今年も残すところわずかに。。

今年最後の『五穀豊穣の家』の様子。


ガラスが建具におさまって、これで雨風の心配もなく、ほっと一息な現場。
これで安心して年を越せます手


キッチン台も据わりました。
今回、キッチン台の背面はテレビ台になります。
フルオープンなアイランドキッチンではなく、茶の間から台所の雑多な物が見えないように、手元をしっかりと隠れるようにしました。


毎回、そのお宅に合わせた使い勝手でキッチンは製作されます。
女性の希望をいっぱい詰め込んだキッチンハート
フルオープンなキッチンもいいけど、手元が隠れるって、私たち女性には気持ちが楽です。
隠れた手元には、スパイス棚などを配置して、さらに使い勝手を充実。
まさに女の城〜って感じ!


そして大石さんのほうは階段を取り付け中。今年最後の大仕事です。
階段を取り付けて、新年からは建て主さんも2階へ楽に上がり降りができるようにと配慮手
そしてそのお手伝いに学校が冬休みに入った息子さんが来られてました。
実はお休みのたびにお手伝いしてくれている彼なのです。
まだ若いから色々と興味あって遊びたい盛りなのでは?っと思ってしまうのですが、彼の興味は大工仕事だったり指物だったり。
どうやらお父さんが手がけるこの伝統構法の家を見て、彼の心にビビッと火がついたらしい火
今まで何軒か現場に一緒に連れて行ったけど、そんなことなかったのにって、大石さん。

カッコイイよねお父さんの後姿!
誰もが簡単にできる仕事ではない。自分の持ちうる力を全力でだして挑戦をする勇気だったり、覚悟のいる仕事。
伝統構法をやっていて幾度も見てきたけれども、やっぱり本物の仕事って人を変える力がある、っと今回も実感しました。誇りをもって仕事をする。その後姿に誰もが憧れる。そうでなきゃ、大人たち!
ガンバレ!愛媛を担う、いえ日本を背負う大工に成長して、伝統構法をひろめてくださいハート


誰もが心惹かれる仕事。。
これは体の奥深くから滲み出てくる感覚。
そう私たち自身も、この仕事に惹かれて方向転換してきたっけ。。
来る年は明るくなりそうな予感ですハート

うみだす仕事。。

クリスマスイブの前日『イチョウのある家』に、お約束のお品をもってお伺いしました。
製作を頼まれていた”スツール”です。
以前、製作をしたお仏壇用の椅子として、今年の春先に頼まれていたもの。
初の”スツール”製作にわくわくの設計者ですアンパンマン

DSCF6194.JPG
椅子は、家具のなかでも実に設計がむずかしいもの。
長期にわたって過酷に酷使される家具であり、また長時間体にフィットして触り心地や座り心地が要求されるから。こんな難条件を要求される家具は他にはありません。でもだからこそ設計者にとっては、至極わくわくな仕事なのです。

斬新なデザインの椅子というより、ハンス・J・ウェグナーのような、時代が変わっても誰もが愛してくれるようなデザインが私の目指す先・・、だけどそう簡単なことではありません・・アンパンマン 名品のYチェアを分解してその隠された工夫を見て、強度や座り心地に対しての緻密な心配りが感じられて、そしてさらっとあの誰もが心地いいと思うデザインにまとめあげている事にウェグナーのデザイン力を痛感する次第。
何かをデザインするって、単に線を引いて形を整えるだけの行為ではないのです。
観察力・洞察力・推察力・想像力・平衡力とかがすべてが合わさって、物が生まれる。
これは案外、時間と能力を必要とする事。
いつも思うのは、職人たちは手を動かしてこそ評価されるのだけど、私たち設計者の仕事って形(絵)を生み落とすまでが本当の仕事で、この実働でない時間にかかる労力ってなかなか評価されにくいものなのよね・・。

DSCF6863.JPG
そのうえ本当に納得いく物ができあがるのには、何台もの試作を繰り返し、ミリ単位での部材の寸法や曲線の検証が常に必要。
これはよっぽどのスポンサーがついてない限り、この労力に対する対価は金銭では要求できないこと。
でも設計者にとって、常にいろいろと製作を頼んでくださることは、とっても有難いこと。
こういった機会がない限り、設計に手をつける事はできないのだから。

DSCF7121.JPG

DSCF7124.JPG
ウェグナーには足元にも及ばずだけど、気に入ってくださる物ができました手
今回を足掛かりにさらなる改良を加え完成度をあげていきたいスツールです。

そしてここ『イチョウのある家』の建て主さんは事あるごとに、お家に合わせて家具を注文くださります。
「いつもどんな物ができあがるのか楽しみなの。今度は何を頼もうかしら。」と言って心待ちにして下さっていることが、設計者を奮い立たせます。しかもこちらのお施主様って、ホントとっても褒め上手なのですキラキラ
職人や設計者は、やる気を倍増させられるのです♪
こういった施主さんが職人や設計者を育てるんだなあ〜といつも思います。

