お話会のお知らせ

来月上旬に東温市が東北の瓦礫の視察に行くというニュースです。西条市を流れる中山川の上流には日本最大級の処分場があります。今回東温市はその民間処分場への受け入れを視野に入れた視察とのこと。
前々から恐れていたこと・・いよいよ瓦礫の受け入れに動きはじめた様子・・。
そうなったら私たちの日常の場で、水や空気をとおして、そしてそれで栽培された作物をとおして、放射能が人体へと影響していくことになります。
瓦礫処理の問題は、福島県内で処理をしていくべきで、それを支援の名の下で広域処理するべきものではありません。それも裏を返せばまた利権?お金になる事業でもあるからなのでしょうか?
私たちも勉強したうえでそれなりの対応していきません。関口先生のお話を一緒に聞きましょう。。
取り急ぎご案内!
***********************************

「水・農・食」と「環境・ゴミ」の話をしよう
〜 震災がれき処理・廃棄物処分場の現場から 〜
 
いつまでも愛媛のそして西条・周桑の安全でおいしい水をのみた〜い!米、野菜、魚を食べた〜い!!
でも、環境問題、ゴミ問題を解決していくこと無しにこの願いはかないません。
そして福島第一原発からの放射能の大量放出による農産物、海産物の放射能汚染。さらに放射能に汚染された瓦礫の広域処理。
どうしたらわたしたちはゴミをもっと減らせるのでしょうか。そしてゴミや瓦礫が持ち込まれる処分場の安全性はどうなのでしょうか。瓦礫の広域処理は本当に必要なのでしょうか。
今回、震災の現場で放射能汚染調査を継続して行い、全国の廃棄物処分場の実態に詳しい関口鉄夫さんをお招きしました。いろいろとお話をお聞きしましょう!
 
 
とき:9月8日(土)13時半〜15時半
場所:丹原町 田野公民館
西条市丹原町北田野1587-5
TEL 0898-68-7501
参加費:¥1000 (資料代含む)
 
【関口鉄夫さん(通称:イノシシさん)プロフィール】
環境科学者・内部被曝研究会会員・元信州大学・滋賀大学講師
雑誌「たぁくらたぁ」初代編集長
環境汚染や健康被害の調査を続けながら、全国各地の住民運動や裁判を支援
1999年8回若月賞を受賞。福島第一原発の事故当初から南相馬市・浪江町・
飯舘村などの放射線量や健康調査を続けている。著書『ゴミは田舎へ』など。
 
主催:西条・周桑のうまいもん食べたい会   090-6754-6523(野満)
    ゴミを考えるネットワークえひめ    090-7781-4163(山之内)
 

ひさびさのお花見。。

昨日は、AASTUDIOが今治に移住して以来、初のお花見をしました
一緒にお花見をしたのが、いつも庭づくりでたいへんお世話になっている蒼園さん。
蒼園のみきさんとは、もう数年も前からお花見を計画していたのですが、雨が降ったり、仕事が忙しかったりと、なかなか実現していませんでした。実は蒼園さんも、未だに会社ではお花見をしたことないという事なので、やっぱり何が何でも今年こそは!
菜種梅雨というのに、その日だけは最高のお天気!
しかも桜がもっとも満開な頃合です

前日から仕事はさて置きで、料理の仕込みです
蒼園さんチームも、同じく前日から燻製料理づくりを。
なんだか意気込みがちがいます
日ごろから仕事には手を抜かない、とことんまで手をいれる二社だからかな、こんなところに出ます

それぞれが持ち寄りで、こんなに豊かなお料理の数々
そしてAASTUDIOの新たな仲間、北野さんも男のパスタ料理を



豊かなメンバがあつまると、食も豊か
私たちはベジ料理中心で、旬のもの、山菜や野草などを料理して。
竹の子が欲しいなあ〜と思えば、ちょうどうまい具合に大量の竹の子がやって来たりして(前回ブログにて)。世の中はうまいこといっているなあ〜ナンテね。

蒼園さんの燻製の数々も最高でした
私は個人的に、卵とししゃもの燻製がGood!でした。
美味しい料理を前に、お酒もすすみます

 

仕事のことや、仕事以外のこと、いろいろと語り合って、ひとつになる感じ。
これがお酒の席というもの。
私も、お酒のおかげで、すっかり流暢に舌がすべって、ついつい熱弁。
その時は、かなりの量を飲んでいて・・
庭づくりのときも、心をひとつにして一緒に仕事をしますが、こうやって仕事以外の場でも心をひとつにする時間って大切ですね。これを機にまた一段と良い仕事が一緒にできそう。
いつまでも話し尽きないお花見となりました。

そして・・ちと飲みすぎた私は本日ダウン気味
久々のお花見、久々の二日酔いです。
まあ、たまにはいいかっ

讃岐うどん。。

 これからラフプラン着手のお宅と、最終打合せのためにお宅拝見をしました。
どの家づくりもお宅拝見は必須です。
その建て主さんたちの暮らし方を伺うことや、どういった趣味嗜好なのかを最終確認するため。人によっては物の収納の仕方や整理の仕方が異なるので、そういった建て主さんの使い勝手を知るためにも必要なこと。またお手持ちの物の量を知るうえでも大切です。
ラフプランのための打合せは、だから建て主さん宅かうちの事務所をその都度の状況でいったりきたりしておこないます。。

