わいわいと結いたのしく!

 

『土間と風の家』の結いワークショップを、建て主さん友人と野の草の参加者たちで昨日おこないました。

結いとは、その昔、共同体として協力し支えあって助けあっていた時の助け合い作業のことで、昔は家づくりもお互いに力を貸し合って造られていました。こういった機会を少しずつとり戻していこうという野の草的取り組みのひとつ。

雨予報だったお天気も味方をしてくれて、心地のいい結い日和となりましたハート

 

 

↑土壁づくりを自分たちで体験

結い作業の前に、土壁ってどんなつくり?かを知ってもらうために実際に竹小舞いから掻いてもらいました。。土壁の中身ってどんな造りかを知らない人も多かったようで、竹小舞体験にワクワクドキドキの様子ハート

↓そして荒壁塗り。昔ながらの左官しごとにみんな興味深々でした。

 

 

 

 

土ってどうしてこんなに楽しいの〜、土しごとは皆をワクワクさせる不思議な力があります手

そして結い作業。床の冷気をさえぎるための断熱土入れ。これは野の草の特殊仕様。。

 

 

 

重い土運びに女子たちも凄い馬力を見せてくれました。土しごとの女子力高し!笑

 

そして友人宅の建築のお手伝いができるなんて、とっても楽しい〜

と建て主さんの友人たちのうれしそうな声!

そうよね。建築ってお任せでなく、やっぱり皆で関わりあいながら造りあげていくのが本来の姿であると感じます。そこに、失われつつある関わりあう楽しさを思い出させてくれましたハート

やっぱり結をとり戻そう!

 

 

 

家守屋の大工さんも伝統構法を発信していく機会として結いに参加してくれました手

こういった職人さんたちの生の声には、強い響きがあります。

お昼はお待ちかね、建て主さんによる心ばかりのお振る舞い。

間違えて100人分のカレーを用意したようで笑

『土間と風の家』の建て主さんにはいつもお腹を抱えて笑わされますアンパンマン

食べ放題でお腹もいっぱいにアンパンマン

 

 

 

 

みんなの楽しんで作業している様子に、

『土間と風の家』での家づくりの思い出がここでもひとつ刻まれていっている様に感じました。

また次回、『土間と風の家』での第二段・結いワークショップ、5月ゴールデンウィーク明け予定です。

お楽しみにハート

 

 

 

「結いワークショップ IN 土間と風の家」のご案内



『土間と風の家』にて、結(ゆい)による床に土を塗るワークショップをおこないます。
『土間と風の家』は先ほど国土交通省より、伝統的な住文化を継承しつつ、省エネなど環境負荷の低減を図る
サステナブル住宅の先導的モデルとして採択された家です。

近年さまざまな住宅メーカーから、高断熱、高機能住宅などが発売されていますが、伝統的な住宅は日本の蒸し
暑い気候に適した住宅であり、かつ持続循環型の家づくりです。山を元気にしていったり、伝統的な地場の職人
を活かしたり、美しい景観づくりにも寄与し、また大地の土にかえっていく事のできる素材での建築は、長い目
で見ても子供たちへ負の遺産を残さない環境にやさしいサステナブルな住宅であると、国のほうも少しずつこう
いった伝統的構法の家づくりを認め始めました。

ぜひこの機会に伝統的な家づくりを体感していただき、少しでも多くの方に昔ながらの住まいの良さを知って頂
ければ幸いです。
当日はワークショップ以外に、土壁がどんな風に作られていくのか竹小舞を掻いたり、荒壁を塗ったりと、土壁
作業をほんの少し体験して頂きたいと思っています。

『土間と風の家』の竹小舞の様子↓↓野の草ブログ
http://aastudio.jugem.jp/?eid=348

◇◇土のワークショップの作業内容は・・
泥土(壁につかった荒壁の泥土)を1階床の断熱土として、床下にいれる作業となります。土は蓄熱効果もあり、
室内の熱を逃がさず蓄える役割をはたし、土にかえり自然にも優しい断熱材となります。
土は想像以上に重たくてたいへんです。でもこの土が住まいを心地よくしてくれます。

当日は、建て主さんがお昼を準備してお待ちくださっています。。
ぜひお手伝いにきてください〜。。
待ってます〜♪

【日時・スケジュール】  4月15日 日曜日 雨天決行
   9:30 <集合>『土間と風の家』(松山市石手)
  10:30〜15:00 土のワークショップ
      
【参加費】無料
【その他】お子さま同伴も問題ありません。
     一緒に土しごとを楽しんでください。

【締め切り】4月12日まで
      お昼の準備等がありますので早目に連絡を頂けると助かります!
      申し込み後、詳しい地図と案内をメールでお送り致します。
      