DSCF2378.JPG
こちらが今春製作したお仏壇です。
「これから先、娘や息子にお仏壇を引き継ぐ事になったときに、重厚で場所を必要とするお仏壇はこれからの時代は負担になるから、今時のリビングの片隅に置いても似合う小さなお仏壇をつくっておきたい。」
新しいお仏壇のカタチ。。
常に想像力を使いながら新たな発想が要求されるのが私たちの仕事。



もちろん、期待に応えるものを生み出さないと、誰からも相手にされなくなるのが設計の仕事でもあります・・笑
こうやっていつも期待をかけて頼んでくださる事で、力がつきます。
私たちの仕事は、機会が与えられて初めて伸びていくようなもの。
それは今まで携わった多くの建て主さんたちから、私が感じてきた事です。
著名な建築家たちの多くも、スポンサーがしっかりと付いていたそうだから・・、やっぱり大きく羽ばたかせてくれる機会が彼らを大きく成長させたのは間違いないと言えます。
私はこういった楽しいお仕事をいただけて幸せ者な設計者かもしれません。


雲のような波のような透かしは、お施主様のご先祖様が海に関わるお仕事に携わってこられたのが起源だというので、波をイメージさせていただきました。現代風のお仏壇だけど、透かし彫りや細部の納まりには伝統的な技法も取り入れつつ製作しました。若い世代が昔ながらの技法を身近に感じてくれるように。。


今後は家具や小道具、キッチン台ひとつからでも、その人にフィットした物を提案していくような体制をつくりたいな、、と考えています。
家を建てる事は「ムズカシイ・・」と考える人でも、木だったり竹だったり和紙だったり鉄など味わいや風合いのある物を置いていただきたい。そして職人たちが丹精こめ丁寧につくられ物や、日本の伝統的な技術をつかった物など、いつもの暮らしにそういった道具たちを手軽に傍に置けれるように・・。暮らしの身の回りに使い捨ての物達が溢れる今の時代、こんなことから豊かさって変わってくるような気がしていますハート
これも私にとっては一歩、挑戦でもあり、楽しみにもなりそうな予感手
もちろん、いろいろな職人さんたちと連携しつつ物づくりを進めていきたいと思っています〜!
応援ください〜ハート
 

この地で新たなスタート。。

DSCF6422.JPG
この地に引越しをして1年5ヶ月、やっと我が事務所のデスクが整いました〜手
それまで小さな小さなデスクでの作業・・積もる仕事に書類や図面がデスクからこぼれ落ちそうな日々アンパンマン
やっぱり常に我が家のリフォームは後回しで、首を長くしている建て主さんのお家が最優先です。

DSCF6443.JPG
しかし、これでサクサクっと仕事ができます手
涙が出るくらい嬉しいっキラキラ
さあ、これで本格的にこの地で始動しなくてはいけない、っと言う気持ちになりました!

デスクの製作をしていただいたのは、ここ鈍川の地に私の甘い囁き?に引っ張り込まれたような
『カグマ製作所』の馬越さん。
いえいえ、ちょうど鈍川の自然豊かな地に、とてもいい工場が具合よくあったのです。
そこにタイミングよく、独立することになった馬越さんにお声をかけた次第。
しかもさらにタイミングよく、徳さんの実家の大型の木工機械一式がプレゼントされるという誘惑ぶりっアンパンマン
う〜んん、とってもナイスなタイミングだったのですよね馬越さん。

DSCF6153.JPG
馬越さんとは以前お勤め先の木工所からのお付き合い。
キッチンや家具の製作を担当していただいてました。
今も『五穀豊穣の家』のキッチンを製作中していただいている次第。

DSCF6855.JPG
しかしこの地にお誘いしたのにはまた別な理由があります。
この地にやって来たからこそ目指していきたい事が、実は私たちにはいくつかあります。
その実現のため、その仲間の一人として彼にも加わってもらったのです。

安く早く、効率優先の粗悪な物たちが溢れる今の時代に、
手仕事の大切さや素晴らしさを伝えつつ、本当に長く愛される物づくりを生み出していきたいと願っています。。
住まいだけでなく、家具や手道具。。
無くしつつある美しい物づくりの世界。

この鈍川の自然豊かな美しい景色のもとに住みはじめ、その想いがさらにはっきりと鮮明になったような気がしています。
華美でなく、奇をてらった物ではなく、長く愛されるその土地のものをつくりたい。。
住まいもそう、外国や目新しい物や最先端に私たちはついつい憧れるけど・・、
そうではない。
この地においてこの土地の気候や風土で培われ生まれてきたものを愛しながら、
そしてこれから先もずっと長く愛していけれるようなものを目指していきたいと・・ハート