建て主さん達のお宅を伺うのは、楽しい一時。
こんなに公に人様のプライベートな空間に侵入していけれるのも、この職種ならではかもしれません
花を活けたりして季節の設えを常日頃されている方には、そういった設えを楽しめる空間づくりを心がけますし。生活の道具類をあまり見せない暮らしをされている方には、美しく納まる収納を配置し。お料理が好きそうな方には、居場所としてのお台所を中心として考えます。
逆に整理の苦手な方には整理しやすい間取りを提案したり、工夫をお知らせ。
お台所でお料理をどれだけされる方なのかも判断したりします。
お宅拝見をすることで設計者はよりリアルにそのお宅の暮らし方や住まい方の課題などを見つめ、新しいお住まいをイメージします。
今回は香川県というご遠方でもあったので、最終確認として伺った次第。
打合せ終了後、ちょうどお昼でした。やっぱり讃岐うどんでしょ〜
私も大学時代は2年間、香川で過ごしましたので、讃岐のうどんの美味しさはよく知っていますが、香川の人は朝・昼・晩”うどん”でも飽きない、毎日でも飽きないって、本当の話です。それだけ美味しいのです
近くに”長田うどん”の別店が出来たということなので建て主Oさん達と行きました。
1時すぎだし空いているかな〜・・って、甘かった!
入り口付近からはみ出すように人、人・・
しかもこの行列は店内へ続く廊下と、店内入ってレジまで延々と続くのです。30、40分ほど待って席について、釜揚げうどんなので、20分ほど待ちます。ありつけた頃には2時すぎでした。でもまだやっぱり行列が続いていました。

”長田うどん”美味しいなあ〜
ちょっと多いかな・・と頼んだ6人前のうどんも、あっと言う間になくなりました
食べたそばから、今晩も食べたいな〜と思わせる味です。
あんまりにも美味しかったので、いつも何かと季節の頂き物をしたりしてお世話になっている建て主さんへ”長田うどん”のお土産を買い帰路に。

家に帰って、そこで終わる私達ではなく、我が家も”長田うどん”に挑戦
出汁の味などしっかりとマネをして、手打ちうどんにして、釜揚げうどんに
見た目もそっくり、お出汁も超美味しくしましたが、やっぱり何かが違うのよね〜。。
美味しいんですけど、毎日食べても飽きないぐらいではないのですね。
ん〜長田うどん、まだ遠し。
もっと回数を重ねて、建て主さんたちに振る舞いたいところですね。。

お別れの時。。

 ここしばらく我が家の愛猫ティッシュの調子がおかしい・・
どうやらお別れの時が近いらしい。。

16年も連れ添ってきた相棒・家族です。
16年というと、とても長い年月。
私の人生の半分とまではいかなけど、半分に近い時間をともにしてきました。
そんな彼とのお別れが近づいてきています。。

辛い時にいつも一緒にいてくれた事を思い出します。
夜おそくまで一人で仕事をしていた時も、そばに寄り添ってくれていたし、
仕事疲れで体調が崩れそうな時は、不思議に彼がかわりに寝込んでたし。
一緒にいっぱい遊びました。楽しい想い出もたくさんあります。
何よりいつもいてくれるだけで雰囲気が和みました。
心地よさを教えてくれました。

ゴハンを全く口にしなくなって1週間。
今は水(ビワの葉茶)だけしか口にしません。
食べて欲しいけど、彼の食べる欲望はもう残っていない様子。
つくづく『食べる事は生きる事』だということを感じます。
延命治療ものぞみませんし、自然のままに彼を送り出してあげたい。

まるであっちの世界に行くための迎えのバスを待つかのような日々。。
時折、苦しそうにする時もあったり、ふらふらして出て行こうとする時もあったり。
そんな時は、やっぱり干潮の時間帯であったりします。
やっぱり迎えのバスがやってくるのを待っているみたい。

強い痛みや苦しみがさほど無いのが救いです。
しかしトイレに行く力がなくなって、漏らしてしまう事が、今の彼にとっては屈辱のようで、
その時だけとても悲しげな辛そうな鳴き声をあげます。

人間で言うと80歳。大往生。
最後の残された時間を一緒にいてあげる事と、暖かい薪ストーブの火をたやさずいることが
今わたしにできるささやかな事。
ストーブの前で、時折のびのびしている光景を見せてくれることや、
撫でてあげると最後の残された力をつかってグルグルと言ってくれる彼に、
ささやかな彼との時間を感じます。。
最後の時まで、彼との時間を大切にしたいと思います。。

職人若者衆の集い!

今月の24日(日)に第1回職人若者衆のつどいをしようと思っています。
興味のある職人たちぜひ参加しませんか〜!

