目にみえない仕事たち。。



こちら『五穀豊穣の家』です。
竹小舞が掻かれると、いよいよ待ちに待った荒壁工事だなあ〜といった感じです手



竹小舞に使われる竹、こちらの竹もなんでもOKと言う訳ではありません。
こちら竹屋さんが吟味した竹です。
もう年々、竹屋さんがいなくなっている現状・・。
ほんと絶滅危惧職と言っていいかもしれません・・なみだ
竹を使うことがなくなったこの頃ですものね。
家にしろ道具にしろ、竹が使われることは無くなっています。

竹、ってとっても凛としていて清清しく、ちょっとあるだけで空気感が違ってくるんですけどね。
私のほうは竹小舞にかぎらず、手摺にしたり、タオル掛けにしたり、格子に使ったり、濡れ縁で使用したり、建具の装飾としてなど、家の随所に積極的に竹を使っていってます。
見直していきたい竹。。



竹小舞の竹です。
特別に手割りしていただいています。
っと言うのは、竹小舞の竹も、今は効率をあげるために、その多くは機械で挽かれているのが一般的。
でも手割には手割の良さというものがあって、手間をかけて左官さんが割ってくれている次第なのです。



↑機械で挽いてしまうと、その断面は平たくなります。
でも手で割ると、曲がりが残るので、その断面強度はだんぜん強くなってくるのです。
左官さんも「強い壁をつくるんやったら、割り竹を。」と言ってくれます。
とくに五穀豊穣の家の壁は、5寸の柱にしっかりとした厚みで壁がつく、
こういった目に見えないところが重要なのです。

お世話になっている左官さんは、こういった手間がかかることを一つ一つしてくださる方。
竹を割ったり、棕櫚を使ったり、土を熟成したりと。
なかなか一般的な左官さんがしない事を、手をかけてくださるのです。
でも実際この作業は、現場でするのではなく、自分たちの作業小屋でコツコツとする作業なので、なかなか建て主さんにはまさかそんな事をやっているなんて、といった感じではないでしょうか。
現場で見える仕事だけが仕事ではなく、職人さんたちの仕事って、とくに本来の仕事をする職人さんは、目に見えない仕事が多いんですよね〜。



↑以前の写真
棕櫚を一枚一枚、その繊維を地味に広げていく作業。
ほんの少しお手伝いをさせていただいたことがありますが、ほんと気が遠くなる作業ですよ・・。

また竹も、虫のこない時期に伐った竹が使われます。
竹っていつ伐ってもOKではないんですね。
やはり木と同じで伐り旬があるようです。
っと言っても、自然の素材のことなので完璧なことはなく、なかには虫が出ることもあります。
友人の竹細工職人も伐り時期を選ぶものの、虫には泣かされているようですし、なにごとも完璧を求められる方には自然素材の道具や自然素材の家は向かないと言えますね。

目に見えないところでコツコツと。
おかげで五穀豊穣の家の壁土は、2年寝かせた良質な熟成土にあたりました〜♪





いい熟成土は見ればその違いがだんぜん分かります。
なんだか放つエネルギーがぜんぜん違う!
しっかりと土から見極めなければ、ただただ土を寝かせても良質な熟成土にはならないと左官さん。そのなかなか土を見極めるのが難しいのよね。



建て主Oさんたちも嬉しそう。
その違いの良さが分かるからこそですね〜♪



和やかな空気が流れていきます。。
積極的に、手を使い、体を使い、関わりながら家づくりをすすめていきましょう〜ハート


 

手のかかる家。。

五穀豊穣の家、あまりの風の強さに棟梁の大石さんもぐすん
雨よけ用のブルーシートも剥がれて飛んでいってしまうぐらいの風。
そこに雨・・となると、大工さんも気が気ではありません。
風が強いとは聞いていたけど、なかなかの職人泣かせの風です下



こういった自然の状況は現場ごとに違うので、その都度その現場にそった対応が求められ、私たちも頭が痛いところです。
いまどきの家ならあっと言う間に完成してしまうところですが・・
昔ながらの家、土をつけたり乾かしたりしていると、風通しも必要で、窓だってなかなか入れられない下



見えないところで気苦労が多いのですよね。
でも気苦労させられるからっと言って、建て主さんにお金を余分に頂く訳にはいきませんから・・。
だからだんだんとこういった手間のかかる面倒な家が、無くなっていったんだろうな〜と思います。

自然の素材って言うのは、手間がかかる素材なのです。
気をかけてあげて、手間をかけてあげないといけないのですよね。



そうこうしていると棟梁の大石さん
柱や窓枠など化粧で仕上がってくる木材にすべて養生をはじめ出しました。
ねっ♪
これも気をかけてあげる、って事のひとつハート



↑かなり立体的で細かい養生!