そう、それは野の草のように、地味で目立たないけれども、力強く、その土地の気候風土とともに、
その地の美しい風景をつくるような草の様な生き方を思い描きます。
『野の草』
この鈍川の自然豊かな地が感じさせたことです。
これから野の草のような活動を、
この地に新たに入って来て、物づくりを愛する人たちと共に新たにスタートさせます♪

久しぶりの・・

久しぶりの『五穀豊穣の家』の様子です〜アンパンマン
『五穀豊穣の家』も、そろそろ終盤にせまりつつありますが、大工の大石さんも手抜きなくコツコツとすすめてくれています。
その仕事振りに建て主Oさんも関心しきっきりです。


台所廻りの棚もついて、出来上がりがさらに待ち遠しくなりましたアンパンマン
すごく便利な棚たち。
ここは設計者の願望も交えつつ、台所の使い勝手や棚など、ご提案をさせていただきました。
やっぱり女の城ですもんねっ手
ここが使い勝手がよく気持ちよくなきゃ、だめだめキラキラ


そして外回りの建具も入り始め、途端に雰囲気が出始めました。
木の建具はほんとうに不思議の一言。
アルミサッシでは絶対に得られない空気感です手
木の家だからこそ、やっぱりおすすめしたい木の建具。
俄然、空気感がいいですよん〜ハート
そう、ここはお玄関となる土間空間ですキラキラ


そしてこちらは台所につながる土間の食品庫です。
梅干やお味噌やお漬物、果樹酒にお野菜などを保管する場所となります。
土間は土に近く、ひんやりとした空間。土付のお野菜たちも土間に置いておくことで日持ちがします。
今時の住まいには無くなってしまった空間だけど、『食』が軽んじられるこの時代だからこそ、ぜひ見直していただきたい土間空間だと思っています。
今の時代は、台所が食品の保存に適した場所ではなく、冷蔵庫やエアコンがないと食品も腐りやすいです。
それゆえ味噌やお漬物や梅干まで添加物や保存料が使われるという次第に・・。
食べる事は生きる事でもありますので、他を削ってでも食品庫空間があるといいですよ。
実は『五穀豊穣の家』には地下食品庫までもあるんですnull
こちらはさらに夏場はヒンヤリ空間!これからはしっかり備蓄も!
地下食品庫についてはいずれ詳しくご紹介しますね。


そして建て主Oさんに気に入っていただいた、土間食品庫の窓のご紹介。
昔ながらの無双窓です。
板と板とがスライドすることで、明かり取りや通風になるという、いたってシンプルな窓です。
土間食品庫は常に通気をしておきたい場所でもあります。
無双窓は、窓を開け放っていても防犯上気にならないのと、直射日光を遮りつつ適度な明るさも得られるのが特徴で、出来上がるまで気づかれてなかったとか・・汗
でもとっても気に入っていただけた様で、嬉しいですね手


そしてこれからレンガ張りや石張りが始まります。
少しずつ彩りされ建て主さんに見守られつつ
『五穀豊穣の家』完成にむかっていってますハート

 

辺りは冬らしく。。

今朝、今季初の霜が降り、辺りはやっと冬らしく銀色に。。
庭の畑の野菜たちも、すっかりこの寒さにカチカチです。
触ると凍っているのがわかります。
葉っぱ物大丈夫か〜ちょっと心配。



そして朝一番の我が家の室温も今季初の最低温度。
外気温は0℃寸前・・、室温は10℃。
窓はまだリフォーム中の状態で、ビニールシートを張った状態。
なのに10℃を下回っていないというのが、案外すごいです。

起きてきて、寒さに震えるというほどではない室温。
ビニール窓、恐るべし!
そして土壁に熱が蓄熱されている証拠!
スカスカの古い木造家屋なのですが、スカスカだからこそ土壁の蓄熱力が有効なのですよね。

そう、あと体が寒さに慣れて来たというのもあります。これは確実にいえる事。
寒くなり始めから比べると、気温は確実に下がってきているのに、ぜんぜん寒さを感じにくくなっている。
人間の体の適応力って言うのもすごいですね!
適応力って大事。。

便利すぎる世の中で、住まいも寒くもなく暑くもなく、冬は震える事もなく夏は汗をかくこともなくなって来ているけど、
この頃の私たちの体は夏に弱く冬にも耐えられなくなっている。
至上主義的になりつつある家・・、
しかし少々の不便さは、私たち人間にとって大事な事のような気がしています。
 

和紙の原料、楮の蒸し剥ぎ体験!