今の住の現状をお互いに話し合い、それぞれの持ち場の問題点などを情報として共有して知っていく事が若い私たちには大切かと思います。現状は、自分の持ち場の問題は理解していたとしても、他の職人達の現状というものを知る事は少ないのではないでしょうか?
そのうえで自分達のこれから先のビジョンというもの、物づくりをする者としてしっかりとイメージし持ちながら、出来ることをやっていかなければいけないと思ってます。
まずはそのための足がかりの一歩として集まれればと思っています。まだ会の進行方法や中味などは決めてなく、その場で決めて「どんな会にしていこうか」と思っています。
まずは行き当たりバッタリ的ですが第一回を行います。
一つは、問題を共有する。
一つは、問題の根っこを探る。
一つは、そのための解決方法を探る。
一つは、そのための動きをイメージする。
です。
日々の仕事に追われて一日がただ終わっていく物づくりの現場。ややもすると今の社会の流れを全く知らずに終わってしまいます。だからこそ、常に問題意識を感じ、自分自身の仕事として何が出来るかを見つめる事が大切ではないでしょうか。衣食住の『住』は社会の暮らしの根っこに関わっていく重要な仕事です!そういう立ち位置にいるのが物づくりをする職人たちです。。
今後、互いに精進し、切磋詫間できる集まりになればと思います。
ひとまず、興味のあるこれからの未来を担う職人たち集まりましょう〜!
                呼びかけ人 橋詰飛香&徳永英治

◎7月24日、日曜日13時〜(3時間ほど予定)
◎場所:AASTUDIO (今治市鯉池町)
※駐車スペースが限られておりますので、乗り合わせ可能であればお願いします。
 駐車オーバーの場合は、近く川原の土手に停める事が可能ですので到着後案内します。
◎参加希望の方は、ご一報頂けるとありがたいです。

 『AA STUDIOの昔ながらの家づくり』出展のご案内


いま、実は猛烈に忙しい・・
 それは今週日曜日に堀之内公園で開催されるライブアースまつやまに、AA STUDIOも初出展するから はい、またまた色々と私たちやってます〜

「ライヴ・アースまつやま」は20〜30歳代の若者達が核となって主催するイベント。
音楽コンサートや、環境問題をより分かりやすく実感できるトークライブ、同時にオーガニックフードや環境に配慮したフェアトレード商品などの出店。並びに行政、企業、NPO団体の環境問題への取り組みを紹介したブースが参加します。これからの社会をつくっていく若者達にも呼びかけ、地域、歴史、暮らし、平和など 若者達が次世代へと繋いでいくべきモノやコト、そして「地球温暖化防止」について考える新たなムーヴメントを創りだすことを目的として若者たちが頑張ってます!

日がな一日、心地良い音楽のなかで青空のもと楽しめるコンサート。今年はなんとUAが来ます!安心して食べられるオーガニックな飲み物や食べ物をいただき、最先端で活動されている環境活動家(田中優さん)の分かりやすいエコなお話しを聞いて、フェアトレードや手づくりなお買い物や、環境的な取り組みをしている方々とつながっていく、とっても実になる機会。。
若い方の感性で催されていることもあって、柔らかく楽しくナチュラルな感じが、ライブアースの良さです。

私たちもライブアース初出展で、この機会に、木と土の地球となかよくやっていく家づくりを広めていきたいと思っています〜!いろいろと出展があるなかで、家づくりはウチだけかな。。
無農薬野菜やオーガニックな食べ物たちの横で、私たちもオーガニックな『昔ながらの家づくり』をアピール!この普通な感じがイイでしょ。
住まいは決して特別なものではなく、着る物や食べる物と同じ。それが大切。
ぜひ応援しに来てください〜。。

ただいま、職人さん達のご協力のもと、見てタメになる見本をたくさん準備中
いつもお世話になっている小林建工さんには、すでに立派な軸組の見本をつくって頂きました!本物に負けないめちゃ迫力に、しばし感動です〜!

見て見てこの真剣な眼差し→

毎晩遅くまで手を抜かず頑張ってくれたお陰で、かなりの見物!う〜ん、この軸組を見るだけでも価値あり!いえいえ、他の職人さんたちの見本も面白い!
木と土の家の良さ、見て感じて体感してもらいたい。それは私の願いであり、職人さんたちの願いでもあります。
もちろん建築関係の方もOKです。プロの方にもタメになる中身にしております。
たっぷりとお腹いっぱいにして帰ってください〜

 
ホームページだけで、まだお会いした事のない方も、この機会に〜お待ちしておりますね。。 ぜひオーガニックでエコな一日をお過ごしください。。
 

【日時】
  平成23年5月15日(日曜日) 《雨天決行》   
  開場10:00 開演12:00〜 終演18:00 閉場19:00
 「堀の内公園」ふれあい広場 (お堀のなかにあります)
  前売1000円 当日1500円 高校生以下無料

 詳しくは>>
 http://www.liveearth-matsuyama.com/index.html

できる事、いろいろ動こう〜。。

 福島の震災で、私たちにできる事いろいろやっています。


支援物資を集めて、送ります。
まだ宮城県気仙沼市の避難所91ヶ所(13,000人)では、行政の支援が十分でなく、3日に1日の白米しか食べられないところもあり民間で支援に行くそうです。私たちも食べ物や衣服をあつめました。みなさんの、お陰であっという間に我が家の座敷には支援物資の山!日本は豊かですね。
我が家からも、自家製の玄米味噌を。。