これから長丁場になる現場です。
左官さんがどんなに頑張っても汚さずに壁を塗ることは不可能ですし、他の職人さん達だって不意に傷をつけてしまうかもしれないから。
棟梁は先々を見越しながら、そういった全体の細やかな気配りをしていくんです。



養生費だって、手を抜けばあまり掛からずに済むんだろうけど・・アンパンマン
こういった誠実なところは見ていて気持ちが良いものです。
みんながみんなこんなに丁寧というわけではありませんが、大工探しをするときの、
良い大工さんの見分け方のひとつかもしれませんね。

さあ、まだまだ始まったばかり。
これからが手が掛かる家づくりです〜手
応援くださいハート

『五穀豊穣の家』 建前!



ついに待ちに待った念願の建前の日!
建前のこの日をしっかりとこの目で見届けるために、仕事を辞めてまでも香川から帰ってきた建て主Oさんです。
いよいよ、ついにですね手



AA STUDIOとの出会いはいつ頃から?という問いに、「6年になります」と。
そうだった、出会った頃は、どこで家を建てようかと何社か当たっていたころ。
堅実派で、勉強熱心。
AA STUDIOの書棚のおすすめの本は、ほとんど全部読まれたぐらいに。
そんなOさんのしっかりと地に足をつけた伝統構法での家づくりがいよいよ形に手



ホゾと呼ばれる差し物が多く使用される伝統構法、ある程度地面で差して組んでおいて、そして建てていくという独特の建て方。
ホゾや、貫という伝統構法では欠かせない構造材を一度に差さなければいけないために、手が足りないぐらいになるときも・・。
AA STUDIOも合間合間に、猫よりは役にたつであろう手を貸しつつ笑





もちろん一度はいったホゾたちは簡単には抜けないしろものとなります。
特に伝統構法のホゾたちは、今時の家づくりと違ってしっかりと長くつくられているため、抜けにくいうえに揺れに対しても粘り強いのです。
そういったホゾたちの結集によって骨組みが徐々に組みあがっていくのです。





まるでジグソーパズルのごとく、柱や梁や桁の複雑なホゾがピッタっと合わさっていく姿に、建て主Oさんも何度も何度も「すごいなあ〜すごいなあ」と声を出されていました。数ミリでも違っていれば家は建ちません。伝統構法の家は特に梁の高さもサイズもまちまち、そして幾重にも梁が架かっていて、まさに棟梁の力が問われる仕事と言えます。



今回、『五穀豊穣の家づくり』をお願いした家守屋の大石さんは、伝統構法は初仕事。
どんなに熟練した大工さんでも、AA STUDIOの家づくりは尻込みをするほどの仕事です。大石さんにとっても神経をすり減らすような難易度大の仕事であります。
「一生に一度はしてみたいと思っていた仕事がやってきた。でも身震いがする・・」そう以前に言われていた。墨付けをする棟梁の大石さん↓



若い世代の職人にとっては、こういった仕事は皆無といっていいです。
現代の家づくりの現場では、手間がかからない様に、職人たちの本来の仕事を排除していく方向に向いています。そのうち職人がいなくても家が建つ時代が来ることでしょう・・アンパンマン
今、やる気のある若手の大工さんたちは成長(挑戦)をしていく機会を欲しているといっていいです。
常に上をめざして挑戦していくのが職人だとキラキラ



大石さんのもとで手元となって刻みを一から手伝ってくれた、あっくん↑
29歳でまだまだこれから。彼も伝統構法初挑戦です。
今までメーカー住宅の仕事をしてきたけど・・、大工らしい大工としての仕事をしたくて。
『風薫る家』の建前で感じるものがあったみたい。そして自ら一歩を踏み出して大工道へ手
今時の家づくりの現場では、鑿(のみ)や鉋(かんな)さえも使うことがないという・・。



神経張りつめる長期間の墨付けと刻みのなか、あっくんの明るさが、大石さんの緊張をイイ感じにゆるめてくれたみたい♪
いいコンビですね ♪ 
そしてお互いに一生忘れない家づくりだろう、きっとハート



そして今回、嬉しいことにはるばる高知からも・・伝統構法の建前に触れたくて若手大工さんがやってきました!
百聞は一見に如かず、と言いますが、大工なら触れてなんぼです。っと大歓迎、建前に飛び入り参加♪
大工さんに、五穀豊穣の家はどうですか?っと聞いてみた。
こちらも「一生に一度はしてみたい仕事ですね」とアンパンマン
本当はみんなみんな、木の家を真面目に建てている大工さんたちが想っていること。
一生に一度と言わずに幾度でも建ててほしい、昔ながらに普通にあった日本の家!!