ずっと和紙の原料でもある楮が、どうやって加工されて紙になっていくのかというのを、この目で見に伺いたいと思っていました。ついに予定をあけて、高知四万十にお伺いすることが出来ました車
AA STUDIOでお世話になっている紙漉きの中嶋久美子さん。いつも”みーさん”と呼ばせて頂いて、私にとっては和紙で分からない事があれば色々と教えて貰ったりしている。
今や数少ない紙漉きさんだけど、みーさんはその中でも楮栽培までされているという凄腕の紙漉きさん。
女独りで紙漉きから楮栽培、はたまたお米づくりなどもされていて、ほんと頭が下がるぐらい実践派で、尊敬する女性のおひとりでもあります。

DSCF6875.JPG
この時期、楮(こうぞ)を刈り取り、和紙の原料となる「黒皮」を楮から剥ぎ取る作業をおこないます。
これが楮です。
皆さんあまりご存知ないかもしれませんが、楮は山の至るところに普通にはえている植物。
これを紙にしよう、、なんて考えた先人たちを尊敬してしまいます手
刈り取った楮は、日にちが経てば皮が剥けにくくなるため、早いうちに蒸し剥ぎしなければいけない様子。
おちおちしてられない作業でもあります。

DSCF6890.JPG
この日は、地元の小学生もたくさん、楮蒸し剥ぎに参加されていました。
どうやら自分たちの卒業証書となる紙を、地元の楮(若山楮)を使って自分たちで和紙にしようという地元小学校の取り組みの様子。
そこにみーさんが指導者としてお手伝いをしています。

DSCF6920.JPG
またこの日は、多くの一般参加者さんも楮蒸し剥ぎ体験に来られていました。
中には昔は黒皮を剥ぎ取る仕事をしていたよ、というおばあちゃん達も何人かいて、終始和気藹々で手馴れた手つきで作業をされていました。
体験というよりは昔を懐かしむ集いだったり、仲間や顔見知り同士のちょっとした交流の場になっているように感じたところ。ちょっとした出店などもあって、美味しい散らし寿司と地魚のつみれ汁でお昼も十分に満たされました。
人手不足でもある和紙の原料づくりと地域活性がうまく結びついて、紙漉きを支えているという、うまい取り組みだな〜と関心させられましたが、
ここまでの催しにするのには長い苦労があったんだろうなあ〜と手
さすがみーさん。でもこれも国産の楮を栽培する後継者が年々居なくなりつつあるという危機感が、紙漉きでもあるみーさんを動かせたんだろうなあと思いました。若山楮は良質な楮でありながら、すでに後継者がなく途絶えていたと聞きます。

DSCF6905.JPG
束ねた楮を、大きな桶に入れて3時間ほど蒸します。
そうすると皮は縮んで、剥きやすくなるのです。

DSCF6938.JPG

DSCF6895.JPG

DSCF6946.JPG
教えて貰いつつ、見よう見まねで始めたと聞きます。
今では、他の地方から楮栽培を復活させたいのでと体験しに来られるぐらいだとか。
楮栽培に、皮剥ぎやその後のヘグリの作業など、本職である紙漉きをしながら、たいへんな事です。
紙漉きさんなら本来は紙漉きに集中したところ・・アンパンマン
しかし紙漉きにとって、本当に良い原料が無くなるというのは死活問題。
しかも他国の原料を使ってでないと紙が漉けないとなれば、いつ紙漉きがなくなってもおかしくないところです・・下

みーさんは特に手漉き和紙でも、原料にこだわりを持って、防腐剤や薬剤まみれの和紙は漉きたくないというこだわりを持っている紙漉きさん。楮栽培にしても除草剤などもってのほか。中国産の楮、安心できすか〜できませんよねえ〜アンパンマン

みんなが本物の紙の良さを知って、もっともっと使ってくれればと思います。
世界で、日本のジャパニーズ”和紙”は名高い紙。
ユネスコにの無形文化遺産登録されましたが、やっぱり当の日本人がその良さをわかんなきゃっね

DSCF6932.JPG
たかが皮剥ぎ、されど皮剥ぎ。
この時の皮の剥ぎ方で、このあとのヘグリ作業の効率が変わってくるそうです。
一般の方々のお手は借りるけど、ここはやっぱり真剣に手
この黒皮は文化財の修復にも使われる和紙になっていくのですから、おふざけや荒っぽい仕事はご法度です。

DSCF6935.JPG
気持ちがいいぐらい、ツルっと剥けます。
私たちは面白くなって、この作業はすっかりはまってしまいました。
生真面目な性格も手伝って、仕事は上々。
先輩方々にもお褒めを頂きましたよハート


この剥いだ皮のほうが紙の原料となりますが、残った”おがら”は和紙には使われず、今のところぜんぜん利用価値なしの様子。


何かこれが商品化できれば、苦しい楮栽培の副収入になりそうですのにね♪
誰かいい案があれば・・、ってこれも公募してアイデア募ったらどうかな、なんてね。

DSCF6881.JPG
剥いだ黒皮を乾燥させます。自然の素材は気持ちがいい光景です。
しかし紙になるのはまだまだ・・つぎはヘグリという作業が待っていますアンパンマン
ヘグリの作業は年が明けて、ぜひまた参加したいなあと考えています。
根気のいる作業の様で、根気に自信のある方!
ぜひヘグリに行きませんか〜?