 

味噌や玄米は放射性物質を体外に排出する働きがあります。
これは原爆が投下された長崎で、爆心地から2kmしか離れていない診療所の入院患者たちが、まったく放射能の被害をうけなかった事により味噌の効能が報告されています。実際にチェルノブイリでも日本から味噌が大量に送られたそうですよ。

我が家の味噌は、自家製麹や、無農薬無化学肥料栽培による玄米や大豆、そしてミネラル豊富な自然天日塩を使用し、めっちゃ身体にイイ味噌です。そんな事も書き添えて「がんばって下さい」の一言。どうしてもインスタント類が多くなる食事が中心だろうから、身体に優しい味噌は、しみると思いました。それと今年収穫したヒジキを乾燥させて米袋1袋分。海草類は放射性物質を体内にためない働きがありますね。

玄米を食べて、味噌汁、ヒジキや海藻をたくさん食べ、梅干しなどの発酵食品を食べる。毎日の我が家の献立ですが、昔ながらの食生活は不思議なことに、自然と放射性物質を体内にためない働きがあるという事。食生活って本当に大切と痛感。
自然界に存在する放射性物質でつねに軽い被爆をうけている私たち。
この頃、癌などが現代病の筆頭にくるのも、実は、こういった体外に放射性物質を排出する食生活をしていないというのも関係するのかも・・。
んん〜、、ありえる・・・なんて想像してしまいました。


支援物資を松山ユースに届けて、その後、シエネの会(自然エネルギーネットワークの会)で、原発から自然エネルギーに変えていくための作戦会議を。
シエネのメンバは、みんな循環していく社会をめざして色々と考えたり行動したりしている仲間。
原発だけに限らず、世の中がよりよくなっていくための衣食住を話し合っています。


今日本のあちこちで、デモがおこっているみたいですね。
東京高円寺では1万5千人ものデモがありました!すごい〜!
デモの中心は、これからの未来をになう若者たちです。
そう、私たちの未来のことだから。
http://www.youtube.com/watch?v=h7llbVEM14Y

この時期に、国民として意思表示をすることは、とっても大切。
怒る時に、怒らないと!NOの言える日本人に。
近々、四国や近県でも、デモがあります。参加しましょう〜!【拡散してください】

***********************************
!原発いらない!松山デモのお知らせです!

伊方原発止めよう!
思いを行動に!
原発いらない松山デモ!

2011年4月24日(日) 13:00〜
集合場所:松山市駅前 坊ちゃん広場

13:00  アピール
13:30  出発(銀天街・大街道・ロープウェイ街)
14:30  ロープウェイ街にて解散予定

だれでも参加OK★途中参加ももちろんOK★
プラカード・鳴り物OK★
主催:原発さよなら四国ネットワーク

***********************************
原発なしで暮らしたい100万人アクションinヒロシマ
http://nonukesaction.jugem.jp/

2011年3月11日、巨大な地震と津波が人々を襲いました。
現時点で確認できているだけでも、1万2000人を超える命が奪われ、数十万人が被災しました。
そして、福島原発の冷却機能停止による放射能被害という最悪の事態が引き起こされました。
今このときも、空へ、大地へ、海へ、放射能をまき散らし続けています。
フクシマの警告を受けとめましょう。
1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故の日から25周年を迎えます。
放射能に国境も県境もありません。
私たちはみんな、核の風下の人々・・・
子どもたち、妊婦の未来を守りたい。

次の巨大地震がいつ、どこに、くるのかは分かりません。
島根原発(島根県)、伊方原発(愛媛県)の運転をやめてください
浜岡原発(静岡県)など全国の原発の運転をやめてください。
上関原発(山口県)の建設計画を白紙撤回してください。
今こそ、再生可能エネルギー(自然エネルギー)へ政策転換させましょう。

1954年3月1日のビキニ環礁での水爆実験で漁船が被災。
杉並の主婦たちから始まった原水爆禁止の署名は国内で3000万人をこえました。
広島では100万人が署名しました。

現在山口県上関原子力発電所計画の中止署名も100万人まじか!現在95万人!

核兵器も原発もない世界を築いていくために、
被爆地ヒロシマから呼びかけます。

100万人のアクションを巻き起こしましょう。

”原発なしで暮らしたい”

★4月24日(日)日時:2011年4月24日(日曜日)
場所:ハノーバー庭園  (旧広島球場北側 広島市中区基町)
10:30〜 13:30 ノーニュークス・ライヴ&ノーニュークス・スピーチ
14:00〜15:30 メイン集会
15:30〜16:30 脱原発ピースウォーク&ピースマザーウォーク

歌:SAYAN、NO∞無、三宅洋平、enその他
スピーチ:大塚愛さん、豊永慶三郎さん、肥田俊太郎さんその他

★4月26日(火)チェルノブイリ25周年記念日
12:00  原爆ドーム前集合
13:00〜 経産省
      広島県庁
      広島市役所
16:00  中国電力本社前
      チェルノブイリ-ヒロシマ-フクシマ・キャンドルナイト
            (キャンドルナイト主催::上関原発止めようネットワーク)
18:30  終了 