いつもいつも思うに、伝統構法の家づくりは、本当にいろいろな職人さんたちを育んでいるなあ〜と、つくづく。そしてその裏に欠かせないのは、そういった機会を与えてくれている建て主さんがいるからこそハート
『五穀豊穣の家』の建て主さん、「このような素晴らしい家をいろいろな人に伝えていける様なイベントを積極的にしていけたらいいな」と言ってくれていますハート
今の時代に欠けた何かがここにある・・。
そんなところに惹かれてやまない AA STUDIOですハート





もっともっと昔ながらの伝統構法がひろまっていくようにハート
AA STUDIOは、たくさんの方々に支えられながら、昔ながらの家づくりの良さを広めていきますっ手
建前つづく。。

『五穀豊穣の家』木材検品へ。。

水面下ですすんでいた本格的な昔ながらの家づくりでもある『五穀豊穣の家』、木材検品に行ってきました
実はずっと木を見に行くのを何よりも楽しみにしていた建て主のOさん。仕事をお休みしてまでも、検品に 
こちら建て主さんは、ひさびさにみる熱心さで、もう家づくりに関する本は何十冊か読まれていて、若いけど自分たちがめざす家づくりにブレが感じられません。今でも時折、AASTUDIOの書棚に新しい本が並ぶと持って帰えられて読まれるぐらい。AASTUDIOにとってもこういった建て主さんとの家づくりは、本質的なところにかえることが出来るので、とっても楽しみ。
決して予算があるという訳ではないけど、本当に必要なものをしっかりと見極めての家づくり。若いけど、しっかりしているなと思います。

とくに長く住まっていくための骨組みや木材や家の造りについては、打ち合わせ当初には『こういう物にしたい』という要望をしっかりと固めておられました。だから私たちもそれに従って必要なものと必要でないものとを見極めることができ、全体的にはコストを抑えつつ100年200年ともつ本物の家づくりを実現することが可能に

今回の木材検品は建て主Oさんには家づくりスタートとなる記念すべき日!
さてどんな材に出逢えるか?

いつもお世話になっている池川林材さんは、1月から木材をさがしこの日を待っていてくれました。
樹齢は最低80年。基本は『目込み高樹齢材』。もちろん寒伐りした材です。
木材を探すのにも簡単にはみつかりません。なので1月ごろから市場をあちこち探しまわるそうです。まあこんな注文はうちだけだから、木材を探す時間をそのためにとっているのです。

と言っても、いつも建て主さんにお話するのが、木は生もの、ご縁のもの。
とくに高樹齢の目込み材・大物となると・・。市場の規格品ではないので、出てきたものがその時の縁の物ということになります。さて?

池川さんの表情が明るいのは、良いシロモノだった証拠でした。
営林署からでてきた梁瀬杉が手にはいったようで、全体的に目の込んだ良い材にOさんたちご縁がありました
よかったね〜。。本当にこればっかりはご縁のものだから、こちらでは決められないし選べない。
日ごろの行いが良かったね〜。きっとOさんが昔ながらの家づくりを皆に発信していきたいと動いてくれているので、そんなご利益?もあったのかなと思います。
昔ながらの家づくりは、自分の利益ばかりを考えるのではなく、大きな和のもとで皆が幸せになっていくために心遣いしたりして出来ていく和の家づくりでもあります。そんな和のもとにこそ良い結果(物づくり)が生まれていくというもの。木材はきっと建て主さんの「昔ながらの家づくりの良さをもっと伝えれたら・・」の想いが、神さまのに届いて引き寄せたものだと私は思います



そしてこれだけの木材を比較的手ごろな値段で提供してくれる。池川さんにはいつも感謝であります。
松山の木材屋さんではまず難しいこと。値段的にも、量的にも、入手的にも。構造材・造作材を全てひっくるめても500万円台ほど、でも松山の木材屋さんではその三倍以上の値段が出てきたり・・、まず入手できないと言われる。そこが池川林材さんの腕の見せ所と言えます。(言ってました

せっかくの思い出なので、木の薫りを思いっきりかいでみたり

けんすいをしてみたりして。
ちょっとやらせですが・・

そして池川さんに色々と木のことや製材屋さんのこと山の現状を聞いてました。
いつも本を読んでいろいろと知っている建て主Oさんではありましたが、やはり生の声を聞くと本とではリアルさが違います。きっと家づくりにむけてまた一段と真に迫るようなところがあったのではないでしょうか。日ごろ口数が多いほうではないOさんですが、今日は今までにないぐらいに積極的に話をしていましたね。池川さんも同様にいつもより多弁でした。やっぱりしっかり話を聞いてくれる建て主さんには、池川さんも色々と木材の話が出るみたい。これも和の家づくりを表すように、互いに歩み寄りながら相手のことを知っていくというのがまず大事ですね。決して家づくりは受身ではいけません。積極的に関わってこそ喜びが大きいのです。またAASTUDIOの家づくりはそういう家づくりでもあります

ついでに今時の高温乾燥材も見せていただいて、木材のプロフェッショナルが高温乾燥材を扱うことを懸念していることを肌で感じたようでした。

私たちも良い材を前にして、やはり気が引き締まりますが、また一緒に行った棟梁の大石さんはこれらを形にする立場。それ以上の想いがあったのではないでしょうか。

検品を終えて帰り道中は、久万の美味しい手打ち釜揚げうどん屋さんに立ち寄ることに。
なんと棟梁大石さんの奥さんの実家でした!

美味しいおうどんをご馳走になり、『五穀豊穣の家』の良き一日となりました