□□ 申し込み>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>お早めに。。
  □参加者名                    
  □参加者名
  □参加者名
  ※代表者連絡先(住所と携帯番号) 
  ※メールアドレス
  ※その他(何かあれば) 

◇◇『結い』・・とは、
その昔、共同体として協力し支えあっていた時の助け合いの事。
昔は家づくりもお互いに手を貸しあって造られていました。
そういった事も少しずつ取り戻していきたいと考えています。



*** 野の草  設計室 ***
http://nonokusa.life.coocan.jp

野の草のブログ
http://aastudio.jugem.jp/

□-----794-0121 愛媛県今治市玉川町鈍川丁298-1
□-----TEL/FAX 0898-55-3021
□-----E-MAIL asuka-archi@nifty.com 

合間に。。

 

我が家のリフォーム、その合間に、設計士&大工で槍鉋で削ろう会を楽しみました手

大工さんの槍鉋・せいのすけ作と、MY槍鉋・白鷹作にて。

材は、木村邸より引き上げてきた撤去材にて、我が家の台所カウンターとして第二の人生を果たしていただきますアンパンマン

ただ何の樹種かちょっと分かりませんアンパンマン

 

 

野の草の新しいスタッフ(きよさん)も槍鉋に初挑戦です手

 

 

 

綺麗にシュルシュルっと削れるとたまらなく癖になって面白いです。

時間をかけて綺麗に仕上がっていたのに、逆目があって一気に台無しになると、それを直すのにさらに逆目のドつぼにハマッテいって心折れそうにもなります笑

そんな風に、木と対話するのが削りの面白いところですね〜アンパンマン

 

 

 

で、写真を撮って、後で見直したら

この人のポーズって、かなり変でした笑

なんでそんなに傾いてるのっ!

削り方も人それぞれで面白いですね〜

思い出にのこる我が家のリフォームでのひとコマになりましたハート

 

↑夕方おそくまで・・削りが気になる面々たち

 

さて、次は・・『土間と風の家』にて建て主さんを巻き込んで削ろう会を企み中ですわらう

これは家づくりの定番にしなきゃねっ手

今治の活版印刷。。

 

4月から新たにスタッフが入ることになり、名刺も新しくすることにしました。

活版印刷でお願いしたく探していたら、ちょうど独立したばかりの若い活版印刷屋さんを地元今治に発見手

大きな機械式の活版印刷ではなく、手動式の印刷機で1枚1枚手作業でやっている様子に、野の草らしさを感じ、野の草の名刺をお願いをすることになりましたハート

 

 

今の時代の効率や手間や作業性とかを考えると名刺を1枚1枚手作業で・・って、ちょっとびっくりするところですが、なんだか私たちがやっている家づくりと通ずるような感じ。komorebiの田中さんも手作業ならではの温もりのあるものに魅力を感じるそうで、必然的なご縁だったのかもしれません。

写真はまさに1枚1枚作業していっている様子といった光景。

どことなくラブリーでしょハート

 

名刺に使用した紙は、牛乳パックをリサイクルした手漉き紙です。

三陸の福祉施設の方達によってこれまた1枚1枚手漉きしていった紙にやっぱり同じ愛おしさを感じ、選びました。

「 NOZOMI PAPER ® 」

http://www.nozomipaperfactory.com/

 

 

シンプルな名刺のデザインは野の草によるものですが、手漉き紙と活版印刷の風合いが奥深い愛着を感じさせて、離したくない一品に仕上がりましたハート

1枚1枚顔つきが違うのがまた愛おしさを感じさせます。

120%満足で、komorebiの田中さん、ありがとうハート

今からお嫁に出すのが寂しいぐらい笑

手に取って捨てられることもあるだろう名刺だけど、でも手に取ってくれる方に何か手づくりの温かさみたいなものが伝わると良いなと思っています。

 

今治の活版印刷屋 Komorebi

http://komorebi-kp.com/

 

 

家づくりの一瞬。。

 

『土間と風の家』は竹小舞の作業中。

家づくりの一瞬でもある、この美しい光景に

しばしウットリする瞬間です。

 

 