○団体名など無しで個人名での賛同者を募集します。主催:原発なしで暮らした い人々
連絡先:原発なしで暮らしたい人々事務局:メール: nuclerfreelife@gmail.com
携帯:(080-5624-8747石岡・090-4740-4608久野・070-5052-6580藤井・ 090-6834-9854原)
○このイベントでは義援金を集めます。集まった義援金は「東日本大震災「つながりぬくもりプロジェクト」等に寄付をさせて頂きます。
※「つながりぬくもりプロジェクト」とは?
多くの避難所では電気やガスのライフ ラインが断たれています。その復旧の見通しが立たないなか、自然エネルギーを 活用した電気、お湯、お風呂を被災された方々にお届けするプロジェクトです。
http://www.isep.or.jp/tunagari-project.html

○「原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ」に賛同していただき参加者からの自主企画もどんどん行って下さい。
早速第一弾自主企画
★ピースマザーウォーク:(4/24 15:30よりハノーバー庭園にて同企画です)
小さなお子さんのいる人や主婦のみんなで風ぐるまを作 り、一緒に歩きます。
連絡先goat_ben_dog_leo_cat_noel@ezweb.ne.jp
08019340866

★大きなプラカードや花を手に持ち楽器を鳴らし、歌を歌いながらの集いにしたいと思います。ぜひ
多くの人の参加お待ちしています。

このような事態が起こってもなお原発推進していこうとしている政府や企業に対し民衆の声を示さな
ければなりません二度と同じ過ちを繰り返さないためにこの日に賭ける思いは強いです、ぜひ多くの人達に集まって欲しいし、多くの人に賛同者登録して欲しいし、多くの人に転載拡散して欲しいです
ヒロシマから日本全国へ
ヒロシマから世界へ
一人一人の思いを100万人の束にして伝えていきましょー
今がその時なのです!

***********************************
高知「原発のない日本へ」の行進

4月29日(祭日)11時から、高知市内を歩きます。

高知城下、丸の内緑地公園を出発

行進コース:丸の内緑地公園ー追手筋ー帯屋町ー中央公園ー丸の内緑地公園
  (途中からでも参加可)

福島原発事故発生以来、皆さん不安とやりきれない思いで日々を過ごされていると思いますが、
落ち込んでいるだけでは何も変わりません。 いろんな考え、主張はあっても「原発はいらない!」というところでは同じはず。 とにかく意思表示をしましょう。
是非、子供達も一緒に。 子供達の未来の為の行進です。

 「思いをひとつに!」

 *当日は皆さんそれぞれに言いたいことを、ダンボールなり布に書いて(プラカード)
  持ってきてください。

 *お車で来られる方、なるべく乗り合わせて来てくださいね。

 尚、2時からは、丸の内緑地公園にて意見交換会をする予定です。

発起人: 中土佐町 宮崎朝子
                           
                 E-mail : amanogawa314@yahoo.co.jp
                 tel.fax:0889-54-0076

                 賛同者・団体/グリーン市民ネットワーク高知
                                                    刻屋、山元彩乃、海工房
                          ハレハレ本舗、塩の邑

***********************************

選挙できめる。。

 
これまであんまり選挙に関心なかった私ですが
今回は火がつきました! っと言うのも選挙によって、原発を進めていくか進めていかないかが決まる事になるから。
現職県議の多くは今までは原発推進派一色でした。唯一、阿部悦子さんと佐々木泉さんは、原発見直し派です。さて今回の福島原発をうけて、立候補者の意識はどうでしょうか? とても気になるところ。。

そして私たち有権者が、未来を見据えた投票ができるかどうかが鍵・・
えっ?まだそれでも「村に道路をつくって欲しい」とか「仕事をまわして欲しい」とか
自分たちの欲心を出してやいませんよね?まさか!!!
下心や見返りをもとめるような古くさい選挙は止めましょう!
あなたや私の子供たちの未来がかかっているのですよ!

ここ10年のうち、いえ連動するプレート移動により、すぐに起こってもおかしくない南海地震、それに対する伊方原発。大丈夫か?関東大震災の最大加速度は2933ガル。伊方原発の基準地震動は570ガルまでしか耐えられない設計・・。未来は自分たちでつくるしかないのです。

原発反対の街頭活動ができなくても選挙に行こう!

しかし・・どの候補者を選んだらいいか・・
という事で、私の選挙区の立候補者に原発やエネルギー政策を問うアンケートハガキを出してみましたよ回答を頂いたのは福田さん、竹中さん、鴨川さんです。後の方は・・?-----------------------

回答結果については、告示後、公の場で公開してはいけないとの事を知りました!
変だわ〜。私たち有権者は何を頼りに投票したらいいのか、いっさいこういった事をオープンにしない選挙体質があります。
閉鎖的ななかで一部の情報だけをたよりにして、それで正しい投票ができるのか・・?
すべての立候補者の名簿を探すのも悪戦苦闘したのですから。選挙の体質から変えていかなければ、いけないですね。
--------------------------------

それと愛媛県議選候補者に原発の是非を問う防災アンケートが毎日新聞よりとられています。
これを参考に選挙にGO!