楮蒸し剥ぎ体験でしたハート
手漉き和紙を応援ください〜手

ミニ家づくり塾・鬼瓦で表札づくり

今回のミニ家づくり塾は、地元菊間の瓦にふれてきました〜手
年々減少する瓦工場。産地である菊間もそれは同じです。
重たい、お洒落でない、といって屋根に瓦を使うのを倦厭されがちな昨今。
私から言うと・・「屋根に瓦を載せたぐらいで地震に弱い家は、駄目な家!」と声を大にして言いたいところ汗
瓦を載せてもビクともしないような家のつくりに、まずはしなくては。
それが住まいにもっとも求められるものだし、本当の安心というものです♪


少しでも瓦の悪いイメージを払拭して、その魅力を感じてもらえればなあ。
今回ご協力を下さったのは、菊間瓦を残すために組合でも色々とご尽力をされている柚山瓦工業さん。
誠実丁寧な仕事ぶりは太鼓判の瓦屋さんです手

やっぱり瓦工場、粘土を配合するためにも大きな大きな工場が必要ですね。
瓦の土もなんでもOkではなく、焼けて縮みにくい歪みにくい割れにくい土がもとめられる様子。
土ひとつも奥が深そうです。


工場内はオートメーション化されている部分もあれば、
磨きや成形には、昔ながらの手作業でされている部分もありました。
ひとつひとつ手がかかる仕事ですね。


っと・・、私はもっとゆっくり瓦のお話を聞きたかったのですが、この後のメインイベントのために鬼瓦や役物瓦をつくる工場のほうに足早に移動車




わあ、いろいろなタイプの鬼瓦があります!
鬼瓦だけでなく、こんな物も笑


アンパンマン
干支の置物、今年も終わりが近づくなか、乾燥中〜笑
こうやって見ているだけでも美術館の様相ですねキラキラ
飽きませんね。


さて本日メインイベントの、鬼瓦で我が家の表札づくり開始です〜。
お休みのなか、わざわざ鬼師さんも来ていただいて、直々の指導を受けての製作となりました手
鬼師さんによってある程度のところまでは製作してくださっていて、素人でもハイクオリティな表札ができそうな予感ハート
一般的に購入すると数万円するとか、柚山さん、ありがとうございます〜涙


それぞれに名前や角を入れたりアレンジを加えていき、それぞれにオリジナリティな物に仕上がってきました。
子供たちにはちょっと難しいので、もう少し簡単なレリーフづくり手




いつもこういったワークショップでは騒がしい子供たちなのですが、それがそれが嘘のように静まりかえって夢中で製作。


そして大人たちのほうもかなり真剣です笑
だって生涯、玄関を飾る、表札になるのですからね。

つくるって楽しいです。そう、家づくりはひとつひとつの”物づくり”の結晶。
だから本当は職人さんたちがやりがいを感じ楽しいって思えるような仕事でなくては、いい家ではないよね。


思い出にのこる一品ができましたハート
建て主さんたちも多く参加してくれて、この機会に家に合う表札ができて良かったみたい。
さてそうこうしているうちに、ちょうどお昼に。




お弁当を用意してくださったのは、マチボンにも掲載された『野の草 いのちの台所』の内原由季さん。
にっぽんの素朴なご飯をすすめている彼女。
すでに多くの方が、料理教室を待ち遠しく心待ちにされています。
同じ鈍川の移住者になります。そして元・建て主さんだったりします笑




彼女のほっこりとした素朴ごはんが今日の〆手
我ながらグッドチョイス!
見て聞いて触って作って・・最後に美味しいご飯を囲んで、みんなで笑顔アンパンマン
いつもながら、ご飯を一緒に食べるって大事だなあと思います。


瓦屋根にお住まいの建て主OBさんから、実際の瓦屋根の家の住み心地も聞けて、みんな納得したみたい。
あまり表立ってアピールをされない柚山瓦さんでしたが、瓦の良さはもちろんのこと、人の良さが家づくりには何より大事だなと感じる家づくり塾となりました。柚山瓦さん、どうもありがとうございましたハート

表札が焼けあがるのは、年末。
新年を新たな表札で迎えれそうですねキラキラ







 