建て主Tさんがこの竹小舞中の現場を訪れた際、

一緒にきた2才のお子さんが『わぁ〜きれい〜!』と現場に入ったとたん声に出して言ったそうな。

まだ数多くない言葉から、この竹小舞の様子をみて

まだ小さな子供からそんな言葉が自然と出てきたことに、

この家づくりをやっていて誇りに思えました。

小さくともその五感全身でしっかりと感じてくれていること手

 

 

木と土と自然の素材から生み出されていく住まいは、心を育んでくれる住まい。

性能重視や機能重視だけで住まいを建てては欲しくはない。

それは人が生き物として住まう家だからこそ。

もっともっと伝えていきたいものですハート

 

 

 

 

親子共演で。。

 

春暖かくなって私の周りも色々なことが動き始めました。

4月からはいってくるスタッフの住居整備や事務所スペースを拡げる作業をしています。

『土間と風の家』の大工さんがタイミングよく左官さんの荒壁作業中で小休止であり、

大工工事にはいって頂いています。

 

 

コツコツこつこつコツコツと親子共演での作業。

こうやって師匠と弟子の関係で仕事が受け継がれていくんだなと

今は日々楽しませて頂いております。

 

 

 

 

こだわりのイ草をもとめて土佐へ。。

 

畳表をもとめて高知へ行ってきました。

っと言っても、私が探しもとめている貴重品種を育てるイ草農家さんは全国でもほんの僅かです。まさか愛媛と高知というこんな近くにいるなんてとは思いませんでした。

 

実はずっと畳屋さんを通して、耐久性に富む貴重品種である『せとなみ』を栽培する農家さんを探していた私たち。

もうそんな品種のイ草を栽培しているところなんて貴重な存在なのです。

この頃の畳表は出来た時が一番綺麗で、しかし昔のように使い込みに耐えて使えば使うほどに黄金色に艶が出て美しくなるような畳表を、入手することが難しいのが現状です。

「えっ!使えば使うほどに美しい黄金色に変わって艶が出て擦り切れや磨耗に強い畳なんてあるの??」っと言う声が消費者から聞かれそうですが・・、この声自体が畳の評価が下がりきってしまったことを物語ります。

 

 

実は畳屋さんの多くは、出来た時の見栄えの良さを一番に気にされます。ほんの少しの色妬けや褪せなど均一性に欠くような表は評価が低く、如何に全体的に均一な青さ美しさであるかが最優先だと考えている、それが今の畳業界です。

(う〜ん・・これは畳だけでなく建築業界全体の業種に言えることでしょ・・)

イ草の見た目の綺麗さ追求するために灯芯が十分に詰まりきらない若い時期で青々したイ草を刈り取り、また見た目の良さや栽培のしやすさをもとめて繰り返される品種改良は、そこにあった畳表として無くして欲しくない中身を二の次としてきたと言えます。

でも畳が出来た時が一番美しい・・・・実のところ私たち消費者が本当にもとめる畳表とは、それはちょっと異なる方向性だと感じるところです。出来たときに綺麗だというのは有難いことではありますが、優先順位としてはやはり使ってなんぼの世界です。使い始めたら、どんどん磨耗して摺れて、色合いも青かった時点が一番美しいかったのでは・・そもそも話になりません。畳なんてこんなモンか・・やっぱりフローリングのほうが良かったとなります。たまにしか使わない部屋が畳なら綺麗だけで良いのかもしれませんが、広めていきたいのは畳を主居室として使う畳のある座の暮らし。そのためには昔のように使用に耐えるしっかりと長持ちする畳でないといけません。

昔はもっと使い込みに耐えて使えば使うほどに黄金色に艶が出てその表皮に、畳の心地よさや美しさ良さがありました。

 

 

今回訪れたイ草農家さんの野村和仁さんは、頑なに昔ながらにあった畳表の良さを守ろうと努力されている方であり、お会いしてその生き様や物の考え方など共鳴するものを感じました。

貴重品種である『せとなみ』を使った白系の表は、今の見た目重視の畳業界での評価は小さく、あまり栽培してもお金にならない。よって多くの農家さんは「畳表としての昔ながらの白系品種」ではなく「売れる新種」に乗り換えてきたそうです。

なら?どうしてお金にはなりにくい品種を栽培しているのかと言うと、そこには今の時代のお金では評価されない良い物、失ってはいけない物があるからだと言う想いが野村さんにあるからです。売れるための青さではなく、灯芯が詰まって表皮が厚く硬くなるまで収穫を遅らせることで高まる耐久性。それは見た目の綺麗さで売れるものを作るのではなく、畳表として長く丈夫にもつ昔本来の良さを受け継いだ物を作るという姿勢があります。