統一地方選:県議選 候補者原発防災アンケート

 東日本大震災による福島第1原発事故は、原発の“安全神話”を背景に原発の運転を容認してきた全国の原発所在地の住民に衝撃を与えるとともに、これまでの推進路線への疑念をもたらした。 毎日新聞松山支局は3月末、原発立地県の愛媛県議選に立候補表明していた70人を対象に原発防災アンケートを実施し、69人から回答を得た。選択式設問に「どちらともいえない」などと回答した場合は「保留」、記述なしや回答拒否は「無回答」としている。
各候補者の回答を選挙区別に紹介する。

==============

 ◇問1

 福島第1原発事故を受け、伊方原発について、安全確認のため、いったん運転を停止することに賛成ですか反対ですか。

 ・賛成 ・反対

 ◇問2

 事故を機に、原発中心のエネルギー政策の変更もとりざたされています。エネルギー政策の変更に賛成ですか、反対ですか。

 ・賛成 ・反対

 ◇問3

 東日本大震災では想定を超えるM9・0。伊方原発について、現在の耐震基準や津波対策の基準を見直すべきと考えますか。

 ・厳しくすべき
 ・現状のままでよい

 ◇問4

 四国電力は伊方原発の定期検査の間隔を13カ月以内から15カ月以内に延長を国に求める意向を持っています。間隔延長に賛成ですか、反対ですか。

 ・賛成 ・反対

 ◇問5

 福島第1原発事故で、国は半径20キロ圏内に避難指示を出しました。愛媛県地域防災計画では、伊方原発事故想定の住民避難は10キロ以内です。避難範囲を拡大すべきですか。

 ・拡大すべき
 ・拡大の必要はない

 ◇問6

 伊方原発で保管しきれない使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設が10年後に必要となると、四国電力が見解を示しています。中間貯蔵施設の県内建設を認めますか。

