こんな雨の日にタオルを買いに行く人もそうはいないだろうに・・と思いつつタオルフェアに車

 

すごですね〜今治タオルって、雨にも負けずなんのその!

雨のなか予想に反する大勢の人手でした手

雨に濡れつつ、お気に入りのタオル探しをしましたが、フェアではB級品や在庫処分などでタオルがとっても手ごろな値段なのです。。

もちろん今治タオルと言えば、今や人気のタオルブランドのひとつ。

そんな今治タオルが年2回のタオルフェアでは、すごくお得な値段で買えるんですハート

ブランドタグ付きのものもたくさんあります。

わあ〜今治に住んでいて良かったアンパンマン

 

 

我が家も買い替え時期なので、たくさんタオルを購入しましたよ。

今治人の家にはご贈答やら買いだめしたタオルが、どのお宅もダンボール1杯分ぐらいはあるらしいけど、それにしてもフェアでの人手に、今治人はタオル好きなのかもとビックリしました。

でも質の良い安価なタオルに出会えて、その気持ちがよく分かりましたハート

みなさまも、ぜひ今治タオルを。