なんだか私のやっている伝統構法の家づくりと同じだと感じましたアンパンマン

野村和仁さんが栽培するイ草は在来種の遺伝子を多く残す昔からの品種『岡山3号、せとなみ』で栽培されているため表皮が厚くて硬く、灯芯が詰まっていて、全国で生産されている畳表の中でも他の追随を許さない耐久性を誇るイ草です。

 

 

「お客さんを裏切れない、お客さんに満足してもらいたい」という想いから、頑なに栽培をつづけているのが野村和仁さんの『岡山3号、せとなみ』での『土佐表』。卸店やセリという既成の流通に疑問を抱き、何とか流通に頼らない販売をしていきたいという想いから自ら営業販売をしていますが、その販売方法にも共感したところです。

いくつもの卸店を経由していく建築業界全体の流通システムには、私自身もずっと疑問を感じてきたところです。

生産者や作り手の想いやこだわりが現状の既成の流通システムでは届かない上に、本来作り手に届くべきお金がちゃんと落ちてこないという問題があります。野村さんは「やっぱり折角農家の想いで商品を作って流通に乗せても、消費者に届く間にその想いは打ち消されてしまって、いつの間にか流通業界の思いの商品に変えられてしまう現実がある。卸屋に、農家の代弁者となって農家の想いや商品の本当の魅力を伝えて欲しいと言っても、逆に自分たちにとって売りやすいもの(見た目の良いもの)を作ってくれと言われる。そんなところにやっぱりこう腹立たしさというかやりきれないものがある。」と語られていました。

 

私たち自身、備後手織り中継表が作られている値段と売られている値段との差に驚愕し、良い物もこれでは欲しい人には手が届かなくなり、貴重な技術も無くなっていくのをただ待つしかないと感じたのも、今の既成の流通システムに問題を感じたから。野村さんのお話はまさに良い物づくりをしようとする作り手が抱える叫び声でもありました

 

 

『岡山3号、せとなみ』のイ草をつかった畳表は、高知県でも野村和仁さんの畳表のみ。

表にはその名前が印字されています。『せとなみ』もいいけど、昔ながらの在来種である『岡山3号』はとても魅力的!

私たちも『土間と風の家』に使う畳表を購入してきましたハート

せとなみ一番草を使った麻麻ダブルでのランク。一番良いランクの畳表で、なかなか安さ優先で売れない表だそうですけど・・、長く使っていくに相応しい畳表にたかが1枚2000円ほどの増額を消費者は出せないわけではありません。

大切なのは、長く畳の心地よさを知って味わってもらう事、そんな本物の畳を提供していくことこそ、

畳の文化を守っていくことになりますからね手

この表が『土間と風の家』に使われて、そして時とともに黄金色に変化し艶が増していく姿、そういった光景を心待ちにできるのも畳がある楽しみの一つかと思います。

 

野村和仁さんの畳表を購入したい方は!

まずは土佐観光styleにお問い合わせください。

そしてまずはこのページをチェックハート

↓↓

https://www.tosa-k-style.org/tosaigusa-real

 

家づくり塾でも、この畳表を知る機会をぜひつくりたいものです。。

高知ツアーか〜車

 

 

 

 

 

人の賑わいに木村邸も開かれて。。

 

ご報告が遅くなりました〜。

三津木村邸のこけら落としとなる初イベント、愛媛大学社会共創学部の山口先生のもと「地域に開かれた建築空間のあり方について考える」シンポジウムがおこなわれました♪

 

 

「地域に開かれた建築空間のあり方について考える」という木村邸もが抱えている難解な課題について、アサダワタルさんや中ムラサトコさん佐々木陽平さんの軽やかなそして地域を想うアートスティックなノリで、楽しい新たな解が見つかるのではという期待感をもたせてくれる集いとなりましたキラキラ

私のほうの建築のできる役目なんてたかがしれています。あとはどういった人たちがそこに魅力を感じ集まっていくか・・。そこには自由な発想を縛らず強制せず、実験的で楽しめる場、そしてそこを愛して想う気持ちが大切なのかもしれませんハート

 

 

 

 

 

写真を整理していたら9年前の懐かしい木村邸の写真が出てきましたキラキラ

ずっと変わらないこと、当時も今と変わらず木村邸を想う人たちで木村邸が支えられてきたこと。人はそこに何を惹きつけられ、やって来るのかはぞれぞれなのかもしれないけど、