CSはうす 見学会を終えて。。

二日間にわたる『CSはうす』見学会も無事終了をし、今ほっとしています〜。。
AA STUDIO初!のCS(化学物質過敏症)限定の見学会でした。
ひょっとして日本で初の見学会だったのでは?と思ったり笑

多種多様な物に反応する化学物質過敏症者にとっての安心できる家は、患者さんひとりひとりに対応した答えが必要だと思っています。
「これが絶対安心!」なんて物はCSにありません。そのなかでCSであるHさんと一緒につくりあげた昔ながらの家づくりでもある『CSはうす』が、どこまでCS皆さんにとって安心できるものであるか・・その反応を今後の糧としていくための見学会を企画しました。

Hさんは愛媛のCS患者会の代表をされ、いろいろとCSさんの症状に対して日々アドバイスをされていらっしゃるので、Hさんの家づくりはHさんにとっての安心できる住まいづくりの一方で、CS患者さんみんなにとっても安心できる家づくりのための検証材料でもありました。
それは住に携わる私にとっても貴重な経験をさせていただいたと思います。めったにCSさんの家づくりに携わる事なんてありませんし、いえ以前はCSと聞くと、ちょっと怖いイメージもあったぐらい、難易度大の家。いえ、今も難易度大には変わりはありませんが笑
でも今時の家づくりが『安心』とは程遠い世界に存在するなかで、そこに疑問を感じはじめ、その結果化学物質に頼らない家づくりをしていた頃の昔ながらの家づくりに戻っていった私たち。戻るといっても、そう簡単ではなく、取り戻すといった作業(日々が勉強で今も分からない事だらけです)でもありました。
そんななかHさんと出会いました。Hさんは当時は一時避難のための住居(今は生涯住むための家ですが)をつくるため、安心できる材料探しをしている最中で苦心されていました。土壁に使うための安心な藁がなかなか見つからない・・。当時、私たちも同じく土壁に使うための無農薬の藁などを探し回ったことがあって、そんな事が縁を繋げてくれました。

私たちも昔ながらの家づくりに軌道修正をし数軒を手がけて、自然にも人にも優しかった昔ながらの家づくりが私たちに与えてくれた様々な恩恵をいま実感しています。きっとそれはHさんにも変わらない優しさを放ってくれるはずだと思いました。Hさんも同じく、自分が安全であるのと同時に地球にとっても安全なものをと、昔ながらの家づくりで『CSはうす』づくりが始まったのです。

設計者もHさんも、他の多くのCSさんたちにもこれが優しいものであって欲しいと一番に願いつつ。
さて見学会でCSさんの反応は・・?


はるばる遠方からやって来てくださった高知のゆるゆるの会のCSさん達。
やっぱり厳重なマスクを装着されて車から降りてこられました。
遠路はるばる、道中はさぞたいへんだったでしょう。。
休憩のためのトイレに置かれた芳香剤や行き交う人々の合成洗剤や香料、タバコ臭など、体調を崩すものは至る所に・・汗
そんななかはるばる愛媛に来て頂けたことは有難いことです。

CSさん言われていました。
小さなサンプルで安全性を確認することがあっても、それが大面積になるとまた感じ方が違って、しんどいのよね、って。だからこういった貴重な機会。Hさんの為の安全な住まいを、みんなで体感できるってとっても有難いようでした。

一般的な見学会では『あちこちを見てまわる』といった感じですが、CSさんの見学会では皆さんあちこち鼻を近づけて『クンクン』ですわらう
見るのではなく嗅いでその安全性を見学中でした。
皆さんそれぞれに反応するものも異なるなかで、体というアンテナをつかって何かを感じ取っている様子。CSさんのアンテナは本当に感度抜群なんですから手
数日前の残り香だって感じるぐらい。その感度抜群なアンテナで、まるで試されているかのような恐る恐るな設計者です汗


しかしこれだけ沢山の木を使っている家なので、CSの皆さんは車を降りた瞬間に、正直ちょっとたじろいだ様子です。自然素材といっても木材が駄目なCSさんは案外多いのです・・アンパンマン
果たして・・昔ながらの家づくりがどこまで通じるか・・不安も感じつつの見学会でもありました。

でも・・予想外。入室されて皆声をそろえて言われるのは「木材臭があんまりしないよっ!!」って、とてもビックリされた様子アンパンマン
それはHさんも私もちょっと驚きの反応で、木材臭で家には入れないのでは?という最悪の事態も覚悟はしていたからです。
見学会の2週間前に数泊したHさん、まだ室内に残留する杉の揮発臭に気がつき「これでは患者さんもしんどいかも・・」と、気になる箇所に無臭柿渋を塗ってみたりと見学会のための対応をされていたのでした。