 ・認めてよい
 ・四国の他県に建設
 ・四国以外に建設
 ・作る必要はない

==============

  候補者名      問1   問2    問3     問4    問5    問6

           運転停止 政策変更 基準見直し 間隔延長 避難拡大 中間貯蔵

■松山市・上浮穴郡

   戒能潤之介 自現  反対   保留   厳しく   反対   拡大   認める

    中政勝   公新  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   無回答

   伊狩泰介  民新  保留   保留   保留    保留   保留   保留

    寺井修   自現  反対   保留   厳しく   反対   保留   保留

   西原進平  自現  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   認める

   松尾和久  無新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   四国以外

   河野忠康  自現  反対   反対   維持    反対   不要   認める

   竹田祥一  自現  反対   保留   厳しく   反対   拡大   認める

   大石一   無新  反対   反対   厳しく   反対   拡大   認める

   逢坂節子  社新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

   大沢五夫  無元  反対   反対   保留    賛成   拡大   無回答

   横田弘之  無現  反対   反対   保留    反対   拡大   保留

   三宅浩正  自現  反対   保留   厳しく   反対   保留   保留

   阿部悦子  無現  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

   佐々木泉  共現  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

   横山博幸  民現  保留   保留   保留    保留   保留   保留

   木村誉   公現  保留   賛成   厳しく   反対   拡大   保留

  田中長二郎 無新  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   認める

     政安誠   民新  保留   保留   保留    保留   保留   保留

    笹岡博之  公現  保留   賛成   厳しく   反対   拡大   保留

   菊池伸英  無新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

    近藤隆   無新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要


■今治市・越智郡
  

  竹中由美子 共新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

   福田剛   民新  保留   保留   保留    保留   保留   保留

  徳永繁樹  自現  反対   賛成   厳しく   賛成   拡大   四国他県

  福羅浩一  自現  反対   保留   厳しく   反対   拡大   認める

   本宮勇   自現  反対   無回答  厳しく   反対   拡大   無回答

  越智忍   無元  無回答  無回答  無回答   無回答  無回答  無回答

  鴨川忠弘  無新  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

  堀内琢郎  国元  賛成   反対   厳しく   反対   拡大   認める

   村上要   社現  保留   賛成   厳しく   反対   拡大   不要


■宇和島市・北宇和郡
 

   毛利修三  自現  賛成   保留   厳しく   反対   拡大   保留

  中川真之介 民新  保留   保留   保留    保留   保留   保留

  高山康人  自現  反対   無回答  厳しく   反対   拡大   認める

  岡原文彰  民新  保留   保留   保留    保留   保留   保留

  中畑保一  自現  反対   反対   厳しく   反対   拡大   認める

  赤松泰伸  自現  保留   保留   厳しく   反対   保留   保留


■八幡浜市・西宇和郡
 

  梶谷大治  自現  反対   保留   厳しく   反対   拡大   認める

  清家俊蔵  自現  反対   保留   厳しく   反対   保留   認める


■新居浜市
      

  菅秀二郎  無現  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   認める

   西原司   無新  保留   保留   保留    保留   保留   保留

   石川稔   無現  保留   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

  黒川洋介  自元  反対   反対   厳しく   反対   拡大   無回答

  豊田康志  無現  反対   反対   厳しく   反対   拡大   認める

  山岡美美  共新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

  古川拓哉  自新  賛成   反対   厳しく   無回答  保留   認める


■西条市
       

   森夏枝   無新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   四国他県

   渡部浩   自現  反対   保留   厳しく   反対   拡大   保留

   青野勝   自現  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   四国以外

  明比昭治  自現  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   四国他県

  玉井敏久  無現  保留   保留   保留    保留   保留   保留


■大洲市・喜多郡
   

  西田洋一
  自現  反対   反対   厳しく   反対   拡大   認める

 岡田志朗  自現  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   認める

  有友正本  無新  無回答  賛成   厳しく   反対   拡大   無回答

  中野寛之  無新  賛成   保留   厳しく   保留   拡大   四国他県


■伊予市
       

 水口輝雄  無新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   四国以外

 泉圭一   自現  反対   反対   厳しく   保留   拡大   保留


■四国中央市
     

  石津隆徳  無新  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   認める

 森高康行  自現  反対   賛成   厳しく   保留   拡大   保留

  鈴木俊広  自現  反対   保留   厳しく   反対   保留   保留

   篠原実   自現  反対   保留   厳しく   保留   拡大   保留


■西予市
       

 薬師寺信義 自現  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   四国以外

   兵頭竜   無新  反対   反対   厳しく   反対   拡大   認める


■東温市
       

  西山徹
   民新  保留   保留   保留    保留   保留   保留

 大西渡   自現  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要


■伊予郡
       

 土居美智子
 無新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

  山本敏孝  自現  反対   賛成   厳しく   反対   保留   保留

  住田省三  自現  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   四国以外


■南宇和郡
      

  中田広
   自現  反対   賛成   厳しく   反対   拡大   認める

渡辺知彦   無新  賛成   賛成   厳しく   反対   拡大   不要

自分たちの暮らしは自分たちで守る。。


今日、伊方発電即刻停止をもとめて四国電力そして県庁に要請に行ってきました!
始めての活動参加です。。
今回の福島の原発震災をうけて、原発さよなら四国ネットワークや有機生協その他市民団体、それから被災地から避難されてきた方などたくさんの県民の方々が来られていました。しかし・・四国電力や県庁も、決して応対の良いものではなく、敷地内で拡声器やプラカードを持つことさえも許されず、仕方なく四電の敷地を出て歩道に移動。2mほども無い歩道に大勢の人集りとなり、通行の妨げになりそうな状況での要請申し入れとなりました。正直、こんな事態なのに・・こんなヒドイ扱いを受けるとは・・。私たちは四電の電気を購入している消費者でもあり、消費者の声を聞くことは当たり前ではと・・?しかしクレームや要望に関しては、冷たい応対という訳です・・。しかもこの期に及んで・・。

私たちも手づくりしたプラカードをかかげ、声をあげました。各団体からの要請と厳しい声(当然の事を言われているだけですが)が浴びせられるも、無表情な四電社員さん・・。
ただそう見えるものの彼らの立場を理解すると、とても辛い気持になってきました。四電社員の方々だって、辛いはず・・。こんな危険がある原発を決して手放しで歓迎している訳ではないはず・・。自分たちが安全だと言ってきた原発が、脆くも、1機に止まらず次々と事故を起こし未曾有の原発災害となっている状況・・。多くの犠牲者を出しながら、簡単には終息できない惨事。彼らも被害者なんだと言う気持が沸き起こってきました。

「あなたがたも望んでないはず・・辛いこと分かります。でも・・中から変えてください・・中からでないと変わらないのです・・お願いします・・いまできることを・・子供たちのためにも・・」そう声をかけると涙が頬を伝わって落ちていきました。こんなにも多くの人を傷つける原発・・だからこそ無くしていかなければいけない。。そんな気持がたくさん湧き上がりました
気のせいか?四電社員さんの目頭が赤くなっきたような・・。中から変えることは本当にたいへんなこと、でも今すぐでなくていいから、一歩一歩変えてほしいそう願いました。。

 

さて、次に県庁へ、伊方発電即刻停止をもとめて要請に行きました。
っと言うのも、許認可権限を持つのは愛媛県知事であるからです。
今後すぐにでも起こりうるであろう南海地震に対して、知事が一言「伊方原発の原子力政策を見直す時!」と言ってくれたら全てが変わります。しかし・・福島の原発の件をうけて11日には、知事に対して各市民団体から要請書がすでに出されていますが返事がなく・・、まずは原子力安全対策推進監(国の安全・保安院から出向、県の原子力政策トップ)の方に、お話しを。しかし安全を管理しなければいけない立場であるのに、彼からは危機感というものが全く感じられませんでした。今回の福島原発の件をうけて、伊方は安全に運転していく、そのための対応をしていく、県の方針に従う、そう話されるだけです。「あなたは国から派遣され原子力の安全を、県にたいして強く指導していかなければいけない立場!」と各団体から抗議。彼ではラチがあかず、知事に生で県民の声を届けるべく、知事室へ直接要請に。

今後起こりうるであろう南海地震(地震連鎖による誘発の恐れもあり)に、一刻も伊方原発の稼動に対して慎重な見直しが必要な時であるはず!そうでなくても日本のなかで危険な原発ワースト2が伊方原発であり、多くの技術者からも伊方原発の危険性は語られています。その中身には虚偽による安全性の偽装がはかられ、無理矢理に稼動しているという話もあります。