見違えた木村邸の今後もずっと変わらぬようであって欲しいなと願いますハート

 

 

 

 

木村邸こけら落としイベント♪

 

木村邸改修工事もお陰をもちまして、ひとまず無事終了いたしました〜ハート

ボランティア方々の協力のもと、予算外見積外のことが予想以上に出来たこと、
おかげさまで木村邸も予想以上に見違えました♪

古民家改修はお金だけでお任せというより、こうやって皆で助け合いながら

その良さをとり戻し価値をあげていくのが性に合っています。

ボランティアさんの力あってこそですねハート

 

 

さて今週土曜日、木村邸のこけら落としとなる初イベントとして下記が開催されますキラキラ

私もパネラーとして登壇させていただきます。

ぜひふるって、新しく生まれ変わった木村邸にお越しくださいませハート

 

地域に開かれた建築空間のあり方について考える

【概要】
文化活動家・アーティストであり、『住み開き』、『コミュニティ難民のススメ』などの著者でもあるアサダワタルさんを、メインゲストとしてお招きし、地域社会に開かれた空間のあり方についてお話をおうかがいします。

会場となる三津・木村邸は築130年。三津を代表する古建築の1つです。しかし、年月の経過による痛みが看過できなくなってきたこともあり、2017年秋より改修工事が進められてきました。おそらくはこのイベントが、改修後初のイベントになります。

そこで、アサダさんを、木村邸改修関係者および地元・三津のアーティストでお囲みし、古建築の活用方法や、楽しいハコのつくり方について議論する、トークセッションを企画してみました。また、ミュージシャンでもあるアサダさんと、地元三津のアーティストとのセッションも企画中です。文字通り「鳴り物入り」の楽しいトークイベントになるものと思われます。

参加費:無料

 

3月17日 土曜日 14:00 - 16:10

三津 木村邸

〒791-8061 愛媛県 松山市三津1丁目11-5


【基調報告】
アサダワタルさん(office事編代表)
「社会のネジをゆるめる。:表現による場づくりについて

【話題提供】
橋詰飛香さん(野の草設計室代表)
「昔ながらの家づくりと古民家再生」

中ムラサトコさん(音楽家)・佐々木陽平さん(アトリエココ主宰)
「素敵なハコの条件」

【クロストーク】
アサダワタルさん
橋詰飛香さん
中ムラサトコさん
佐々木陽平さん
山口信夫(愛媛大学社会共創学部)


【予約方法】
愛媛⼤学地域創成研究センター 塩出·瀧澤
「3/17シンポジウム申込み」と題して以下まで所属·⽒名·連絡先をご連絡ください。
Email:kensien@stu.ehime-u.ac.jp
FAX:089-927-8820
※参加承諾の返信はいたしません。定員超のお断りの場合のみご連絡させていただきます。

主宰:愛媛大学地域創成研究センター

 

 

 

ラストスパート中。。

 

三津の木村邸改修工事もあと少し。

ボランティアさん達もラストスパート中です手

常連ボランティアさんもいれば、旅の道中に寄ってお手伝いしてくださるボランティアさん、広島とかご遠方から来られる方もいます。ボランティア作業っておもしろいですねアンパンマン

そして古民家好きの多いこと手

そんな感じでいつも初めてな顔ぶれ同士でワイワイとやっています。

 

 

しかも先日は『わ・ふ邸』のお施主さんや建築仲間の友人もお手伝いに来てくれましたなみだなみだなみだ

これは私が嬉しいっっっーハート

 

 

友人は庭の手入れをしてくれて、カオスとなりつつあった手つかずの予定外の庭を綺麗にしてくれましたハート

『わ・ふ邸』の施主さんには天然酵母パンの差し入れまでしてもらって、幸せハート

みんなの手が加わって木村邸も以前の面影がないぐらいに綺麗に見違えましたキラキラ

 

 

そして畳がはいって、ボランティアの特権?で、新畳に一番のりアンパンマン

畳に珈琲をこぼさないかドキドキしながら(笑)、こういう体験も良いものでしょハート

明日でいよいよ木村邸改修工事のボランティア作業は最終です。

ぜひあなたも来ませんか〜ハート

3月6日10:00〜17:00(1時間2時間でも結構です)

三津木村邸(三津1丁目 三津の渡し船ちかく)

お昼をはさむ方は昼食付きとなっております。

こちらもボランティアによる賄い飯!

Welcomeです〜♪

 

↓職人さんも最後のラストスパート中。。