特に「木材がぜんぜん駄目で・・杉は特に駄目なの・・」と言われるCSさん、かなりビックリされたご様子で「大丈夫なの!!どうして〜?」っと、杉オンパレードのCSはうすに、体に反応がない事を長時間何度も何度も確かめられていました。
その事は、手立てをすれば『杉材』が使えるかも〜と私たちを勇気付けてくれることになりました。
だってそれまでCSさんにとって大丈夫な材って、とっても高価な材ばかりだから。


CSさんも他に幾つかの家を見学されたとき、玄関先からモヤモヤという空気を感じて全く入れなかった経験談や数分で退出を余儀なくされた家の話などをしてくださいました。「同じ木造の家なのにこんなに違うんだねっ」って言ってくださいました。
木材の臭いがあまりしなかった事の要因はいくつか考えられます。
その一つ、それは昔ながらの家のつくりは、土壁を乾燥させたりと工期がかかります。それがかえって家の木材などの揮発物を抜いてくれる良い期間になっているという事です。出来立ての家ほど、危険なものはありません。やっぱり出来立ての家は臭いもフレッシュでプンプンなのですから、そういう意味では昔ながらの工法がCSはうすにはとっても都合が良かったといえます。

二つ目は、使用している木材の全ては自然乾燥材であるという事。
これも上記と同じく時間をかけて揮発物を抜いていくので、使用までには時間が経っているという事。
また一般的に木材は高温乾燥されますが、木材の油分が焼けたり、木が焼けた臭いが、駄目な人は結構多いようです。

そして三つ目は、壁が土壁だと言うこと。
これはこの見学会の時に参加者さんが気がついたこと。土壁の臭いを嗅いだところ、土の臭いと言うより杉の薫りそのものだったという事を発見!土壁が杉の臭いを吸着した様子。今のところこの吸着した土壁によって体がしんどいという事はない様ですが、荒壁のままなのでもうしばらくしたら中塗りをする予定で、ちょうどこの臭いも封止されます。
やっぱりCSさんの家づくりは『ゆっくり、慎重に、段階を経て』が何より大事だと思います。その方がその都度都度の具合や空気を確認しながら、出来るかぎり安全に進められるから、リスクも少ないです。
それにしても土壁の吸着力は活性炭並ですね手
きっと風通しの良い吹き曝しの段階に吸着したというより、窓が入って室内が密閉され、仕上げ工事で杉板が張られた時点あたりから杉の臭いを吸着したのではないかな?と私は推測します。もう壁板自体の臭いはだいぶ抜けているので、もうしばらく様子を見た時点で、中塗仕上げをすると良さそうです。今回は中塗仕上ですが、さらにその上に漆喰を塗ることも可能です。

生活が乱れた方(生活改善されたCSさん)の家には土壁はお勧めしません。だって悪い空気を土壁が吸着する事になるから。土壁が汚染されますし、それ以前にその方自身の体調もご自身の生活を見直さないと改善されないとも言えますね・・。


見学会でCSさんに体感して頂いたことは、CSさんにとっても、私設計者にとっても良かった。そしてHさん私にとってもさらなる『CSはうす』への希望が見えてきました手
そうそう、ちょうど見学会で室内空気質(化学物質)を調査研究されている大学の先生もl来られて、CSはうすも調査頂くことになりました。そして昔ながらの家づくりも♪
目に見える数字として、昔ながらの家づくりが化学物質に暴露しにくい家だと言うことを知っていただける良い機会になるかもです手
これも良き心強い出会い♪ 詳しい話はまた後日ということで。。


小さなお家のCSはうすH邸ですが、とっても心地いい空気が漂っていますキラキラ
特別にデザインされた住まいではありません。また便利な造りや機能もありませんが、なんかとっても落ち着きます。
それでいいハート それがいいハート
多くをのぞむのではなく小さく小さく暮らす・・でも本当に大切なことを大事にした住まいだと思います。
本当は大切なものってたくさんはありません。
小さく、そしてシンプルイズベスト!


この家のワンちゃんもその良さが一番に分かっているみたいリラックマ
大好きな散歩も出たがらないぐらいに、この家から離れないんですって笑
人は頭で考えすぎて、欲張りになっている様な気がします。
それが今の化学物質まみれの社会をつくり出したのです。
CSさんとの家づくりをとおして、これでいいんじゃない?他に必要なものある?
って、私は思います。。

ではでは、貴重な見学会の機会を与えていただきましたHさんに感謝いたしますっハート

ミニ家づくり塾のご案内『♪ 我が家の表札を瓦でつくりましょう ♪』

ひさびさのミニ家づくり塾の開催です。
今回は地元菊間の瓦のおはなしを聞きます。
そして鬼瓦づくり体験をして、表札をつくりましょう。
どこにもない我が家だけの表札づくりを楽しみます手
子供たちと一緒にご家族で、
独り暮らしの方も、
お友達にプレゼント・・
どんな表札ができますやらアンパンマン
そんな楽しい瓦にふれる一日を一緒に過ごしましょう。
今回はミニ家づくり塾登録者以外の、
一般参加者もご参加おまちしております。
新たな出会いを楽しみにしておりますハート