かなり大勢の人々が知事室入り口前に集まり、それに対して秘書とガードマンが知事室をふさぐかたちになりました。しばらく秘書課長とのやり取りが続きますが、秘書課長は「事務的な手続きを・・」の一点張り。しかし各市民団体からはすでに11日に要請申し入れをしており、知事からの返答が未だになく、こうやって押し寄せた次第。「中村知事、会ってください〜!」とみんなで声を上げましたがっ・・、知事は少しドアをあけて覗いたものの引っ込んでしまい対応はしてくれません。ガードマンは増え知事室前の入り口は人壁になりました。私たちは普通の一般人であるのにまるで右翼的な扱いでした。

時間だけがすぎ、最後に、東京から避難して来られた若者(高校生らしき)2名が、人壁に対して「僕たちは放射能を逃れて避難をしてきた。こんな時だから、面倒な手続きはよく分からない。やめて、みんなで考えた方がいい。」と、大人達の不条理な対応をついた若者らしい感想が、この場のみんなの気持をよく伝えてくれたと思います。
つくづく血の通った県政でない事を今回肌身で感じるのでした。。

夕方のニュースでは『今回の件をうけて、中村知事は定例会見でイデオロギーや政治的背景があるならば松山市長時代から会っていないと今後も市民団体と面会しない考えを表明。』と、昨日の私たち多くの市民団体が詰めかけ、知事に生の声で要請申し入れをしたい事に返答したそうです。

「安心して暮らしたい」そういった願いは、反社会勢力なのか・・?
って言うか、ぜんぜん私たちの話そのものを何も聞いていないのに、決めつけた言い方!
私たちの訴えそのものを、そのように受け取る知事に対して、涙が出そうです。。
反原発=反社会勢力のように捉える知事の意識レベルの低さ、そんな知事に県民の安全を委ねているのかと思うと、不安が拭い切れない次第です・・。
今回の活動をとおして県のあり方体質そのものを疑う機会となりました。
問題の原点。原発という危険なもの、ウランという人が本来手を出してはいけない領域の物を取り扱っていくという認識の薄さ。それが福島原発の原発震災を引き起こしたと言えます。
これは天災ではなく人災です。
伊方原発もそうならないように。。

少しでも伝えるべく活動を、、20日(日曜日)市駅前でおこなわれる街頭活動に行ってきます。
ご都合の良い方、一緒に行きましょう
自分たちの暮らしは自分たちで守らなければ、何も変わりません。

やり手の新人がやって来る!


 我が家の新しい顔ぶれ、新人がはいりました。
かなりの仕事っぷりに、とても賢い!
待ってました!と言わんばかりの有望な新人!

実は猫です(笑)。。

ここ一年ほど、ネズミの被害に毎晩悩まされている我が家。
自給率があがって、食糧が家に豊富にあると、やってくるのがネズミさん。
ん〜、もうかなり悩まされています。。

ドンちゃんドンちゃん、毎日の天井裏の大騒ぎ。朝の4時ごろが最も騒がしく、眠れない・・。ほんとよくやってくれますわ。お米袋や大豆袋や小麦袋を片っ端から穴をあけて食べていくネズミ。お陰様で、どうすればネズミさんにとって住みやすい家になるかという事を学ばせて頂きました。

天井裏は格好のネズミの住処。しかも大壁の壁の中は、人目に着かない良い通り道。
この2点があれば好き放題間違いなしです!捕まえるのも至難のワザ。
あ〜ん、土壁に床板・梁材現しの家に住みたい(笑)!
ネズミにとっては隠れ場所がない造りでしょ
先人たちはそんな事をも考えて家づくりをしていたのでしょうか。。

さてさて新入り。我が家の裏の畑で、スズメを狙って近くに住み着いておりましたところ、
ネズミを捕ってくれるのなら家においてあげるよ。。という事で交渉成立。

私たちの想いが通じたのか、さっそく翌日には1匹のネズミを捕獲した新人です。
さんざん捕獲に頭を悩ませていた私たちを尻目に、その翌日には、さらに3匹のネズミをゲット!
もうネズミはいないだろう〜と思っていたのが、
その翌日に、さらに1匹と、巨大ネズミ1匹(たぶん大御所です)を捕らえたのです。
すっすごい!の一言!
散々ネズミに泣かされてきた私たち、彼の仕事っぷりに涙涙!

ん?ところで我が家には、もう一匹の社長猫が・・。
んんん〜、寝ておりますよ・・。さんざんネズミが走り回っても知らんぷりで、寝息を立てて寝ている社長猫・・。社長は手を汚さず、部下を働かせる・・。昨今の相場なのでしょうか。。

まあよくもこんなにもネズミがいたのか!っと、少々びっくりですが、しかしよくネズミを捕る猫です
あ・・ただし新入りのご飯はかなり少なめになっていて、完全歩合制により報酬が与えられるシステム いつもお腹を空かしている新人なのです。。

ひとまず、見事我が家の新入りとして一同に認められ
ただし社長(猫)はご不満のようですが・・

名前はチャイ(和名:茶衣)。
どうぞお見知りおきを。。