※応募者多数の場合はお断りをさせていただく場合がございます。
  早めにお申し込みをください。



 

『CSはうす』 見学会のご案内


♪♪ 『CSはうす』見学会のご案内【CS限定・予約制】 ♪♪

CSはうすも、あと少しで完成です。
化学物質過敏症者にとって、安心して息のできる住まいというのは一番の望みであります。
でも化学合成されたものが添加された建材を多用した住宅が主流であるなか、CSの如何によらず、
そんな当たり前の事さえも満たすことが出来なくなっている現状をとても悲しく思います。
多種多様な物に反応するCS者にとっては自然素材さえも体調不良の原因になることも多く、
安心できる住まいを探し求めるという事はさらに困難を極めると言えます。

今回、CS(中度)であるHさんは幸いにも、自然素材(木)に関しては許容性があり、
木や土などの素材をよく吟味した上で建材(ボードや合板や塗料や接着剤、セメント等々)を使わない、
昔ながらの方法で家をつくることにしました。
期間はながく掛かる家ですが、それがかえって素材に残存する自然の揮発物さえも抜いてくれるために
理にもかなっています。

また設計者の私としては、母なる大地の『土』がもつ「心地よさ」が住まいには欠かせないものであったと感じ、
この家づくりをお勧めさせて頂きました。CS(重度)の方も土壁の家だと身体がとても緩むと言われていました。
大地の『土』は生き物を育み癒します。お母さんそのものです。
きっと目にみえない世界で何かしらの恩恵を受けていると私は感じています。。

安心して暮らすことのできる家づくりの一つの一例として、
CSの皆さんの家づくりの参考にして頂ければと思っています。
また私としてもCSの方々の多様な意見をお聞きし、今後の参考にさせて頂きたいと願っています。
建て主のHさんともども、皆様のご来訪をお待ちしております。


**** 日時 ****
【日時】11月7日(土)、8日(日)11時〜16時
    ※必ずご来訪時間をお知らせください。

【場所】愛媛県今治市大島(しまなみ海道道中の島)
    (参加者さんには地図を後日お送りします)
    
【見学住宅の概要】
  ・木と土でできた昔ながらの伝統構法でできた家です。
  ・構造材には「杉」を使用しています。無塗装。
  ・壁材には安全を確認した「土」と無農薬の「藁」を使った荒壁仕様です。
   (現時点では仕上げ材は施さずに荒壁のままの壁仕上げとなってます)
  ・一部壁材には「杉」を使用しています。無塗装。
  ・天井には「杉」を使用しています。無塗装。
  ・床材には「松材」を使用しています。無塗装。
  ・外壁には「杉」を使用しています。無塗装。
  ・工期が長いため構造材や天井材などは10ヶ月ほど自然通風の状態にて
   晒されています。
  ・松の床材は張ってから間がないので少し臭いを感じる方もいるかもしれません。
  ・屋根は「瓦」を使用しています。
   防水用の一般的なルーフィングは使用せず、遮熱用のアルミシートを替わりに
   使用をしています。
  ・外壁に防水用のシートは使用していません。
  ・キッチンは「オールステンレス」の業務用キッチンを使用しています。
  ・キッチン壁は「ステンレス」を使用しています。
  ・浴槽は特注で「オールステンレス」で製作しています。
  ・トイレ便器は「バイオトイレ」を使用しています。
  ・断熱材は「木材チップ」および「荒壁土」を使用しています。
  ・水道配管は「ステンレス」を使用しています。
  ・排水管は「塩ビ」を使用しています。
  ・窓は「アルミサッシ」および「木製建具」を使用しています。
  
【※見学条件】
  。達咫焚蹴慂質過敏症)の方にかぎります。
   ただしCSの勉強をされている設計士さん工務店さんは見学可能です。
  以下のご使用はお控えください。
  (香料、柔軟剤、整髪料、クリーニング、防虫剤を使っている衣類、たばこ・・)
   ※※入室前に確認をさせて頂き、状態により入室をお断りさせていただく
     場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。
  8学後にアンケート等にお答えください。
  き,望魴錣合わない方でどうしても見学したい方がいましたら△
   クリアのうえでご相談にのります。 

□□ 申し込み □□ 
・名前
・名前
・連絡先(住所/携帯番号)
・ご来訪の日時
・CSの程度など
 


■-----AA STUDIOの昔ながらの家づくり

□-----794-0121 愛媛県今治市玉川町鈍川丁298-1
□-----TEL/FAX 0898-55-3021
□-----E-MAIL asuka-archi@nifty.com